【記者会見速報】30周年を迎えた弥生が最新デスクトップアプリ「弥生18シリーズ」を発表


弥生株式会社は12日、デスクトップアプリの最新バージョン「弥生 18 シリーズ」のラインアップ(「弥生会計 18」「弥生給与 18」「弥生販売 18」「やよいの青色申告 18」「やよいの給与計算 18」「やよいの見積・納品・請求書 18」「やよいの顧客管理 18」)を発表しました。

今年で30周年を迎え、当初から一貫してスモールビジネスに寄り添って成長してきた「弥生シリーズ」。
今回発表された「弥生 18 シリーズ」の主な強化ポイントは3つです。

クラウド連携による利便性向上

「弥生 18 シリーズ」では、金融機関等の明細データ、レシートなどの紙データを自動取込でき、AIを活用した自動仕訳を行うことができます。
クラウドアプリだけでなく、デスクトップアプリでも自動取込・自動仕訳に対応しています。
2017年10月以降には、金融機関との公式連携である「API連携」を順次開始していきます。(都市銀行/地銀/ネット銀行他)

お客様の声に基づく利便性改善

記帳チェック・修正業務を大幅に効率化した「仕訳一括置換」を行えるようになりました。
変換前後のプレビューを見ることができるようになったので、間違いに気付いたらすぐ修正できます。会計に不慣れな方でも安心して使えそうです。

法令への確実な対応

平成29年分の所得税確定申告にも対応しておりますので、最新の法令にも確実に対応しています。

「弥生 18 シリーズ」は、10月20日(金)に一斉発売します。

カテゴリ 便利なサービス
関連タグ IT関連のニュース クラウド関連のニュース 確定申告関連のニュース

便利なサービスのピックアップニュース

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業手帳Webへの記事掲載をご希望の方はこちらからお問い合わせください

記事を掲載したい方はこちら