東京電力の法人プラン(ビジネスTEPCO)のメリット・デメリットとは?基本情報も解説

創業手帳

東京電力の法人向けサービス「ビジネスTEPCO」の基本情報や、契約するメリット・デメリットを解説します

東京電力
会社を設立したあとに、オフィスや店舗、工場などに対応した法人向けの電気プランを選ぶ必要があります。電力自由化に伴い、各電力会社でさまざまなプランを利用できるようになりました。

本記事では、東京電力の法人向け電力プラン「ビジネスTEPCO」の基本情報をご紹介します。企業が契約するメリット・デメリットも合わせて解説するため、ぜひ参考にしてみてください。

※この記事を書いている「創業手帳」ではさらに充実した情報を分厚い「創業手帳・印刷版」でも解説しています。無料でもらえるので取り寄せしてみてください。

東京電力の「ビジネスTEPCO」とは?


「ビジネスTEPCO」とは、東京電力が提供する法人向け電力プランです。なお、2016年4月に、東京電力の分社化により、関連会社の東京電力エナジーパートナー株式会社が販売しています。企業のビジネススタイルに合わせてプランを選べるのが特徴で、創業したばかりの企業でも利用しやすいのが特徴です。

ビジネスTEPCOの基本情報


ビジネスTEPCOで電気を契約する前に、基本情報をチェックしましょう。法人向けのWebサービスを提供しており、各月での電気料金を調べられます。また、ビジネススタイルに適したプランを利用できるため、効率的に電気を使用したい企業におすすめです。

Web上で使用実績の閲覧が可能

ビジネスTEPCOでは、Web上で電力の使用実績を閲覧できます。過去2年分における月々の電気料金・使用量をグラフ化し、「どのようなタイミングで電気を多く使っているかのチェック」、「月ごとの電気使用量の比較」などに便利です。今後の料金プランの見直しに役立つほか、各種手続きも可能です。

ビジネスに合ったプランを提供

ビジネスTEPCOは、企業のビジネススタイルに適したプランを提供しています。スタンダードプラン・プレミアムプラン・動力プランの3つを用意しているほか、電気の状況に応じて、細かい電力の契約が可能です。

ビジネスTEPCOを契約するメリット


ビジネスTEPCOは、企業にとって嬉しいメリットが多くあります。エリアごとに複数のプランを用意しており、自社に最適な料金を見つけられます。さらに、関東以外にも、中部地方・関西地方にも対応しており、幅広い地域で利用可能です。

自社に適したプランを見つけられる

ビジネスTEPCOを契約するメリットは、自社に適した電力プランを見つけられる点です。たとえば、オフィスや飲食店向けのスタンダードプランでは、10アンペア〜60アンペアを選べる「スタンダードS」、6kVA以上の場合の容量が必要な「スタンダードL」、過去11ヶ月の使用量の最大値にもとづき契約電力を決定する「スタンダードX」から、ビジネススタイルに合わせて選べます。電気を無駄なく使用できるため、経費削減にも最適です。

関東エリア以外からでも申し込める

また、ビジネスTEPCOは、関東エリア以外に事業所を設置している場合でも契約できます。関東エリア以外では、愛知・岐阜などの中部エリア、大阪・京都・奈良県などを含む関西エリアにも提供しています。幅広い範囲でサービスを行っているため、ほかの電力会社と比較しながら選ぶことが可能です。

ガスと電気のセットプランを提供

TEPCOでは、個人・法人向けに「ガスと電気のセットプラン」を提供しています。法人専用プラン「ビジネスとくとくガスプラン」は、個別に契約するよりも安く利用できるため、飲食店や商店を経営する企業におすすめです。また、電気使用量に応じて、複数のプランから選択できます。

ビジネスTEPCOのデメリット


多くのメリットがある一方、ビジネスTEPCOにもデメリットがあります。3つのエリアでサービスを提供していますが、一部利用できないプランが存在します。また、法人向けプランは、ポイント対象外となっている点にも契約前に確認しておきましょう。

地域によって選べないプランがある

関東圏・中部圏・関西圏といった幅広いエリアでサービスを提供していますが、地域によっては選べないプランが存在します。たとえば、関西圏にはスタンダードS・Lがなく、代わりにスタンダードAがあります。また、各エリアによって、電気基本料金も多少異なるため、契約前に該当エリアの料金を確認しましょう。

法人向けプランはポイント対象外

個人向けに提供しているポイントサービスについて、法人向けプランでは対象外となっています。電気料金やガス料金のポイントサービスを利用できないため、契約時に把握しておきましょう。

東京電力の法人向けプラン


東京電力ではビジネスにあった「スタンダードプラン」「プレミアムプラン」「動力プラン」の3つから選択できます。

スタンダードプランとプレミアムプランは、主にオフィス・商店・飲食店向け。動力プランは、大型エアコンや業務用冷蔵庫といった標準電圧200V(三相3線式)を必要とする事業者向けに提供しています。

まとめ

東京電力の法人向け電力サービス「ビジネスTEPCO」は、企業の業態や規模に応じて、プランを選べるのがメリットです。関東だけでなく、中部エリア・関西エリアでも提供しているため、電気代を見直したいという企業の担当者や経営者の方は、加入を検討してみてください。

創業手帳冊子版では、企業がお得になる情報をご紹介しています。無料で配布をしておりますので、Web版と合わせてチェックしてみてください。
関連記事
家事按分とは?個人事業主が覚えておきたい按分の意味や計算方法、税法上の扱いを解説
個人事業主必見!事業主貸の概要と確定申告時のポイント

創業手帳
この記事に関連するタグ
創業時に役立つサービス特集
リアルタイムPVランキングトップ3
カテゴリーから記事を探す
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ