ソーシャルを活用するための4つの基本ステップ

創業手帳

知識ゼロから学ぶ、今さら聞けないソーシャル活用の超基本的な進め方

icon_like button

SNSなどのソーシャルメディアは、もはや企業戦略に欠かせない存在となっており、こぞってソーシャルツールの導入が進んでいる反面、成功事例が限られていることも確かだ。

本文を読む

しかし、まだ企業としての実績のないスタートアップ期にこそ、この「比較的コストがかからず、リアルタイムに消費者行動がわかる」ソーシャルを活用すべきだ。

そこでここでは、ソーシャルをうまく活用するための基本的な手順を「4つのステップ」に分けて述べていこう。

STEP1.特性を知る

まずはソーシャルの特性を知ろう。

「もうすでに知っている」という人も多いと思うが、ソーシャルは利便性が高くメリットが大きい反面、失敗したときのそのリスクも大きい。よって、ここではソーシャルのメリットだけではなく、デメリットもまとめて挙げてみよう。

    【メリット】

  • 手軽にページを作成することができる
  • リアルタイムに情報がユーザに届く
  • 情報がユーザのアクションによって広く拡散される可能性がある
  • ユーザとの距離が近く、関係性を高めることができる
    【デメリット】

  • よい評判だけではなく、悪い評判も拡散する可能性がある
  • 更新の頻度を高めないと誰も情報を見てくれない

メリットはやはり口コミなどによる拡散性だ。企業の押しつけではないユーザの素直な反応は、そのつながりによって次なるユーザを呼び寄せる可能性を導く。これは本当に大きなメリットだ。

しかしその一方で、「炎上」などのリスクがある。不用意なコメントなどはユーザの反感を一気に集めてしまい、それがどんどん膨らむ可能性があるのだ。

例えば、外食チェーンの店員が投稿したいたずらの模様が、ソーシャルメディアで拡散されて、いわゆる「大炎上」となった件は記憶にあたらしいことだろう。

また、ただとりあえずページを作っただけで待っていてもユーザは来てくれない。魅力あるコンテンツを継続的かつ高頻度でこちらから発信していかないとダメである。

STEP2.目的を明確化する

次に必要なことは、ソーシャルを使う「目的」を明確化することだ。

「ただ商品を宣伝したい」だけなら、ソーシャルを使うメリットが薄れるだけではなく、そもそもソーシャル本来の目的にそぐわない。

ソーシャルはもともと、フェイスブックが実名で登録するのが前提であるように、「知り合いや友達のネット上のつながり」だ。「顧客のつながり」ではない。知り合い同士が、日常や興味のあることをリアルタイムで共有し、つながりを深めていこうというものだ。

よって、ここに宣伝はそぐわないということは、すぐに理解できるだろう。友人との会話に、企業の宣伝は不要なのだ。

そこで、情報の発信先を「消費者」ととらえてはならず、「ユーザ」「知り合い」ととらえ、彼らとの関係性を深めることで、徐々に消費者になってもらうのだ。

例えば以下のように考えてみよう。

「企業認知度を高めるためにまずはソーシャル専用のキャラクターを作る。そしてその成長を日々レポートしていくことでユーザの興味を引き、最終的にキャラクターを通してユーザを消費者に変えていく。」

このような、ソーシャルの利用目的にあった作戦を考えなければならない。

ソーシャルのメリットでもある口コミによる拡散を目指すなら、あくまでも「ユーザに商品を宣伝する」のではなく「ユーザに楽しんでもらう」スタンスを忘れないようにする必要がある。

この記事に関連するタグ

この記事に関連する記事

創業手帳

創業時に役立つツール特集

カテゴリーから記事を探す