MEO対策をして、店舗の認知度をアップする方法とは?

MEOを使った集客方法を知る!メリット・デメリットとやり方のポイント


MEOは特に、実店舗のあるビジネスをしている場合には注目したい集客方法です。すでに対策を行っている企業や店舗も増えています。
MEO対策を行えば、より効率的にネット上で注目を集め、集客できるでしょう。

ただし、MEO対策のやり方には注意が必要です。使うツールにはデメリットもあるため、メリットとデメリットを理解した上で、正しく運用してください。
飲食店やクリニックなどの経営において、考えておきたいMEO対策について解説します。

※この記事を書いている「創業手帳」ではさらに充実した情報を分厚い「創業手帳・印刷版」でも解説しています。無料でもらえるので取り寄せしてみてください。

MEOとは


MEOとは、「Map Engine Optimization(マップエンジンオプティマイゼーション)」の略語で、日本語では「マップエンジン最適化」と呼ばれています。
ローカルSEOと呼ばれることもあり、通常のSEOと対比されて日本国内でも広く使われるようになってきた言葉です。
特に、実店舗を持っている飲食店や販売店、クリニックなど、実際に足を運ばないとサービスを受けられない事業で必要となります。

目的はピンポイントの集客

MEOの目的は、実店舗への集客です。
MEO対策を行うと、Googleマップなどのインターネットで閲覧できる地図上で、上位表示させることによって、そこへ行きたい人に注目してもらえます。

通常のネット検索で表示されるため、見込み客は自然に情報を目にすることとなり、押し付けがましさがありません。
検索するとまずマップと店舗の提案が表示され、その下に特定の地域やジャンルに関する情報を提供する各種ポータルサイトなどが並びます。
そのため、MEOはポータルサイトやまとめサイトなどよりも集客効果があると考えられるようになりました。

「旭川 ラーメン」、「新宿 クリニック」などのように「地域・サービス内容」や「地域・業種」を検索欄に入力すると、地図が表示され、そこに店名が並びます。
また、その人のいる場所の位置情報から、近くにある店を表示させることも可能です。

実店舗のないビジネスには向いていない

MEOは、あくまでも実店舗のあるビジネスに必要な対策です。実店舗へと目を向け、足を運んでもらうために行います。
インターネットでの通販やデータ販売、アフィリエイトなど、実店舗を必要としないビジネスでは、意識する必要はありません

「MEO対策」と「SEO対策」の違い

MEO対策は、マップエンジン最適化対策であり、SEO対策とは区別して考えることが必要です。
SEOは「検索エンジン最適化」という意味で、検索エンジンで上位になるための対策でしたが、MEOは地図エンジンで最適化し、上位に表示されることを目指しています。

MEO対策が「ローカルSEO」と呼ばれるのも、SEOとの違いを知るために重要なポイントです。
SEOはあくまでも検索エンジンでの上位を目指すものですが、MEOは地域で検索した上位表示を狙っています。
また、SEOはWebサイトを上位表示させるために行いますが、MEOはGoogleマイビジネスを使って、Googleマップ上の上位を目指すものです。

基本的にローカル検索結果はWebサイトなどよりも上位表示されやすいため、SEOよりも効果的に知名度を高められる可能性を持っています。

MEOのメリット・デメリット


MEO対策はGoogleマイビジネスというサービスを使って行うもので、そのサービスのメリットとデメリットの影響を受けやすくなります。
上手に活用してMEOの効果を実感するためには、なるべくデメリットを避け、メリットだけを得られるように注意することが大切です。
MEOのメリットとデメリットを知り、リスクに備えましょう。

MEO対策のメリット

MEO対策のメリットとしては、費用対効果の良さが挙げられます。SEO対策を行うよりも効率的に集客を目指せそうです。

広告費が抑えられる

MEO対策で行うことは、Googleマイビジネスへの情報の登録です。
Googleマイビジネスは基本的に無料で利用できるツールであり、プロに依頼しなければ登録作業ができないような難しい機能はありません。
そのため、依頼したとしてもSEOほど高額な費用にはならず、自社内で作業を終えられます。費用を抑えて、広告宣伝の効果が期待できるでしょう。

SEO対策では、有償でプロに依頼するケースも多く、SEO対策費用が数十万円に上ることも珍しくないようです。
しかし、MEO対策は基本的に自社内で完結できるため、外注費用がかかりません

Web広告を出す場合には入札方式で金額を決めて支払うことになり、クリック回数によって費用がかさみ、ポータルサイトや口コミサイトなどに掲載するにも利用料は必要です。ところがGoogleマイビジネスなら、クリックされてもお金は発生しません。

ユーザーの目に止まりやすい

MEOが効果的と言われるのは、検索画面の最も上に位置するマップに店名などが表示され、大変目立つためです。
Webサイトが並んだ部分よりもユーザーの注目を集めやすく、宣伝効果が期待できます。特に、上位3件は地図にお店の名前が表示されるため、認識されやすくなります。

地域ユーザーに見てもらいやすい

MEO対策では、「地域プラス業種」などの形で検索した際に上位に表示させやすくなり、地域限定で探しているユーザーへの宣伝として効果的です。
ピンポイントに、限定されたエリア内で探している人へ宣伝できるため、見込み客が本物の顧客になってくれる可能性も高くなります。

MEOでのマップ表示は、各種ポータルサイトよりも上位になるものです。
ユーザーは上から検索結果を見て行くことが多いため、MEOで上位表示させられると露出は増え、知名度も高くなるでしょう。

MEO対策のデメリット

MEO対策では、利用するツール独自のデメリットの影響を受ける場合もあります。
MEO対策を行う場合、Googleマイビジネスの仕組みとその悪い影響を理解しておくことが大切です。
避けられないリスクもあるため、その場合に逆境を逆手に取って良い方向へと導く方法も知っておいて損はありません。

風評被害を受けやすい

風評被害は、Googleマイビジネスを使ったMEO対策で起こりえるデメリットのひとつです。
MEO対策で利用するGoogleマイビジネスでは、店名や住所などを登録できるだけでなく、一般ユーザーの口コミレビューや質疑応答なども反映されます。
そのため、事実ではない悪い口コミを書かれるケースもあり、風評被害を受けるリスクもあるということです。

ポータルサイトや口コミサイトでも、業者間の潰し合いなどはありましたが、MEOでも悪意ある第三者による低評価がお店のイメージを下げることもあります。
被害を最小限にとどめるためには、小まめに評価をチェックして、誠意ある返答をするなどの対応が欠かせません。

風評対策についてはこちらの記事をご確認ください>>>
風評被害とその対策についてわかりやすく解説!風評被害対策業者もご紹介

レビューや口コミが信頼されにくい

レビューや口コミはお店の印象を知る手立てのひとつですが、業者の書き込みや悪意ある口コミによって、その信頼性が低くなることもあります。
ユーザーの目も厳しくなっており、Googleマップに書かれた口コミにも真偽を疑う目を持ちます。
特に、高評価ばかりのお店は、業者に依頼して不正しているのではないかと思われることもあるかもしれません。

MEOの取り組み方法の基本


MEO対策を行うにあたっては、Googleマイビジネスの登録が必要です。その方法や使い方の手順、利用のコツなどを紹介します。

Googleマイビジネスに登録する

Googleマイビジネスは、店名やお店の情報などを登録することでGoogleマップに表示させることができるツールです。
Googleマップに上位表示をさせ、集客効果を狙うMEOを進めるには、Googleマイビジネスへの登録が必須です。
Googleマイビジネスは登録無料で、システムが重視、優先する情報を効果的に登録することで上位に店名を表示させられます。

Googleは、有益で関連性の高い情報を優先して上位表示させる仕組みになっています。
そのため、見込み客が検索しやすいキーワードなどを盛り込み、高評価を得られるように登録することも大切です。

マイビジネスへの基本情報は、以下の通りです。基本情報を登録したあとで、店舗情報を登録します。
必要に応じて情報を記載し、変更があった場合には忘れずに更新してください。

  • ビジネス名の入力
  • カテゴリ選択(あとからでも変更・追加が可能)
  • 店舗・オフィスの有無
  • 住所入力
  • Googleマイビジネスの登録確認
  • ビジネスの所在地をマップ上で指定
  • ほかの地域でのビジネス展開の有無
  • ユーザーとのタッチポイント選択
  • 最新情報の入手の選択
  • オーナー確認の方法選択

 

登録できる店舗情報は以下の通りです。

Name(会社名・店舗名)
Address(住所)
Phone(電話番号)

上記3つの頭文字を取り、NAP情報と言います。

店の満足度を高める

店の情報を登録した後は、店のサービスの満足度を高め、良い口コミをしてもらえるように工夫します。これには地道な努力を積むしかありません。
また、満足のいくサービスをしてもらったと感じた利用客に口コミしてもらえるよう、アピールすることも大切です。

口コミに返信する

Googleマップに表示されたお店には、様々な口コミが寄せられます。
口コミには店舗側から返信もできるため、お礼の言葉や反省の言葉、口コミへの感想など、店として回答すると良いです。
クチコミに返信すると、書き込みした利用客の心を掴めて、目を通したそれ以外のユーザーには活発に営業している印象を与えられます。

また、悪い口コミやクレームなどに対しても真摯に回答すれば、誠意ある態度が伝わるだけでなく、ほかのユーザーにも良い印象を与えられる可能性があります。
悪質な口コミに出会うこともあるかもしれませんが、常に誠意を持って対応すると、ユーザーが正しい判断をしてくれるでしょう。

MEO対策の注意点


MEO対策を行う際には、注意したい点もあります。GoogleマイビジネスとGoogleマップの基本的な使い方を知るだけでなく、一歩踏み込んだ使い方をしていくと良いです。

登録情報は正確に

MEO対策では、まず登録情報の正確性が重要視されます。漏れや間違いなく登録することはもちろん、以下の2項目についても意識してください。

NAP情報の統一

NAP情報とは、お店のName(店名)とAddress(住所)、Phone(電話番号)を意味します。
これらを正確に表示するだけでなく、ほかのサイトへ掲載している情報と統一させることも必要です。
掲載されているポータルサイトや口コミサイトなどの情報と違いがないか、チェックしてください。

ビジネスに適したカテゴリ設定

Googleマイビジネスでは、メインカテゴリとサブカテゴリを登録できます。
このカテゴリの情報も、MEOに大きく影響するため、その店に適したカテゴリを漏れやミスなく登録するよう注意します。
検索を無理に集めようとして、関係のないカテゴリや必要以上にカテゴリを選択することは逆効果になるため、避けてください。

積極的に口コミアピールをする

お店を利用してくれた人に満足してもらえたら、口コミに投稿してもらえるようにアピールすると良いです。良い口コミは増えれば増えるほど、お店の自然な広告となります。

利用客に対してチラシを配ったり、アプリなどにQRコードを張ったりして、口コミページへ誘導することもおすすめです。

Googleマイビジネスの情報量を充実させる

Googleマイビジネス内には、常に最新情報を豊富に掲載してください。情報が充実していると、Googleから有益と判断され、上位表示もされやすくなります。
また、見込み客もたくさんの情報を得られたら、安心して来店しやすくなるかもしれません。
文字の情報だけでなく、画像を使った視覚的なアピールも有益でおすすめです。
看板や入り口の画像があると、探しやすくなります。また、店内の様子や飲食店であればメニュー写真などもPR効果が期待できます。

MEO対策を専門的に行っている業者5選

MEO対策をきちんと行うには時間と手間がかかります。プロにまかせて事業に専念したいという方にとっては、専門業者に依頼するのもひとつの手。評価の高い専門業者をピックアップしてご紹介します。

株式会社H2(エイチツー)

上位表示するだけでなく、集客につながる施策を提案するのが株式会社H2の特徴です。また専属のCRM担当者が付き、店舗を訪問するなどして、一緒に施策について考えます。自社で開発したツールを使用して、順位の推移、集客数の測定、口コミ促進や効果測定も行います。価格は月額固定で、一番安いプランが27,500円から(2021年8月現在)。
株式会社H2の詳細はこちら

株式会社プロモスト

特許取得済み、日本初の計測地域が指定可能な無料のMEOチェックツールを提供しています。ひとつのキーワードに限り、14日間無料でMEOが確認できるようなので、手始めにチェックしてみてはいかがでしょうか? 口コミ促進機能もあります。
料金は成果報酬型と固定キーワード型が選べ、6カ月24万円(月額換算40,000円)から(2021年8月現在)。
株式会社プロモストの詳細はこちら

株式会社コーボー

この業界では老舗であり、利用実績は3500店舗に達します。Googleアカウントの取得や基本情報の登録からサポートしてくれ、上位表示に向けた施策全般に対応。契約期間は最低6カ月ですが、2021年8月現在、最初の2か月が無料というキャンペーンを行っています。月額費用は4キーワードで18,000円から(2021年8月現在)。
株式会社コーボーの詳細はこちら

株式会社トライハッチ

独自開発・提供を行うローカルSEO/MEO順位計測・効果測定ツール「MEOチェキ」にて収集した膨大なMEOデータを活用。集客に結びつくキーワードを提案してくれます。クチコミ促進・管理ツール「星カクトくん」や投稿予約機能などでMEO対策の負担を現象。料金体系は12か月契約で396,000円(月額換算33,000円)から(2021年8月現在)。
株式会社トライハッチの詳細はこちら

株式会社フリースクエア

3,500店舗のMEO対策実績が有ります。上位化成功率は90.5%で、最短1日で上位化することもあります。

サポート担当者に丸投げできるため、知識ゼロから始められるのも強みです。
また、MEO対策ツール『MAP職人』を開発し、ホットペッパーグルメが販売協力を行っています。

ツールは1店舗から、お好みで機能毎に月1,000円で利用可能です。
MEO対策月額定額14,000円+MAP職人(好意的な口コミ促進機能)1,000円=15,000円と、
ツールの1部機能を使いながら、4~6キーワードのMEO対策も併せても月15,000円とリーズナブルな価格設定です。(2021年8月現在)
好意的な口コミ促進機能の活用は、風評対策にもなり一石二鳥の効果があります。

株式会社フリースクエアの詳細はこちら

まとめ

MEOはSEOと同じくネットでの検索上位に入るための対策方法のひとつです。実店舗の集客に役立つ方法で、リーズナブルに宣伝効果が得られます。
業者に依頼するなら、まずは月15,000円から始められるフリースクエアが気軽に始められておすすめです。
ただし、MEOで使用するGoogleマイビジネスでは口コミも掲載されるため、風評被害に遭うリスクなども知っておきましょう。
メリットも多い方法のため、デメリットに注意しながら上手に活用してください。

創業手帳の冊子版は、ビジネスツールなど起業後に必要な情報を掲載しています。起業間もない時期のサポートにぜひお役立てください。
関連記事
検索上位で注目度アップ!起業家や経営者が行うべきオウンドメディアのSEO対策とは?
会社設立時に集客方法まで考えておくべき理由。集客方法別に解説

(監修: 株式会社フリースクエア
(編集: 創業手帳編集部)

このカテゴリでみんなが読んでいる記事
創業手帳
この記事に関連するタグ
リアルタイムPVランキングトップ3
カテゴリーから記事を探す
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ