ソーシャルメディアで口コミは操作出来るのか?

創業手帳

“Everyone wants to share their experiences(人々は経験を共有したがっている)”

2007年の世界経済フォーラムで、Youtube創始者のチャドハーリーが「なぜ人々は動画をYoutubeにアップするのか?」という質問をされた時にこう答えた。

本文を読む


その後、Facebook等の浸透により、ますます人々は経験を共有し続けており、2014年3月の日本のFacebookユーザーは2,100万人を超える。

その様な、新しく登場したコミュニケーションプラットフォームを利用して、企業が自社製品のプロモーションを行おうと考えるのは当然であろう。
例えば、「ソーシャルコマース」というコトバが2011年前後に注目されたが、結局多くの企業がソーシャルメディアを使ってモノを販売する事に失敗した。
創業期には、広告費を捻出出来ず、無料でプロモーションが出来るFacebookやTwitterを効果的に使いたいと考える方も多いだろう。
既にアカウントが繋がっている友人は創業のお祝いにイイネを付けてくれるかもしれないが、自身のソーシャルグラフを超える範囲でイイネの連鎖が増えて行くほどソーシャルメディアのユーザーは甘くない。

ソーシャルメディア上の口コミはコントロールできない

日米を通じて、権威あるマーケター達は皆一様にこう言う。

「口コミで広がったものの大部分は非常に偶発的で、計画通りに行われたものではない。」
「タイミングが重要であり、今日うまくいった事が明日もうまくいくとは限らない。」
「ソーシャルメディアはマーケットではない。個人の交流の場だ。短絡的に購買につなげる事を考えてはいけない。」
「短期間の盛り上がりであり、それを持続させるのは簡単ではない」

要は、ソーシャルメディアの商用利用は計画的に効果を出す事が難しい、という意見にネット業界では落ち着いている様だ。
しかし、多少なりとも効果的と思われる手法は見いだされており、ここで幾つか紹介したい。

この記事に関連するタグ

この記事に関連する記事

創業手帳

創業時に役立つツール特集

カテゴリーから記事を探す