クラウドCTI「おもてなし電話」提供の「シンカ」が約7億円調達

2019年4月8日、株式会社シンカは、総額約6億9,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。

企業のオフィス向けのCTI(Computer Telephony Integration)クラウド・システム「おもてなし電話」を提供しています。
電話の着信時に、パソコン・タブレット、スマートフォンに、顧客の様々な情報が表示されるシステムです。
社内で着信・顧客情報を共有することで、業務効率アップや、電話対応の負担を削減することができます。

株式会社シンカ 担当者よりコメント

今回のニュースについて、株式会社シンカの担当者よりコメントをいただきました!

ー今回の資金調達の目的はなんでしょうか?

クラウドCTI「おもてなし電話」の新機能開発および採用強化、サービス認知向上のための広告宣伝活動のための資金として調達いたしました。

ー今回の資金調達について、反響はありましたか?

今のところ複数のメディアから問い合わせをいただくなどの反響がございます。

ー今後の展開について、教えてください。

「おもてなし電話」の導入企業が1,100社を超え、各利用者が蓄積している通話音声データをテキスト化し、AIを活用して分析する機能を開発しています。
その結果、最適な対応マニュアルやトークスクリプトの生成など自動化が可能になり、おもてなし電話利用者の生産性向上を強力に進めてまいります。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ 効率化 業務効率 電話応対
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

クラウド型建設プロジェクト管理サービス「ANDPAD」を運営の「アンドパッド」が40億円調達
2020年7月20日、株式会社アンドパッドは、総額約40億円の資金調達を実施したことを発表しました。 建設・建築業に特化したクラウド型建設プロジェクト管理サービス「ANDPAD(アンドパッド)」を提供…
飲食店と卸売業者をつなぐ受発注プラットフォーム「クロスオーダー」提供の「クロスマート」が2.7億円調達
2021年2月22日、クロスマート株式会社は、総額2億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 飲食店と卸売業者をつなぐ受発注プラットフォーム「クロスオーダー」を運営しています。 受発注…
Wordドキュメントの共有を便利にする「hubble」が先行リリース
平成30年7月2日、RUC株式会社は、「hubble」を先行リリースしたことを発表しました。 「hubble」は、Wordドキュメントの共有を便利にするサービスです。 このサービスは、履歴の自動管理、…
タクシー配車アプリ「全国タクシー」の運営元が10.5億円調達!
平成30年2月26日、JapanTaxi株式会社は、10億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、未来創生ファンドです。 JapanTaxiは、タクシー配車アプリの「全国タク…
オフィス向けキャッシュレス・コンビニの「600」が3億円調達
2019年4月25日、600株式会社は、総額約3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 オフィス向け無人コンビニ「600」を運営しています。 以下の点を特徴としています。 ・必要としているものを…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ