民間企業が「AI小説執筆」に挑む Books&Company代表が見据える出版業界のこれから

創業手帳

Books&Company 代表取締役社長 野村衛インタビュー

(2018/12/25更新)

あらゆる業界で、AI技術を取り入れたサービス・プロダクトの開発が進んでいます。Books&Companyは、出版業界でAIの活用に取り組んでいるベンチャー企業で、電子書籍の出版と、カンボジアのキリロム工科大学と提携して進めているAIによる小説執筆事業の2本柱をサービスに掲げています。

2016年に公立はこだて未来大学や名古屋大学を中心とした合同チームが開発したAIが書いた小説が、理系文学賞の「星新一賞」の1次審査を通過し話題を集めました。出版でのAI活用はまだまだ研究段階の領域が多い中、Books&Companyが民間企業としていち早く特にAI小説の事業化に取り組むようになったのはなぜでしょうか。代表取締役社長の野村衛氏に創業ストーリーを聞きました。

野村衛(のむら まもる)
東京都出身 都立小石川高校卒 慶応義塾大学経済学部卒。1989年集英社入社。女性誌でアート・カルチャー・人物・トラベルを担当したのち、書籍編集を経験。ECサイトの立ち上げやウェブ事業、版権事業にも携わる。2017年株式会社Books&Companyを設立。日本ペンクラブ・日本出版学会会員。地元市川市では民間図書館の運営やブックフェアの開催も行う。

“7秒で25行” AI執筆のワクワク感

ー御社のサービスの概要を教えてください

野村:当社は、出版社向けの電子書籍ソリューションを提供するサービスを祖業として2017年9月に創業しました。同時に先端技術とコンテンツとの融合で、新しい価値創造ができないかと模索しているうちに、AIによる小説執筆事業へとつながっていきました。

ーこのビジネスを始めたきっかけを教えてください

野村:28年間出版業界に身を置いていましたが、好調だったのは最初の8年間だけで、あとの20年間は常に右肩下がりの状態でした。出版不況なのに新しい打ち手を講じることができない状況を打破したいと思い、起業しました。紙のまま埋もれてしまっているコンテンツの電子化を進めることで、良質なコンテンツを半永久的に残すことを事業として始めようと思ったわけです。

ー出版業界の現状と課題、今後AIがどのような役割を果たしていくかについて考えを聞かせてください

野村:紙からデジタルへのシフトに完全に失敗しているのが出版業界です。デジタルによって何が変わるのかを考えるとともに事業や顧客の再定義が必要です。その中で、AIはコンテンツ制作のムダを圧倒的に省き、投資対効果を劇的に向上できると考えています。具体的には、AIによって解析された良質なコンテンツを大量に作り、流通の前に厳しいチェックをすれば、粗製乱造を防ぎ、結果的には、「売れるコンテンツ」だけを流通(配信)していけると思っています。

ーカンボジアの大学と提携してAIを作ることになった理由・経緯を教えてください

野村:電子出版のBPO(業務を専門業者に委託すること)の提携先を探しに展示会に行ったのがきっかけです。そこでキリロム工科大学に勤めている知人と再会し、話が徐々に進んでいきました。やはり人脈というか、ご縁というか、人間関係からビジネスが生まれていくことを実感しています。

ー起業する際に、一番大変だったことはなんでしたか?また、それはどうやって乗り越えましたか?

野村:家族の説得です。拙速に物事をすすめず、理解が得られるまで、十分に時間をかけてから起業しました。残された人生の時間でやっておきたいことを考えたら、起業という答えになりました。何度も話合っていくうちに、最後は、何を言ってもムダと思ってくれたようです。

ーこの事業をやっていて、嬉しかったことは何ですか?

野村:民間ではだれも着手していない分野なので、進展がある度にワクワクしています。すでにAIは文章生成を始め、わずか7秒で25行の文章(小説)を書き始めました。人間にはとても真似できないスピードです。こういう場面に立ち会えることが幸福です。

カスタマー・サクセスを常に考えながら事業を進める

ー事業を行っていく上で、大切にしている信念を教えてください

野村:カスタマー・サクセスを常に考えて行動しているつもりです。我々自身には大したお金はありません。お金は社の外から、当社へめぐってきます。だから、当社にお金をお支払いいただけるよう、サービス設計しなければなりません。そのためにはお客様が何を喜ぶのかを考えて行動する必要があるのです。

ー今後の展望について教えてください

野村:AI事業が軌道に乗れば、コンテンツ制作は劇的に変化し、また進化します。AIがどんな物語を紡ぐのか、それに刺激された人間はどんな物語にチャレンジしていくのか、今から楽しみです。

ー起業家に一言メッセージをお願いします

野村:起業も経営もわからないことだらけです。一緒に困難を乗り越えて、新しい社会、未来、時代を作っていきましょう

関連記事
AIで第四次産業革命を起こしたい。 データセクション会長 澤博史インタビュー
ベストセラーのAI・脳科学者が教える「男女の脳の違い」から「売れるネーミング」を作るコツ

(取材協力:Books&Company/野村衛
(編集:創業手帳編集部)

読んで頂きありがとうございます。最新号の創業手帳(冊子版)も併せて読んで見て下さい。

この記事に関連するタグ

創業時に役立つサービス特集

リアルタイムPVランキングトップ3

カテゴリーから記事を探す

創業手帳冊子版(無料)