MEOとは?いまMEOが必要とされる理由とMEOを制するためのツール紹介

創業手帳

MEOなら近くのお店を探している人を効率的に集客できる!SEOとの違いも徹底解説!

いまMEOが必要とされる理由

近年では、Google検索でのSEOとは別に、MEOというものが、実店舗をもつビジネスには重要となっています。

実店舗をもつオーナーや店長の中には、自社のWebサイトがSEOで上位に表示されているのに、なかなか集客に繋がらないという人もいるのではないでしょうか?

理由は明白で、スマートフォンでお店の情報を検索した場合、SEOの検索結果よりもMEOの検索結果が上に表示されているからです。近くのお店を探そうとしているユーザーは、SEOの検索結果よりもMEOの検索結果を見る確率が高くなっています。

つまり、MEOを実施しなければ、効果的な集客が難しくなってきているのです。

この記事では、実店舗でのビジネスをもつ人にとって、ますます重要度が増しているMEOについてご紹介します。

実店舗への集客を増やしたい方、SEOや広告での集客がうまくいっていない方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

※この記事を書いている「創業手帳」ではさらに充実した情報を分厚い「創業手帳・印刷版」でも解説しています。無料でもらえるので取り寄せしてみてください。

MEOとは?

MEOとは?

まずはMEOの基礎について、しっかりと押さえておきましょう。

MEOとは、『Map Engine Optimization』の頭文字をとった略称で、日本語に訳すと『マップエンジン最適化』となります。

Googleマップの検索エンジンに向けて情報を最適化することで、自社の情報を上位表示するための対策がMEOです。

近年ではスマートフォンの利用者が急増し、それに伴い検索をする方法にも様々な変化がでてきています。

自分が目的とするお店が近くにあるのか?

そんな特定の地域に関する情報検索も増えているのです。

また、出かけた先にはどんなお店があるのか?そのお店はどこにあって、口コミや評判はどうなのか、いつやっていて、どんなメニューがあるのか?

こうした目的地に関する情報検索も増えています。

このような地域を特定した情報検索を『ローカル検索』と言います。ローカル検索をするユーザーには、文字情報を検索結果として返すよりも、Googleマップの情報を返した方がわかりやすく次の行動(写真を見る、口コミを見る、行き方を調べる)にも移しやすいのです。

実店舗を持つビジネスを行うなら、Googleマップの情報を充実させ、ローカル検索で上位表示を実現することが重要です。

MEOとは、ローカル検索をされた場合に、自社のGoogleマップの情報を見てもらうための対策です。

MEOをするには、Googleマイビジネスにログインし、Googleマップ上に自社の店舗情報を入力します。掲載内容が承認されるとGoogleマップに掲載が開始されます。Googleマイビジネスの利用は無料です。

MEOとSEOの違い

MEOとSEOの違い

MEOとSEOの違いを整理しておきましょう。両者の違いを明確にしておくことで、考えるべき対策を整理することができます。

両者の違いをしっかりと確認しておきましょう。

MEO SEO
表示場所 リスティング広告の下 リスティング広告とマップ検索の下
検索エンジン Googleマップ
Google検索
Google検索
対策方法 マップ情報の最適化 Webページの最適化
ローカル検索
実店舗の集客
ECサイトやメディアへの集客 ×
コスト 0円~ 0円~

地域を特定した検索(ローカル検索)がされた場合、GoogleはGoogleマップの情報を優先して提供しています。Googleマップなら、場所をマップで表示するだけでなく、お店の情報や写真、行き方を示したり、口コミや評価を表示したりできるからです。

MEOで対策すべき事例

例えば、『新宿 居酒屋』や『六本木 美容院』というキーワードでの検索であれば、大阪や北海道の情報は不要です。また、居酒屋の経営方法や美容技術に関する情報も求められていないでしょう。

『新宿 居酒屋』なら新宿にある居酒屋のお店の情報、『六本木 美容院』なら六本木にある美容院の情報が求められています。

このようなローカル検索の場合、どこにどういうお店があるのか、どんな評価を受けているのか、どうやって行けばよいのかなど、地域を特定した情報が必要となります。

MEOで対策できるのは、地域を特定してお店を探しているユーザーの獲得です。

SEOで対策すべき事例

例えば、『ゴルフ 上達方法』というキーワードでの検索あれば、ゴルフ上達方法を詳しく解説したWebページを紹介する方が良いでしょう。

この場合、検索ユーザーにとって『場所』は重視されませんので、ゴルフ上達法を網羅的に解説したWebページが求められます。

こういった地域を特定しない情報を提供しているなら、SEOで対策すべきです。

また、お店が大阪にあっても、ECサイトを使って全国を対象としているならMEOではなくSEOが適しています。ECサイトの場合、購入したいユーザーにとってお店の場所はあまり関係が無いからです。

なぜMEOが必要なのか?

なぜMEOが必要なのか?

特定の地域でサービスを提供する実店舗においては、MEOでの集客が効果的です。

なぜMEOが必要なのか?その理由を整理すると以下のようになります。

  • ローカル検索をした場合、SEOよりも目立つから
  • スマホによるマップ利用が増加しているから
  • SEOは難しく効果が出にくいから

それぞれを詳しく解説していきます。

ローカル検索をした場合、SEOよりも目立つから

ローカル検索をした場合、下記のイメージの通りMEOはSEOよりも検索結果の上に表示されます。ローカル検索ではSEOよりもMEOが目立つのです。

MEO

Googleは検索ユーザーの満足度を高めることを最大の目的にしています。ローカルな情報を求めるユーザーに最高の体験を提供するには、SEOよりもMEOが重要であると判断しています。

Googleとしては、本当に人気のお店を優先的に表示すれば、検索ユーザーの満足度を高められます。だから、ローカル検索の場合GoogleはMEOをSEOより上に表示させているのです。

自社の店舗に効果的な集客を行いたいなら、Googleマップ上に自社の情報を充実させ、お客さまの評価を集めることが必要です。

スマホによるマップ利用が増加しているから

スマホの普及により、お店の場所や営業時間、お店の雰囲気を簡単に検索することができるようになりました。不明な点があっても、スマホならそのまま電話をかけることもできます。

スマホで検索するユーザーにとって、Googleマップは非常に便利なツールです。なぜなら、マップ上で場所を表示してくれるだけでなく、そのまま行き方もナビゲーションしてくれるからです。

多くの人に情報を提供し、内容を知ってもらうだけなら、紙媒体の広告やテレビCMなどが良いかもしれません。

しかし、具体的な検索行動を起こしているユーザーを自社の店舗まで誘導するなら、スマホでのMEOが効果的なのです。

SEOは難しく効果が出にくいから

SEOで上位表示するには、Web上にある膨大な情報との競争に勝てるような差別化されたコンテンツが必要です。Webページ上に情報があふれかえっている現在、SEOで上位を取ることは非常に難しいです。

大きなチェーン店の公式サイトや大手企業の比較サイトがSEOで上位を占めていることがほとんどではないでしょうか?

また、SEOは上位表示するために時間がかかります。その上、いつ順位が下落するとも限りません。常に無数にあるライバルサイトとの激しい競争にさらされます。

実店舗を持つビジネスの規模で、SEOで上位表示することは難しいため、対策しても効果を実感しにくくなっています。

ですが、MEOであれば地域が限定されるので、ライバルの数もかなり絞られます。例えば渋谷のような超激戦エリアであったとしても、『笹塚』、『代々木上原』、『ハチ公口』など、さらに細かいエリアに限定すれば、ライバルの数ももっと絞ることができます。

ライバルが少なければ、自社の情報をMEOで上位表示しやすくなります。

難しく効果の出にくいSEOよりも、MEOに注力していきましょう。

MEOで集客をするための7つコツ

MEOで集客をするための7つコツ

ここからは、MEOで集客をするためのコツを解説していきます。主なコツは以下の7つです。

  • キーワード選定をしっかり行う
  • Googleマイビジネスの情報を充実させる
  • 正しい情報・最新の情報を提供する
  • 口コミ・レビュー数を増やす、返信をする
  • 投稿機能でこまめに情報発信する
  • 自社サイトのSEOもおこなう
  • 自社の関連サイトとGoogleマイビジネスを連携させる

それぞれを解説していきます。

キーワード選定をしっかり行う

MEOではSEOと同様にキーワード選定が大切です。実際にユーザーが検索しているキーワードを自社の情報に盛り込むことで、検索ユーザーが自社の情報にたどり着くことができるようになるからです。

キーワード選定は、自社がサイトで使っているキーワードを使ったり、なんとなくの想像で選定したりするのではなく、実データに基づいた検索キーワードの傾向分析を行うことが大切です。

検索キーワードはGoogle検索のサジェストやGoogle広告のキーワードプランナーなどで調査することが可能です。

例えば、『渋谷 美容室』というキーワードを調査したら『髪質 改善 渋谷』というキーワードも表示されました。

キーワードプランナー

もし、自社の美容サロンがトリートメントを得意とするならば、『渋谷 美容室』、『渋谷 トリートメント』だけでなく、『髪質 改善 渋谷』も狙うべきキーワードということになります。

Googleマイビジネスの情報を充実させる

Googleマイビジネスにはさまざまな情報を掲載することができます。

ビジネス名(店舗名称)、カテゴリ、住所、サービス提供地域、営業時間、電話番号、URL、写真、ビジネス情報(店舗の説明)などです。

入力可能な項目は、すべて埋めるようにします。写真は最低でも10枚、ビジネス情報には、キーワード選定した重要なキーワードを埋め込むようにしましょう。

Googleマイビジネスの情報をもとに、Googleマップなどで情報提供が行われます。自社の店舗に関する情報は、余すことなく入力するようにしましょう。

Googleマイビジネス

正しい情報・最新の情報を提供する

ユーザーが最適な情報を検索結果から得るには、正しい情報、新しい情報が登録されている必要があります。そのため、Googleは検索結果で上位表示をするための重要な要素として、正しい情報、新しい情報であることを求めています。

なぜなら、間違った情報、古い情報は混乱させたり損失を与えたりして、検索ユーザーのためにならないからです。

常に正しい情報と最新の情報を提供できるよう、メンテナスを心がけましょう。臨時休業や営業時間の短縮なども情報として反映するようにしましょう。

口コミ・レビュー数を増やす、返信をする

Googleマップにはユーザーが口コミを投稿したり、評価を付ける機能があります。口コミなどのレビューは、MEOで上位表示するための重要な要素になっています。

なぜなら、検索ユーザーは失敗しないお店選びをしたいと思っており、お店選びの決め手のひとつが口コミや評価だからです。

良いクチコミを増やすには、良いサービスを提供するとともに、口コミを投稿してもらえるような働きかけが必要です。

口コミの投稿を一言お願いする、テーブルやレジのポップに口コミ投稿するためのQRコードを記載する、メールやSNSで投稿をお願いするなど。

口コミや評価を投稿してもらえるよう積極的な働きかけをしていきましょう。

口コミがついたら、必ず返信のコメントをつけましょう。悪いクチコミであった場合でも、放置しないようにしていきます。仮に理不尽な口コミであったとしても、ひとつの意見として真摯に向き合い、改善できる点を探してコメントを返します。

悪いクチコミにも真摯に対応する姿勢は、別の検索ユーザーには好意的に映る場合もあります。

口コミには必ず返信をつけるようにしましょう。

投稿機能でこまめに情報発信する

Googleマイビジネスには投稿機能があります。キャンペーンや新商品などの最新情報を発信していきましょう。

Googleマイビジネスに新しい投稿をすることで、アカウントがアクティブで鮮度が高いことをGoogleにアピールできます。

投稿を見た検索ユーザーが来店してくれる可能性も高まります。積極的に投稿機能を活用していきましょう。

自社サイトのSEOもおこなう

MEOで上位表示するためには、自社サイトのSEOも大切です。

なぜなら、自社サイトのSEOでの評価が低い場合、その評価がMEOにも影響してしまうからです。

また、検索ユーザーはGoogleマップ上の情報だけでなく、その後にホームページの情報も閲覧する可能性があります。

SEOの評価も高められるように、ユーザーに求められている情報をしっかりと分析し、必要なコンテンツや新しい情報を自社のホームページに追加していきましょう。

自社に関連するサイトとGoogleマイビジネスを連携させる

自社に関連するサイトは、自社のホームページだけではありません。Twitter、Instagram、LINE、YouTube、無料の登録サイトなど、あらゆるサイトが自社に関連したサイトになっていることと思います。

自社に関連するサイトとGooleマイビジネスの情報が不一致にならないようにしましょう。店舗名、住所、電話番号、URLなどの文字の情報が一致していないと、Googleの検索エンジンが同一の店舗だと認識しにくくなってしまうからです。

また、自社サイトには自社のGoogleマップを埋め込みます。Googleマイビジネスの投稿を自社のSNSでシェアすることもできます。

自社に関連するサイトとGoogleマイビジネスをしっかりと連携させることで、MEOでの評価も上げていくことができます。

MEOのメリット・デメリット

MEOのメリット・デメリット

MEOのメリットとデメリットをまとめました。これからMEOに取り組む場合には、ぜひ参考にしていただければと思います。

MEO
メリット デメリット
○ローカル検索の場合、SEOよりも上に表示
○SEOに比べて競合が少ない
○場所の表示や、ナビゲーションができる
○口コミや評価もある
○実際の集客に結び付きやすい
×地域が限定される
×悪いクチコミや評価をされるリスク
×運用には手間も時間もかかる
×MEO独特のノウハウが必要

MEOにはさまざまなメリットがあります。

ローカル検索においてはSEOよりも優先的に表示されます。膨大な情報と競合してしまうSEOよりも、地域が限定されるので競合が少ないです。

MEOならお店の場所を表示したり、スマホでナビゲーションしたりできます。口コミや評価を見ることによって、実際の集客に結び付きやすいです。

一方でデメリットがあることも知っておきたいところです。

地域が限定されるため、SEOで上位表示したときのような大きなトラフィックを獲得することはできません。

また、悪いクチコミや評価をされるリスクもあります。基本的に口コミや評価をお店側の都合で書き換えたり消したりすることはできないので、悪い情報がずっと残ってしまう可能性があります。

上記のようなデメリットについては、承知の上で運営していくしかありません。そのうえで、しっかりとメリットを享受できるようにしていきましょう。

他にもMEOのデメリットとして、運用に手間や時間がかかったり、MEO独特のノウハウが必要だったりします。

MEOは無料で対策できるとはいえ、誰もが上手に使いこなせるというわけではありません。実店舗を持つ場合、リアルな接客や売上管理などがあるために、MEOを使いこなせなかったり、運用を継続できなかったりすることが考えられます。

MEOの実運用に関するお悩みは、専門業者に運用を代行してもらうことで解消できます。

MEOを効率的に運用できる『MEO Dash!』

MEO Dash!

MEO Dash!とは?

MEO Dash!とは、GoogleマイビジネスにおけるMEOの運用代行をしてくれるサービスです。

Googleマップでの検索で、自社の店舗情報やビジネス情報を競合他社よりも上位に表示されるように自社に代わって対策したり、ユーザーに見つけてもらいやすくするための運用をアドバイスしたりしてくれます。

MEO対策の施策サービスにおいて

  • 国内取引実績No.1(2020/8月時点)
  • 検索3位以内表示率97%(2020/6月時点)
  • 顧客満足度98%以上

という実績をもっています。

MEO Dash!の特徴

MEOが可能または実績のある業種は、医療施設、介護施設、美容サービス、美容サービス、士業、不動産業、飲食業、物品販売業、宿泊施設、教育施設、スポーツ施設、アミューズメント施設など多岐に渡ります。

また、MEO Dash!を利用する企業は、Googleマイビジネスで管理しているGoogle検索やGoogleマップに掲載する店舗や企業などの情報登録・更新作業をはじめ、キャンペーンやイベントなどのリアルタイムな情報発信にかかる作業負担を軽減することができます。

実店舗をもつオーナーや店長にとって重要となるMEO対策ですが、Googleマイビジネスの更新を自社でこまめにおこなうのはかなりの負担となります。

しかし、MEO Dash!を利用すれば、運用の負担を軽減して、MEOで上位に表示されるようサポートをしてくれるのです。

MEO Dash!でできること

MEO Dash!は運用を代行してもらうことができます。

運用代行では、期間限定のプロモーション情報やイベント情報などの投稿代行や、商品やサービス情報の登録代行などが可能です。

このような定期的な更新作業をおこなってくれることにより、検索ユーザーの来店・来社を促すことができるでしょう。

また、この運用代行プランの料金は月額3万3,000円(税込)~となっています。

他にも特徴として、複数拠点を一括管理したり、日々の効果状況をまとめた定期レポートの提供なども行ってもらえます。

MEO Dash!を提供するGMOインターネットグループは、SEOやレンタルサーバー、ドメイン管理など、さまざまなインターネットサービスにおいて長い実績を有しています。同社が保有するノウハウを活用したサービスがMEO Dash!です。

MEO Dash!は月額料金となっていますが、サービス内容や対策キーワード数により料金が異なります。

まとめ MEOとは?いまMEOが必要とされる理由とMEOを制するためのツール紹介

MEOとは?

近年では、実店舗をもつビジネスオーナーや店長にとって、SEOでの集客や売上の増加は難しくなっています。競合が多く、巨大な企業やメディアの情報が優先的に表示されてしまうからです。

仮にSEOで上位表示されたとしても、ローカル検索においてはMEOが上に表示されますので、SEOだけで集客を行うのは限界があります。

一方、MEOで上位表示されれば、ローカルな情報を求めている人にダイレクトにアプローチすることができ、新規顧客の獲得やリピート集客に結びつきやすいです。

しかし、すでにさまざまな業務を抱えている店舗のオーナーや店長にとっては、MEOを運用したり、分析や改善を継続的に行ったりする余力がない場合もあります。

MEOを実施したい、でもそんな余裕はない。そんなお悩みがある場合は、MEO Dash!を考えてみてはいかがでしょうか?

MEOの運営代行、施策のフォロー、アドバイスを毎月してもらえて、集客や収益の増加を目指すことができます。

これからの時代、ますますMEOが重要になっていきます。MEOを活用して、集客や売上をアップしていきましょう!

冊子版創業手帳では、他にも事業を運営していくにあたり必要なツールやサービスについても多数掲載しております。無料でお届けしていますので、あわせてご活用ください。

関連記事
業種別!集客方法最前線
Googleマイビジネスとは。うまく利用して店舗の認知度を上げる

このカテゴリでみんなが読んでいる記事
創業手帳
この記事に関連するタグ
創業時に役立つサービス特集
リアルタイムPVランキングトップ3
カテゴリーから記事を探す
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ