初心者必見! Google 広告でビジネスをアピールする方法

機械学習で広告を最適化!効率的に顧客を獲得できる Google 広告について紹介します

(2020/05/07更新)

新しいビジネスを始める時、まずはターゲット顧客に自社のサービスを知ってもらうことが必要です。

しかし、「宣伝をしても思うように効果が現れない」「忙しくて集客に手間や時間を割くのが難しい」といった、売り上げアップにつながる集客方法に課題を抱いている経営者は少なくありません。

では、自社のサービスや商品を顧客に見つけてもらうためにはどのような方法が効率的なのか、今回は手間や時間を掛けずにサービスや店舗を探している人に的確なアプローチができる Google 広告について紹介します。

Google 広告の機械学習のメリット

Google 広告は、集客や売上をアップしたいあらゆるビジネスに効果的です。
広告の機械学習による以下のメリットによって、広告による最大限の効果を獲得できます。

パフォーマンスを最適化

指定した目標に応じて、設定した予算内で最も効果的な広告を配信します。

配信方法を自動で最適化

機械学習によってターゲティングを最適化し、購買につながるユーザーに効率的に広告が届きます。

広告作成をサポート

広告見出し、画像、ロゴを設定すると、レイアウトの効果的な組み合わせを自動的に調整し、手間をかけずに広告が最適化されます。

ココ重要!
  • Google 広告なら、検索結果ページはもちろん、幅広い提携サイトに広告を表示できる
  • 業種を問わず、誰でも簡単に広告掲載でき、料金がかかるのはアクセスがあったときだけ
  • 予算の上限を自由に決められるので、限られた予算で効率的に顧客を獲得できる

簡単3ステップですぐに使える

Google 広告は、以下3つのステップで簡単に使うことが可能です。

STEP 1

初めての方は、 Google アカウントの登録が必要です。

STEP 2

広告の目標、地域、内容、予算などを設定し、最後にお支払い情報を入力します。

STEP 3

広告が承認され次第、広告配信が開始されます。

Google 広告の種類

Google 広告を活用すると、以下の種類の広告を配信することができます。

検索広告

あなたの商品やサービスに関連したキーワードをユーザーが Google で検索したときに、検索結果ページに表示されます。

ディスプレイ広告

テキスト広告やバナー広告を、Gmail をはじめとする Google のサービスや、200万以上のウェブサイト・アプリに表示します。

動画広告

YouTube を視聴するユーザーに広告を表示し、あなたのサービスの魅力を伝えます。

※創業手帳の資料請求ページに遷移します。

Google 広告の活用事例

Google 広告は、実際にどのようなビジネスでどんな目的で活用されているのでしょうか。
以下に活用事例を紹介します。

■課題
新規顧客の来館をもっと促したいが、少人数経営で多忙なため集客に割く時間がない。

■解決策
インターネット経由の旅行 検討や旅館予約を見すえた検索広告を掲載。機械学習を活用した自動化機能で簡単に運用

■結果
「温泉 旅館」といった一般的なキーワードからの流入が増加。旅行を検討する層へのアピールに貢献している。

■課題
立て看板で地域向けに宣伝をしているが、思うような効果が得られない。

■解決策
来院に結び付きそうなキーワード・地域に限定して検索広告を出稿。

■結果
治療の申し込みや問い合わせが一ヶ月で20件増加

■課題
ユーザーのスマホシフトにより、折込チラシの費用対効果が低迷。

■解決策
保護者層に直接リーチできるディスプレイ広告や検索広告などのオンライン広告を強化。

■結果
ウェブサイト経由での問い合わせは倍増し、費用対効果は2倍総獲得数は35%増加

■課題
ケーブル TV や雑誌に広告を出稿したが、効果が実感できなかった。

■解決策
自転車に関連する YouTube 動画を視聴するユーザーにターゲットを絞って、動画広告を配信

■結果
初日からサイトへのアクセス数が8倍に。ブランド名の知名度も約30%増加

無料電話サポートはこちら

Google 広告を初めてご利用される方に限り、下記申し込みフォームに入力頂きましたら、折り返しお電話をさせていただきます。

今なら! 資料請求でクーポンプレゼント

創業手帳で資料請求すると、 Google 広告のノウハウを詰め込んだ資料と、5,500円(税抜)のご利用で13,000円分の広告が掲載できるプロモーションコードが記載されたチラシを同封してお届けします。

誰もが日常的に使うウェブサイトで広告を表示。予算内で最大限の効果が期待できます。

この記事に関連するタグ

リアルタイムPVランキングトップ3

カテゴリーから記事を探す

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ