注目のスタートアップ

クラウド型建設プロジェクト管理サービス「ANDPAD」を提供する「アンドパッド」が12億円調達 住宅・不動産業界向けMA「Digima」運営の「コンベックス」をグループ会社化

company

2024年4月30日、株式会社アンドパッドは、みずほ銀行からの借り入れにより12億円の資金調達を実施したことを発表しました。

また、住宅・不動産業界に特化したマーケティングオートメーションツール「Digima」を運営する株式会社コンベックスと株式譲渡契約を締結し、グループ会社化が完了したことも発表しています。

アンドパッドは、クラウド型建設プロジェクト管理サービス「ANDPAD」を開発・提供しています。

施工管理、顧客管理、受注管理、粗利管理に対応したオールインワンサービスです。

今回、コンベックスがアンドパッドのグループ会社として業務を推進することで、「ANDPAD」と「Digima」のシームレスで利便性の高いシステム連携に取り組みます。

住宅・不動産事業者は「Digima」で管理しているWebサイトからの流入やイベント・展示場等で得られた顧客情報と「ANDPAD」で管理している営業活動で得られる顧客データをリアルタイムに連携することで、クライアントの受注率や生産性の向上を実現できます。


建設業は高齢化と若年層の減少が深刻な課題となっています。

建設業はさまざまな産業を支える重要な業界であるため、建設業の衰退は経済全体に大きな影響を与えることが予測されます。

したがって、建設業ではデジタル化・DXの推進により、業務効率化・生産性向上・省人化・自動化を実現することが重要なテーマとなっています。

こうした中でアンドパッドは、現場の効率化から経営改善までを一気通貫で実現するクラウド型建設プロジェクト管理サービス「ANDPAD」を提供し、建設業界全体のDXに取り組んでいます。

さらに今回、住宅・不動産領域でMAを展開するコンベックスをグループ会社として迎え、クライアントの受注率や生産性向上をさらに支援していくとしています。

事業の拡大には戦略的な資金調達や、シナジーの見込める企業との提携が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ ANDPAD BtoB Digima M&A アンドパッド クラウド グループ会社 コンベックス プロジェクト管理 マーケティング 不動産 住宅 建設 株式会社 資金調達 連携
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

スタートアップと投資家間のやり取りを効率化するデータ作成・共有プラットフォーム「smartround」を運営する「スマートラウンド」が資金調達
2022年9月6日、株式会社スマートラウンドは、1倍非参加型の優先株式で資金調達を実施したことを発表しました。 スマートラウンドは、スタートアップと投資家間のやり取りを効率化するデータ作成・共有プラッ…
債権管理業務DX推進の「Lecto」がパーソナルスタイリングサービス展開の「DROBE」と業務提携
2022年6月17日、Lecto株式会社は、株式会社DROBEと、業務提携契約を締結したことを発表しました。 Lectoは、債権管理・督促回収をDXするプラットフォーム「Lectoプラットフォーム」を…
メタバースプラットフォーム「cluster」を運営するクラスターが「博報堂DYホールディングス」と資本業務提携
2023年6月23日、クラスター株式会社は、株式会社博報堂DYホールディングスより第三者割当による出資を受け、資本業務提携に合意したことを発表しました。 また直近では、2023年5月17日に52億円の…
デジタル・マーケティングの「AViC」が3.3億円調達
2020年9月30日、株式会社AViCは、総額3億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 SEOマーケティングを軸とした、幅広いデジタル・マーケティング事業を展開しています。 デジタル…
ライブコマース事業を展開する「Cellest」が資金調達
2023年7月19日、株式会社Cellestは、資金調達を実施したことを発表しました。 Cellestは、ライブコマーサーの育成・サポート、ライブ配信のプランニング、ライブコマース事業を新規に立ち上げ…

大久保の視点

IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】