株式会社TOMOSHIBI、仲間集めプラットフォーム「tomoshibi」を株式会社CAMPFIREに事業譲渡

株式会社TOMOSHIBIは、2019年4月に仲間集めプラットフォーム「tomoshibi(トモシビ)」を株式会社CAMPFIREに事業譲渡しました。

「tomoshibi」は、プロジェクトメンバーを募る”仲間集め”プラットフォーム。現在までに累計掲載数は90件以上となり、主にスタートアップ・ベンチャーや各種団体の創業期や立ち上げ時に利用されてきました。

株式会社TOMOSHIBI 代表取締役CEO 田中 駆氏のコメント

今回のニュースについて、株式会社TOMOSHIBI 代表取締役CEOの田中 駆氏よりコメントが届きました!

ー今回の事業譲渡の目的は何ですか?

田中:事業成長と、サービスビジョンの実現です。
「仲間集め」のプラットフォームとしてリリースし多くのプロジェクトオーナーさんに使っていただく中で、やはり「資金集め」と両輪で提供できる状態をつくることは必要不可欠だと感じていました。
CAMPFIREと一緒になることで、より多くのプロジェクトオーナーの方の新たな挑戦を支援することができると考えています。

ー今回の事業譲渡に至ったきっかけはどのようなものでしたか?

田中:ちょうど1ヶ月ほど前、家入代表に資金調達含めてラフにご相談に上がった際に、こちらの想いにもとてもご共感を示して頂きました。
もともとサービスのシナジーは強く感じており、CAMPFIREと共催でのイベント開催等を行なっていたこともあったことから、スピード感を持って今回の契約まで至りました。

ー今回の事業譲渡において、CAMPFIRE社とどのようなシナジーを期待されていますか?

田中:やはり一番は「プロジェクトオーナーへの包括的なサポート」です。今までの「仲間集め」支援に加えて、今後は「資金集め」までシステマチックにサポートできるようになります。
他にも、ソーシャルグッド領域等での連携にはより力を入れていきたいと思っています。

ー創業時、M&Aは視野にいれていたのでしょうか?

田中:もちろん入れていました。
会社としての株式売却か事業譲渡かには拘りはありませんでしたが、よりサービスとして成長させていくために、シナジーがあり、力があり、何より同じ想いで走れるパートナーと一緒になることは前提として考えていました。

ー今後の展望について、教えてください。

田中:まずはtomoshibi単体として、6月に控えている正式版リリースを皮切りにより完成度の高いプロダクトへと成長させていきます。
同時進行で、CAMPFIREの様々なサービスとの連携もはじめ、今年度中には包括的なプロジェクトサポートの新しい基盤を作ってまいります。

カテゴリ トレンド
関連タグ クラウドファンディング関連のニュース 人材採用関連のニュース
関連記事はこちら

「想い」から始まる仲間集めサービス”tomoshibi”ができるまで 株式会社TOMOSHIBI 代表取締役CEO田中 駆インタビュー

トレンドのピックアップニュース

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業手帳Webへの記事掲載をご希望の方はこちらからお問い合わせください

記事を掲載したい方はこちら

創業時に役立つサービス特集

創業手帳冊子版(無料)