CHAT-HUBを活用すれば、ビジネスチャットの効率的な運用が可能に

創業手帳

多様化するビジネスチャットを一元管理できるCHAT-HUBの魅力とは?

新型コロナ禍でテレワークへの対応が求められる中、急速に普及したビジネスチャット。テキストベースでのスピーディなコミュニケーションが可能になるため業務に取り入れている企業も多くなりました。

しかし一方で、ビジネスチャットは多様化し、中にはクライアントごとの要望に応じるために、複数のビジネスチャットを併用している企業も少なくありません。その場合、複数のビジネスチャットをまたいでコミュニケーションを取るため、コミュニケーションやメッセージ管理が煩雑になってしまいます。

そんな企業におすすめしたいのが、株式会社ヴィセントが新たにサービス展開を開始した「CHAT-HUB」。同サービスを活用すれば、複数のチャットを効率的に一元管理が可能になります。この記事ではCHAT-HUBの機能や特徴について紹介していきます。

※この記事を書いている「創業手帳」ではさらに充実した情報を分厚い「創業手帳・印刷版」でも解説しています。無料でもらえるので取り寄せしてみてください

CHAT-HUBの特徴


CHAT-HUBは複数のビジネスチャットの一元管理をおこなうサービスです。現在顧客や社内組織の事情で、相手に合わせて複数のコミュニケーションをとっている企業も、CHAT-HUBを導入すればいちいち相手に合わせてチャットを切り替える必要がなくなります。

また、CHAT-HUBを契約すれば、無料でMattermostが同梱されていますので、ビジネスチャットをそもそもお持ちでない方でもビジネスチャットを使うことができますし、このMattermostにメッセージを連携しておくことで、オンタイムで、チャットも全て保存可能に。

チャットの完全保存を行うことで、チャットの監査を行う環境も作れます。つまりメッセージ連携の業務効率化だけでなくBCP(事業継続計画)の強化にも役立つサービスです。

さらに、企業だけではなく、個人事業主の方で複数の顧客を相手に連絡を取りながらプロジェクトを進める必要があるビジネスを行いたい方や、小規模でも、カスタマーサービスのようにQ&Aやサポートの窓口の一本化としての役割で使いたいという場合にも応用がききます。

CHAT-HUBで解決できるチャットサービスのよくある悩み

近年急速に普及したチャットサービス、便利なのは確かですが、顧客や組織の事情に合わせて複数のチャットサービスを並行運用している企業も少なくありません。

こうしたことが原因で、例えば次のような課題・悩みがしばしば発生しています。CHAT-HUBを導入すれば、こうした悩みを解決可能です。

チャットの連絡を見落とし返信が遅れる

業務が忙しい中で、複数のビジネスチャットを並行に運用していると、つい特定のメッセージを見落としてしまいがち。相手のリマインドやチェイスで初めて気づいた、という経験をしたことがある方も少なくないでしょう。

ビジネスチャットのメッセージは迅速に返信が来ることを期待して送信することが多いもの。返信が遅れると業務の円滑な進行を妨げてしまう可能性もあります。また、顧客からのメッセージの場合は、相手を待たせて印象を悪くしてしまいかねません。

顧客が指定するチャットツールが各々異なるため、作業効率が落ちる

社内であれば使用するビジネスチャットツール自体を統一することもできますが、顧客からのツールを指定された場合はそうもいきません。顧客側にツールを変更させるわけにもいかないので、顧客ごとに異なるチャットツールを運用することになるでしょう。

使い方の異なる複数のチャットツールを逐一チェックして、迅速に対応する業務プロセスを整えるのは容易ではありませんし、効率性も落ちてしまいます。

過去のメッセージが見つからなくなる、そもそも保存されない

運用しているチャットツールが複数あると、過去のメッセージを探しに行くのも容易ではありません。自分が見直したいメッセージがどのチャットツールで発したものかわからなくなり、メッセージを探すのに時間を取られることになるでしょう。

さらに悪いことに、チャットツールによっては無料版などを利用していると、メッセージの保存期限が決まっている場合も。あまりにも古いメッセージは消去されてしまい、再確認が不可能になる可能性もあります。

CHAT-HUBの機能を活用すればチャットの悩みも一気に解決

以上にあげたように、複数のビジネスチャットを使うことに課題を感じている企業は少なくありません。

そこで、CHAT-HUBを導入すれば、複数のチャットツールを統合し、一元管理することが可能に。ここからはCHAT-HUBの具体的な2つの特徴を紹介していきます。

CHAT-HUBで複数のチャットツールを一元管理


CHAT-HUBではChatworkやSlack、MicrosoftTeams、Mattermostなど複数のチャットツールを一つのツールの中で一元管理できるようになります。全てのチャットツールの送受信が全て一つのツールで完了するため、メッセージの見落としがなく、効率的にチャットを活用できるようになります。

複数のチャットを同一チャンネルにまとめられる


CHAT-HUBでは、複数のチャットのメッセージを一つのチャンネルをまとめることが可能。例えば外部発信用のチャットを一つのチャンネルにまとめることで、そのチャンネルを確認するだけですべての受信メッセージの確認が一挙に完了します。見落とすリスクも低減するでしょう。

また、例えば広報や営業などで複数の顧客に同一のメッセージを発信したい場合には、同チャンネルを活用することで、別々のチャンネルやツールを開くことなく一斉に送信が可能です。このように送受信ともに、CHAT-HUBでチャットの運用が大きく効率化します。

またカスタマーサービスなどにも応用でき例えば、顧客向けに入口を1つ用意して、QAや質問などの受け入れを統一しておけば、情報の錯そうを防ぎ、統一した運用を行うことが可能です。

標準装備のMattermost Team Editonでメッセージの保存も万全

CHAT-HUBに加入すると標準でMattermost Team Editonを利用できるようになります。こちらは独立したチャットツールとして使用することも可能ですし、既存のツールメッセージのアーカイブとして活用する機能も。

したがって、CHAT-HUBとMattermost Team Editonを活用すれば、過去のメッセージのバックアップにもなります。また、送受信したメッセージの内部監査に活用することも可能です。

CHAT-HUBの料金プラン

ここまで紹介した通り、ビジネスチャットの効率化、ビジネスチャットのアーカイブに役立つCHAT-HUB。ここからは料金プランについて紹介します。また、現在はお得なキャンペーンを展開しておりますので、そちらについても合わせて紹介します。

料金プランはご利用人数に応じて変化


※お客様のプライベートCloudでも対応可能となります。 ※上記以上のご人数の場合は株式会社ヴィセントにご相談ください。 ※初期構築・設定費用は別途かかります ※導入2年目以降は、年間費用のみ。※年間契約となります。

料金プランはご利用いただく人数によって変化するため、組織やビジネスの規模に応じて選べます。最も大きい1,000人までのプランでは、1人あたり年間で、わずか1人800円でチャンネル数はつなぎ放題です。ビジネスにおける効率化の効果を踏まえれば導入のメリットは大きいといえるでしょう。

キャンペーン実施中につき、初期設定料金が無料!


本来は導入に際し設定料金や初期の構築費用がかかりますが、現在リリースキャンペーンを実施しており、これらが無料に。200人まで使い放題のCH200プランに加入する場合は、なんと初年度の費用が実質70%OFFになります。今加入すれば、お得にビジネスチャットの効率化が実現します。

CHAT-HUBでチャットコミュニケーションの効率化を実現!

コロナ禍を経て急速に普及しつつあるビジネスチャットツール。便利ではあるのですが、チャットツールが多数存在するなか、複数のツールを並行運用せざるをえない環境におかれることで、新たな非効率が産まれています。

非効率だと分かっていても、対顧客でのコミュニケーションなど、やむをえず複数のチャットツールを並行して使わざるを得ない事情もあるでしょう。そこで、今回紹介した株式会社ヴィセントのCHAT-HUBを導入すれば、手軽にチャットのコミュニケーションやメッセージ管理の効率化が実現します。

またSaaS版でのご提供も検討しているとのことなので、気になる方はお気軽にお声がけしてみると良いと思います。皆さんのお声の数によっては実現がはやまるかもしれません。複数のチャットツールの運用に悩んでいる企業においては、ぜひCHAT-HUBの導入を検討してみてください。

関連記事
kinconeを導入すれば面倒な交通費・勤怠管理を低コストで効率化
Mailchimp(メールチンプ)ってなに?分析から海外進出までメールマーケティングを活用しよう

創業手帳
このカテゴリでみんなが読んでいる記事
この記事に関連するタグ
創業時に役立つサービス特集
リアルタイムPVランキングトップ3
カテゴリーから記事を探す
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ