ARスポーツ「HADO」を開発するmeleapが3億円調達!

平成29年11月6日、株式会社meleapは、総額3億円の資金調達を実施したと発表しました。

拡張現実(AR)を使ったスポーツゲーム「HADO」を展開しています。

「HADO」は、ヘッドマウントディスプレイと腕につけるセンサーを装着し、フィールドを動き回って遊ぶゲームです。

手の平から放つエナジーボールとバリアを使ってプレイヤー同士で戦うものや、仲間と協力してモンスターと戦うもの、プレイヤー同士でカートレースを楽しむものなど、多彩なルールがあります。

今回の資金は、アメリカ・ロサンゼルスとマレーシア・クアラルンプールでの支社の開設などに活用されます。

カテゴリ 有望企業
関連タグ ゲーム関連のニュース

有望企業のピックアップニュース

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業手帳Webへの記事掲載をご希望の方はこちらからお問い合わせください

記事を掲載したい方はこちら