「ボケて」「TVer」など開発の「bravesoft」が4億円調達 イベント管理プラットフォーム「eventos」の機能拡充へ

2020年3月26日、bravesoft株式会社は、総額約4億円の資金調達を実施したことを発表しました。

スマートフォン黎明期からアプリの開発を行い、「ボケて」や「TVer」など、800件以上のアプリを開発してきました。

また、イベント用アプリ作成・運用パッケージ・サービス「eventos(イベントス)」を提供しています。

Webと公式アプリ構築を提供しており、プログラミング知識不要で、ブログのような感覚でイベントの情報を更新することができます。

機能としては、チケット・来場申込み、情報収集、マッチング、スケジュール、待ち時間チェック、アンケート、クーポン発行・管理、ライブ配信、プッシュ通知、広告表示、分析など、イベントの管理・運営に必要な機能を備えています。

今回の資金は、“無料版”、“キャッシュレス対応”、“整理券”、“高度な分析”、“グローバル対応”など、ニーズが大きい機能の開発に充当されます。

イベントの運営は、顧客体験が重要となってきます。汎用的なイベント・サービスもありますが、痒いところに手が届かないこともあります。

「eventos」は、イベント公式アプリの構築の提供し、イベント体験を革新することを目指しています。

また、次回のイベントを改善するための分析機能なども一括で提供することで、イベント管理のプラットフォームとなることも目指しています。

起業後、イベントや展示会に来場者として参加したり、出展企業として参加することがあるでしょう。「冊子版創業手帳」では、販路拡大のために展示会を活用するためのノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。最新号の創業手帳(冊子版)も併せて読んで見て下さい。
カテゴリ 有望企業
関連タグ bravesoft eventos アプリ イベント イベントス プラットフォーム 株式会社 管理 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業のピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集