これからSNSの運用を始めるためのステップ3「自分の価値を高めるトレーニング」【頼藤氏連載その5】

創業手帳

いまからでも遅くない!フリーランスの広報に詳しい頼藤太希氏に聞く、起業家のためのSNS入門

新型コロナの影響が長引く中、オンラインでのビジネスが主流になりつつある中、SNSによるマーケティングができることが当たり前となりました。SNSマーケティングと一言で言ってもFacebook、Twitter、Instagramなど、メディアが多様化しつつあり個人や法人のアカウントも増加してます。マーケティングにおいても差別化を測っていかなければ、情報は埋もれていってしまいます。

本シリーズでは、SNSマーケティングこれから始めようとする人が準備すべきステップについて解説しています。SNSでの発信を始めようと思っても、自分自身に発信するに値する「価値」がなければ、ただの個人の趣味の範囲に陥ってしまうでしょう。

発信できるような、自己価値を高めていくにはどうしたらよいのか、株式会社Money&Youの頼藤太希氏に自分の「価値」を高めるためのステップを解説していただいています。頼藤氏も、起業したてのころに執筆やSNSを活用することにより、知名度を高めることに成功しました。前回のステップ1では自分の価値の見極め方を、ステップ2としてその価値をどのように高めるかを説明しました。最後のステップ3では、自分の価値を高め続けるための具体的なトレーニング方法について紹介します。

頼藤太希(よりふじ たいき)
Money&You代表取締役、マネーコンサルタント
中央大学客員講師。慶應義塾大学経済学部卒業後、アメリカンファミリー生命保険会社(アフラック)にて資産運用リスク管理業務に6年間従事。2015年に(株)Money&Youを創業し、現職へ。女性向けWebメディア「FP Cafe」や「Mocha(モカ)」を運営。『1日5分で、お金持ち』(クロスメディア・パブリッシング)、『はじめてのNISA&iDeCo』(成美堂)、『SNS時代に自分の価値を最大化する方法』(河出書房新社)ほか著作・共著・監修書多数。日本証券アナリスト協会検定会員、ファイナンシャルプランナー(AFP)、日本アクチュアリー会研究会員。twitter→@yorifujitaiki

※この記事を書いている「創業手帳」ではさらに充実した情報を分厚い「創業手帳・印刷版」でも解説しています。無料でもらえるので取り寄せしてみてください。

失敗を恐れずに失敗から学ぶ

まず、自分の価値を磨き続けるには、失敗を恐れていてはできません。例えば、SNSマーケティングでは良く壁にぶつかりますが、思うような成果がすぐに出ずに、これを失敗と捉えて継続をあきらめてしまうケースはよくあります。しかしここであきらめていては、自分の価値は上がっていきません。

まずは、なぜうまくいかなかったのか、そこから学ぶことが最も重要です。私も失敗をしたらその原因を探り、同じあやまちを繰り返さないようにしてきました。失敗することを恐れて行動ができないのでは、自分の価値を高める機会を逃してしまいます

失敗を次に活かすということは、PDCAサイクルを回すことでもあります。サイクルを回していくことで、自分の経験がスパイラルアップしていきます。まさに、試行錯誤を繰り返して価値というものは高まってきます。失敗をしたら成長のチャンスと捉えて、しっかりとその事実に向き合うようにしましょう。

起業家の多くは、失敗にくじけずにそれを乗り越えてきています。例えば01Booster代表の鈴木規文氏は、「ミスを恐れないで行動する。ミスを何とも思わない。言い訳をしない。起こることはみんな自分のせいだと思って行動することが大切です」と述べています。失敗の原因が自分にあるという前提で、失敗に向き合っていることがわかります。次に自分がどうすれば同じようなミスを起こさないようになるか考えることが成長につながります。

ミスの原因を周りに探していては、自分の成長にはつながらないでしょう。ミスや失敗などに向き合うことは簡単なことではありません。時間はかかるかもしれないですが、同じ失敗を起こさないため、自分の価値を向上させるためにミスから逃げず、徹底的に失敗の原因を追及しましょう。SNSマーケティングなら、成功している他社を分析し、なぜ成功しているのかを考えてヒントをもらいましょう。

大舞台、正念場、修羅場に身を投じる

自分の成長のための訓練方法として「ギリギリ」の状態に自分を追い込むということが挙げられます。逃げられない状況に自分を置くという意味で、人前で講演をするのはいかがでしょうか。人前での講演であれば、内容を事前に考え練習しなくてはいけないですし、反応が見えるので緊張もありますが手ごたえも感じられるでしょう。

こうした経験のように、コンフォートゾーン(楽で快適に過ごせる環境)から一歩踏み出すことこそが成長をもたらします。適度のストレスやプレッシャーを感じる環境においてこそ、そこでどう生き残るかを無意識に脳が考え、脳に変化が起こります。こうした変化が自分の価値を高めることにつながるのです。

同じことを繰り返している環境では、人が成長することは難しいです。三井物産の飯島彰己取締役(元会長)も「厳しい環境や難しい課題を抱えたギリギリの状態に身を置くこと、『修羅場・土壇場・正念場』こそが人づくりの最高の舞台。」と述べています。「自分の枠を超えているな」と思ったとき、それは大きなチャンスなのです。

また、こうした自分にとってチャレンジングな状況に身を投じることは、前項でもふれた「失敗」という貴重な経験を得ることにもつながることもあります。まさに、自分の価値を高める相乗効果が発揮されよい循環を起こすことになるでしょう。今、自分が心地よいと思える状況であれば、それは成長のスピードが落ちているということかもしれません。是非、新たな挑戦をして自分の価値を高めてみてはいかがでしょうか。

好きで始めたことは3年は続けてみる

仕事でも趣味でもよいのですが、いったん始めたことは続けるということが自分の価値を高めるもうひとつの手段です。少なくとも3年以上続けるとよいでしょう。続けた結果、うまくいくときもあればそうでないときもあると思います。多くの場合、報われなかったり、評価されなかったりすることがほとんどかもしれません。しかし、継続することで得た経験は貴重です。最後までやり切ったことは、自分への自信につながります。

では、どのくらい続ければよいのか。少なくとも3年は必要です。3年もあれば、「必ず成功する」からではありません。古い考えのように「なんでも我慢して3年は続ければものになる」ということでもありません。むしろ、無理したり極度に我慢したりしているのであれば、それはすぐにでも辞めたほうがいいことです。

ここで、3年程度続けることをお勧めしているのは、取り組んでいることへの知識や自分のレベルを把握することができ、うまくいってない場合は「辞め時」を見極めることができるのに、3年という期間がちょうど良いからです。続けることが大事と言ったのですが、むしろ最後までやりきることのほうが重要と言えるかもしれません。自分ではっきりとここまでは頑張るといった目標をもって続けることが大切です。やみくもに頑張っても意味はありません。

自分で決めたゴールに向かって、最後までやりきったことは自信につながります。そして、何よりも自己肯定感が向上します。

自分の価値がSNS発信力を高める

ここまで、自分の価値を高めることがSNSでの発信力につながることを解説してきました。私もまさにそのひとりであると思っています。

もともと、私は保険業界で働いていた時に資産運用関連の業務を継続してきました。実際に、株式会社Money&Youを起業するときも、会社時代の経験が大いに役立ちました。当時から、保険・家計関連のFPのマーケットは競争が激しくレッドオーシャンの状態でした。ただ、私の過去の経験から資産運用の分野とFPを掛け合わせることができ、差別化ができました。孫氏の兵法に「戦わずして勝つ」というものがありますが、レッドオーシャンで勝負するよりも、人がいない戦場で第一人者になることが重要な戦略です。ブルーオーシャン状態でした。そして、第一人者として目されたおかげでFacebookでのコミュニティも盛況、メディアでも活躍できるようになりました。

会社での業務をこつこつと積み上げながら、一方で自分の価値を高めるようにあらゆる繋がりを求めてワンランク上のコミュニティにも積極的に参加しました。「朱に交われば朱くなる」ということわざがある通り、格上の人に負けないよう精進すれば、否が応でも実力が上がるものです。

自分の価値を常に高めるように努めていくことで、SNSでの発信も、事業にもよい影響がありました。SNS発信ではとかく、テクニック論に左右されて成果がでない可能性もあります。そういう時にこそ、一度立ち止まって、自分自身が発信できる「本質的な価値」とは何か見つめなおすことが大事です。

誰かが知りたい情報に対して、あなたなら付加価値を提供できる、あなただから付加価値を提供できる、そんな情報発信がSNSでは目に留まるのです。

SNSテクニック論だけでは一時的にフォロワーが集まる程度で、継続性はありません。継続性がなければ事業も発展しません。真のフォロワーを獲得し、事業を成長させていくには着実に自分の価値を高めて、そののちに質の高い発信ができるよう精進することが望ましいでしょう。是非、挑戦してみください。

(次回に続きます)

メディアの詳しい利用方法を知りたい方は、創業手帳が発行する「広報手帳」をご活用ください。メディアの利用方法をはじめ、広報のプロフェッショナルへのインタビューといった情報を掲載しています。無料でお取り寄せ可能ですので、ぜひお問い合わせください。


『SNS時代に自分の価値を最大化する方法』頼藤太希 河出書房新社
自分の魅力が数値化される現代ネット社会において、自分の価値を高めてSNSで発信していく方法が分かりやすく解説されています。キャリアアップ・転職・起業・就職に成功するための「私の力」の見つけ方、磨き方のスキルを知りたい方に。

関連記事
中西哲生氏に聞く「仕事の幅と人間の幅が生まれるきっかけ作り」【後編】
元プロサッカー選手中西哲生氏に学ぶ「指導するうえで大切なこと」【前編】

(取材協力: 株式会社Money&You代表取締役 頼藤太希
(編集: 創業手帳編集部)

創業手帳
この記事に関連するタグ
創業時に役立つサービス特集
リアルタイムPVランキングトップ3
カテゴリーから記事を探す
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ