投資型クラウドファンディング「ファンディーノ」が普通株式と新株予約権2種類の取扱いを開始

tips

2019年9月11日、株式会社日本クラウドキャピタルは、「FUNDINNO(ファンディーノ)」において、“ファンディーノ型新株予約権”のサービスを開始することを発表しました。

「FUNDINNO」は、株式投資型クラウドファンディング・プラットフォームです。

今回のファンディーノ型新株予約権の開始により、普通株と新株予約権の2種類を取り扱う、日本初の株式投資型クラウドファンディング・プラットフォームとなりました。

新株予約権による資金調達方法のローンチにより、ほかの資金調達手段との併用が容易になり、あらゆる成長フェーズ・タイミングでの活用が可能となります。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ FUNDINNO 株式投資型クラウドファンディング

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

無料で事業計画や資本政策ができるツール「FUNDOOR」がリリース
2019年10月2日、株式会社日本クラウドキャピタルは、「FUNDOOR(ファンドア)」を2019年10月17日にリリースすることを発表しました。 「FUNDOOR」は、簡単・最速に、事業成長のための…
上場企業の経営管理業務支援ツール「FUNDOOR」においてオンライン株主総会開催機能「オンライン株主総会」がリリース
2020年9月17日、株式会社日本クラウドキャピタルは、「FUNDOOR(ファンドア)」において「FUNDOOR株主総会」機能を正式リリースしたことを発表しました。 「FUNDOOR」は、事業計画や資…
譲渡型賃貸住宅「家賃が実る家」提供の「Minoru」がFUNDINNOで6,500万円調達
2020年10月12日、株式会社Minoruは、株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」による資金調達を実施し、目標金額1,625万円に対し、上限金額である6,500万円(達成率400%)…
株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」展開の「日本クラウドキャピタル」がエンジェル税制認定業者に
2020年6月8日、株式会社日本クラウドキャピタルは、経済産業省認定のエンジェル税制認定業者として認定されたことを発表しました。 日本クラウドキャピタルは、株式投資型クラウドファンディング「FUNDI…
株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」2020年4月の登録ユーザー数が設立以来最高に
2020年5月14日、株式会社日本クラウドキャピタルは、「FUNDINNO」の2020年4月の月間登録ユーザー数が設立以来最高となったことを発表しました。 「FUNDINNO」は、株式投資型クラウドフ…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ