ウォレット・パス運用ソリューション「KINCHAKU」がeギフト・プラットフォーム展開の「ギフティ」と資本業務提携

2020年5月21日、株式会社KINCHAKUは、株式会社ギフティと資本業務提携契約を締結したことを発表しました。

また、「九州オープンイノベーションファンド」を引受先として、資金調達を実施したことを発表しました。

KINCHAKUは、iOSのウォレット・アプリ「Wallet」と、Androidのウォレット・アプリ「GooglePay」のなかに追加できるウォレット・パスを簡単に運用・管理できるO2Oクラウド・サービス「KINCHAKU」を提供しています。

ウォレット・パスには、“スタンプ・カード“、“クーポン”、“チケット”、“会員証”があります。「KINCHAKU」は、それらの発行や、管理、運用、ユーザーの利用状況などを一括で行えるサービスです。

集客やリピーターの獲得に有効な、特定の時間や場所にもとづいた通知を送ることもできます。

今回提携したギフティは、ギフトを添えたメッセージ・カードをLINEやメールで気軽に贈れる、eギフト・サービス「giftee(ギフティ)」を運営しています。

eギフトやeチケットの領域から連携していき、人と企業をつなげるような新しいユーザー体験の実現を目指すようです。

キャッシュレス決済は、政府による推進などにより普及が進みつつあります。しかし、店舗でのスタンプ・カードやクーポンのデジタル化はあまり進んでいません。

スタンプ・カードなどの発行は顧客体験の向上が見込めますが、アナログでの発行では、データの収集ができず、効果を測ることができません。

キャッシュレス決済のプラットフォームとして普及しているウォレット・パスでスタンプ・カードなどを発行できるようにすることで、ユーザーも簡単に利用することができ、店舗側も簡単にデジタル化することができます。

起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、ネットを活用したPR方法について解説しています。また、「飲食開業手帳」では、クレジット・カード決済や、キャッシュレス決済への対応について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。最新号の創業手帳(冊子版)も併せて読んで見て下さい。
カテゴリ 有望企業
関連タグ KINCHAKU O2O ウォレット・パス ギフティ マーケティング 株式会社 資本業務提携

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業のピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集