地元の掲示板「ジモティー」がコミュニティー・スペース運営の「WaCreation」と協業

2019年4月1日、株式会社ジモティーは、株式会社WaCreationとの協業を発表しました。

この協業により、地域の情報サイト「ジモティー」を使った地域コミュニティー活性化の実証実験を2019年4月1日から開始します。

WaCreationは、千葉県流山市でコミュニティー・スペース「machimin」(まちみん)を運営しています。
人口流入の多い流山市で発生する生活課題を解決するため発足したものです。

株式会社ジモティー 広報担当者よりコメント

今回のニュースについて、株式会社ジモティーの広報担当者より、コメントが届きました。

ー協業の経緯について教えてください。

以前より、地域の中でより必要とされる存在となるため、インターネット上での取り組みだけではなく、地域コミュニティーの中で一人ひとりのニーズに寄り添った活動が不可欠だと考えていました。
そんな中、「machimin」の活動を視察させていただく機会があり、コミュニティーの雰囲気が非常に良かったことと、目指しているビジョンやプロジェクトの進め方などの話をする中で意気投合したことがきっかけで、今回の実証実験を開始するはこびとなりました。

ー今回の協業の目的はなんでしょうか?

目的は、ジモティーの活用を通じて地域住人同士の交流を生み、コミュニティーの活性化に貢献することです。
地域コミュニティーに対してどのような貢献ができるのか検証したいと考えています。

ー今後の展開について、教えてください。

まずは地域住民が自分たちの住む地域で不用になったモノをジモティーとmachiminを使って回収し、アップサイクル(※)します。
アップサイクルされた品物はジモティーを使って販売し、machiminの運営資金になります。

ただ、最終的な目的は、地域住人同士の交流を生み、地域活性化に貢献することです。お互いに必要なことを共有しながら随時改善を行いたいと考えています。
活用していただくなかで、ジモティーの新しい使い方を発見する機会になれば嬉しいです。

※アップサイクル:廃物をそのまま再利用するのではなく、商品としての価値を高めるような加工を行うこと。

読んで頂きありがとうございます。最新号の創業手帳(冊子版)も併せて読んで見て下さい。
カテゴリ トレンド
関連タグ 地方創生 提携

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

この記事のコメント

トレンドのピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
製造業向けインターネット・サービス提供の「アペルザ」が12億円調達
2019年7月31日、株式会社アペルザは、総額約12億円の資金調達を実施したことを発表しました。 メーカー横断で製品情報を検索できる製造業向けカタログ・ポー…
(2019/8/6)
クラッソーネが施主と解体⼯事会社のマッチング・一括見積りサービス「くらそうね」β版を提供開始
解体工事・外構工事の3社一括見積もりサービスを運営する株式会社クラッソーネが、新サービス「くらそうね」β版を8月1日より愛知県限定で提供開始しました。 「く…
(2019/8/2)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集

創業手帳冊子版(無料)