これからSNSの運用を始めるためのステップ2「自分の価値を高める土台を整えよう」【頼藤氏連載その4】

創業手帳

いまからでも遅くない!個人事業主・SEO対策の広報術に詳しい頼藤太希氏に聞く、起業家のためのSNS入門


新型コロナウイルス感染症の影響により、交流会やネットワーキングに必要な直接的な接点が激減し、SNSでの発信やコミュニティが大事な顧客接点の機会になっています。起業したてのころにネットワークを広げることは、後々のビジネス展開に欠かせません。コロナ禍にあっても、SNSを活用すればするほどネットワークの機会を得ることになるでしょう。

ただし、本シリーズで一貫してお伝えしているとおり、なんの戦略もなくSNS発信を進めても、ごまんとある情報に埋もれてしまいます。特性を把握したり、テクニックを習得したり(第2回目参照)、運用の知識が必要です。加えて、テクニックだけでなく、発信者が自身の「強み」を把握し(第3回目参照)それを踏まえた発信をしていくことが、フォロワーからの共感を生みます。SNSを活用していくには、テクニックと自己研鑽の両方が欠かせません。特に、発信する自分自身に「価値」を高めていかなければ、SNS上の発信はもちろん、事業もうまくいかない可能性があります。

そこで、前回より株式会社Money&Youの頼藤太希氏に自分の「価値」を高めるためのステップを解説していただいています。頼藤氏も、起業したてのころに執筆やSNSを活用することにより、知名度を高めることに成功しました。前回のステップ1では自分の価値の見極め方を紹介しましたが、今回は、ステップ2としてその価値をどのように高めるかを解説します。どのような環境に身を置いたらよいのか、どのような姿勢が求められるのかを理解し、是非とも今後の活動に取り入れてください。

頼藤太希(よりふじ たいき)
Money&You代表取締役、マネーコンサルタント
中央大学客員講師。慶應義塾大学経済学部卒業後、アメリカンファミリー生命保険会社(アフラック)にて資産運用リスク管理業務に6年間従事。2015年に(株)Money&Youを創業し、現職へ。女性向けWebメディア「FP Cafe」や「Mocha(モカ)」を運営。『SNS時代に自分の価値を最大化する方法』(河出書房新社)、『入門 仮想通貨のしくみ』(日本実業出版社)、『投資信託 勝ちたいならこの7本!』(河出書房新社)ほか著作・共著・監修書多数。日本証券アナリスト協会検定会員、ファイナンシャルプランナー(AFP)、日本アクチュアリー会研究会員。twitter→@yorifujitaiki

※この記事を書いている「創業手帳」ではさらに充実した情報を分厚い「創業手帳・印刷版」でも解説しています。無料でもらえるので取り寄せしてみてください。

自分の価値を高める環境を整えよう


自分の価値や強みは、日々の努力によって磨かれていくものです。まずは、自ら学んだり、経験を積んだりすることで向上していくでしょう。ただ、一人で留まっていても成長には限界があります。どのような環境に身を置くかによって、その後の成長が大きく変わります。例えば、自分の能力よりもワンランク上のネットワークやつながりに参加すると、新たなアイディアや優れたノウハウを得ることができるでしょう。

私も起業したてのころは、事業の発展に向けて、いわゆる商工会主催のような、ネットワーキングを目的とした大がかりな交流会に参加をしました。たしかに、取引先の開拓や営業という側面では利害が合致しているのですが、限られた時間のなかでは「信頼」関係を築くまでには至らないことがしばしばありました。

一方、先輩起業家が主催するような小規模で砕けた雰囲気の「交流会」では貴重な出会いがありました。この場には、自分より経験も知識も豊富で格上の人ばかりが集まっていました。仕事の仕方や知識などで「真似したくなる」人がたくさんおり、その後の自分のビジネスにおいて取り入れさせていただきました。このように、自分の価値を引き上げるためには、「目指すべき」ベンチマークとなるような人との出会いが重要なのです。

格上の方々との交流からは、学ぶポイントも多いのですが、こちらも何か貢献できることはないかと思考を巡らすようにもなりました。微力でも何か貢献したいと思い行動すると、信頼関係をさらに深められ、つながりも広がっていくでしょう。

今は、コロナの影響でこうした直接的な出会いは難しいのですが、気になる人のSNS(TwitterやFacebookなど)での発信や投稿にリアクションし、関わりをもてるようオンライン上での接点を模索してみてはいかがでしょうか。人との出会いが自分を成長させることは間違いありません。

自分の価値を高める読書術


自分の価値を高めるためには、常に「学ぶ」姿勢を持ち続けることです。外部からのインプットを惜しみなく続けると、時間の経過とともに自分のものになっていくでしょう。しかし、第三者との交流によるインプットには限界があります。そんなときに、活用したいのが「読書」になります。書籍は、著者の考えやアイディアがつまっており、整理されています。読書は知識量を圧倒的に増やしてくれるので、是非、時間をつくってみてください。

読書に費やした時間を最大限に活用するためには、その読み方が大切になります。読書をしていて気になるところをマーキングしたり、付箋を貼ったりと内容を自分のものにしようとしている人も多いと思います。ただ、せっかくマーキングしても一度読んだ本を再び読むことはあまりないでしょう。

私は、読書を通じて、「いいな」と思ったフレーズやポイントをノートに書き留めています。気になった図表をコピーして貼り付けたこともあります。こうやって、自分だけの知識ノートを作っています。これを何度も見返せば、読書で得た知識やポイントを忘れることはありません。

私以外にも、多くの著名な方が読書家です。ライフネット生命保険の創業者である出口治明さんも、よりよいアイディアを生み出すには読書が大切だと言っています。良質なインプットをしながら、人に出会うことでその知識をアウトプットしていく。この一連のプロセスが人の思考力を高めるのだそうです。

読書は、コロナの影響を受けることはないので、いつでもスタートできます。読書によって得た知識に基づき、SNSで投稿していくと質の高い発信になるでしょう。自分の興味ある分野を見つけてどんどん本を読みましょう。

あえて高い目標を立て自分を奮い立たせよう!


自分の価値を高めるために、環境、知識インプットの習慣がそろったら、次に意識しておきたいのは自分の仕事への姿勢です。もちろん、社会人としての経験がある人がほとんどだと思うので、期日を守ったり、メールに返信をしたりなどの基本的なビジネスマナーは理解されているかと思います。こうした守りの姿勢は、信頼を得ていく上で大事になりますが、高い目標を立ててあえて自分を「追い込む」ような、攻めの姿勢が成長には欠かせません。

例えば、インフルエンサーマーケティングを推進する、株式会社BitStar代表取締役である渡邊拓さんも、高い目標をかかげることで成果を上げてきた一人です。高い目標をかかげることは、できない言い訳を自分にしないことでもあるそうです。マーケットのせい、競合のせいなど、うまくいかない原因を外部に探すのではなく、常に原因は自分にあると言います。外部環境の変化を受け入れながら、どうすれば実現できるかを必死に考えることが成果をもたらすそうです。

他にも、、コワーキングスペース・コーポレートアクセラレーターを運営する株式会社ゼロワンブースターの代表取締役の鈴木さんも「あえて自分の居心地のわるい環境に身を置く」ようにしているそうです。難題に向き合うことが、自己成長を促すと考えられているからだそうです。両者ともに、自分の限界を少し超えてストレッチした目標を持つという高い意識をもっています。こうした仕事への姿勢が価値を高めているのです。

難題や課題から逃げてしまうような姿勢では、おそらく自分の価値を高めることは難しいでしょう。また、誰かのせいにしていてもできないでしょう。確かに、まったく手の届かない目標を設定しても意味がありません。しかし、頑張れば手が届くような目標を設定することで、達成したときに大きな自信を得られると思います。コンフォートゾーンではなく常に難しいほうを選ぶという姿勢こそが、自分の価値を高めることにつながるのです。

メッセージ

自己の価値は、受動的に待っていても高まるものではありません。そして「高めよう」と意識するだけでもNG。大事なのは「行動しつづける」ことです。自分が少し手を伸ばせば届くかも、と思った時こそ成長のチャンスであり、実際にスキルや能力が伸びる好機です。それを逃さないためにも、自分をどのような環境におくかが重要です。迷ったらぜひとも難しそうな道を選択してみてはいかがでしょうか。

SNSは、コロナ時代の起業家にとって、なくてはならない「ツール」のひとつでしょう。営業的要素やマーケティング的な要素が多く含まれています。ただし、中身のない発信をしても効果はあがらないでしょう。短期的には、テクニックでネットワークが広がるかもしれませんが、発信の質が伴わないと徐々に化けの皮が剥がれてしまいます。常に自分の価値を高める取り組みを怠らないようにしましょう。
次回は、自分の価値を最大化するためのトレーニング方法について解説します。

(次回に続きます)

メディアの詳しい利用方法を知りたい方は、創業手帳が発行する「広報手帳」をご活用ください。メディアの利用方法をはじめ、広報のプロフェッショナルへのインタビューといった情報を掲載しています。無料でお取り寄せ可能ですので、ぜひお問い合わせください。


『SNS時代に自分の価値を最大化する方法』頼藤太希 河出書房新社
自分の魅力が数値化される現代ネット社会において、自分の価値を高めてSNSで発信していく方法が分かりやすく解説されています。キャリアアップ・転職・起業・就職に成功するための「私の力」の見つけ方、磨き方のスキルを知りたい方に。

関連記事
穴場の採用ルート!Linkedin(リンクトイン)採用のプロがビジネスSNS、Linkedinでの採用について解説
創業者とSNSの距離感。どのように付き合うべきなのか

(取材協力: 株式会社Money&You代表取締役 頼藤太希
(編集: 創業手帳編集部)

このカテゴリでみんなが読んでいる記事
創業手帳
この記事に関連するタグ
創業時に役立つサービス特集
リアルタイムPVランキングトップ3
カテゴリーから記事を探す
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ