ウォレット・パス運用ソリューション「KINCHAKU」がeギフト・プラットフォーム展開の「ギフティ」と資本業務提携

company

2020年5月21日、株式会社KINCHAKUは、株式会社ギフティと資本業務提携契約を締結したことを発表しました。

また、「九州オープンイノベーションファンド」を引受先として、資金調達を実施したことを発表しました。

KINCHAKUは、iOSのウォレット・アプリ「Wallet」と、Androidのウォレット・アプリ「GooglePay」のなかに追加できるウォレット・パスを簡単に運用・管理できるO2Oクラウド・サービス「KINCHAKU」を提供しています。

ウォレット・パスには、“スタンプ・カード“、“クーポン”、“チケット”、“会員証”があります。「KINCHAKU」は、それらの発行や、管理、運用、ユーザーの利用状況などを一括で行えるサービスです。

集客やリピーターの獲得に有効な、特定の時間や場所にもとづいた通知を送ることもできます。

今回提携したギフティは、ギフトを添えたメッセージ・カードをLINEやメールで気軽に贈れる、eギフト・サービス「giftee(ギフティ)」を運営しています。

eギフトやeチケットの領域から連携していき、人と企業をつなげるような新しいユーザー体験の実現を目指すようです。

キャッシュレス決済は、政府による推進などにより普及が進みつつあります。しかし、店舗でのスタンプ・カードやクーポンのデジタル化はあまり進んでいません。

スタンプ・カードなどの発行は顧客体験の向上が見込めますが、アナログでの発行では、データの収集ができず、効果を測ることができません。

キャッシュレス決済のプラットフォームとして普及しているウォレット・パスでスタンプ・カードなどを発行できるようにすることで、ユーザーも簡単に利用することができ、店舗側も簡単にデジタル化することができます。

起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、ネットを活用したPR方法について解説しています。また、「飲食開業手帳」では、クレジット・カード決済や、キャッシュレス決済への対応について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ KINCHAKU O2O ウォレット・パス ギフティ マーケティング 株式会社 資本業務提携
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

エレベーター向けメディア開発の「株式会社東京」が3.6億円調達
2021年2月16日、株式会社東京は、総額3億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 エレベーター・ホールに設置するデジタル・サイネージ「東京エレビGO」を開発・展開しています。 完全…
貸付ファンドのオンライン・マーケット運営「Funds」運営の「ファンズ」が20億円調達
2021年4月27日、ファンズ株式会社は、総額約20億円の資金調達を実施したことを発表しました。 1円から貸付投資ができる貸付ファンドのオンライン・マーケット「Funds(ファンズ)」を運営しています…
Facebookの投稿をブログにするサービス「Beblog」がスタート
2020年1月22日、株式会社ズカンドットコムは、「Beblog(ビーブログ)」をスタートしたことを発表しました。 「Beblog」は、Facebookの投稿をブログとしてまとめるサービスです。 Fa…
フィットネス・シェアリング・サービス運営の「ナップワン」が1億円調達
2020年3月30日、ナップワン株式会社は、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、社名をLlotheo株式会社から、ナップワン株式会社に変更したことも併せて発表しました。 ナップワ…
眼科遠隔診療サービス提供の「MITAS Medical」が資金調達
2020年10月1日、株式会社MITAS Medicalは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社タカギセイコーです。 眼科医以外でも診察に必要なクオリティの眼画像を簡単に撮影でき…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ