知事賞100万円!スタートアップコンテスト「ビジコンNARA」が募集開始

奈良市が主催するスタートアップコンテスト「ビジコンNARA」の募集がスタートしました。
このコンテストは、潜在する起業家精神を呼び覚まし、世界に通用するビジネスモデル、ビジネスパーソンの発掘・育成に取り組み、歴史ある奈良から新しい時代を拓いていくことを目的としています。

賞金

知事賞
100万円

決勝大会進出者の中から1名、知事が最も優秀と認める者に授与

審査委員長賞
25万円

決勝大会選出者の中から1名(知事賞受賞者を除く)

南都銀行賞
5万円

勝大会進出者のうち共催者から贈られる賞4名(知事賞、審査委員長賞受賞者を除く)

信用金庫賞
5万円

決勝大会進出者のうち共催者から贈られる賞2名(知事賞、審査委員長賞受賞者を除く)

応募対象

・起業を予定の方、起業して5年以内の方および業務転換や新規事業に進出する予定の方で、下記 1~3 のいずれかを満たしている方

① 奈良県で将来起業を検討している方
② 奈良県で既に事業を営んでいる方
③ 既に事業を営んでいる他府県の方で、奈良県への進出を検討しておられる方

・二次選考を通過された場合、以降の選考にあたり、指定日時に審査会場(大阪市内又は奈良市内)までお越しいただける方

※起業前の段階の場合は、発案者が応募資格者となります。既に起業済みのプランは、代表者が応募資格者となります。
※グループでの応募の場合は、二次審査通過後グループ全員の氏名を申告していただきます。
※年齢制限なし。学生も応募可。

募集部門

【IoT部門】
IoT ※1 を活かし 、未来を変えることが期待されるビジネスプランを競う部門

【奈良創生部門】
奈良県の課題解決または奈良県の地域資源等 ※2 の活用により、奈良県の創生が期待できるビジネスプランを競う部門

※1:IoTの定義について
「情報のデータ化」、「通信を用いたデータの伝送・連携」、「データの可視化」、「データの分析」、「人工知能(AI)」のいずれかの情報通信技術(ICT)を含む仕組みとします。

※2:奈良県の地域資源等について
奈良の地域資源(特産物・農林水産物・工業製品・生産技術・観光・文化・人的資源など)が生産や仕入れ、営業や販売、雇用等に活かされる点があること。

審査基準

① 基本となる評価(各部門共通)

「市場性」、「競争優位性」、「成長・収益性」、「実現可能性」、「革新性」、「地域・社会貢献性」の各審査項目により、奈良発で新たな事業展開を目指すビジネスプランを評価します。

② IoT部門

IoTの活用方法、アイデアの革新性等、新たなビジネスの事業化に向けたビジネスプランを評価します。

③ 奈良創生部門

奈良県の地域資源を活用して、利益をあげつつ社会の課題解決や新たな事業の展開が期待できるビジネスプランを評価します。

④ プレゼン審査(各部門共通

分かり易く、説得力を持ってビジネスプランを語ることができるビジネスリーダーとしての能力を評価します。

⑤ 共催金融機関への相談者

共催金融機関へビジネスプランを相談している場合、加点評価することがあります。

※審査内容・過程についてはお答えできませんので、あらかじめご了承ください。

審査委員

【審査委員長】

今庄啓二 氏
フューチャーベンチャーキャピタル株式会社 前取締役会長

【審査委員】

大久保幸世 氏
ビズシード株式会社 代表取締役社長

小西康晴 氏
株式会社ロボリューション 代表取締役

田中邦裕 氏
さくらインターネット株式会社 代表取締役社長

矢島里佳 氏
株式会社和える 代表取締役

開催スケジュール概要

【募集期間】
エントリーシート ~2017年10月31日(火) 17:00必着
事業計画書 ~2017年11月30日(木) 17:00必着

【決勝大会】
2018年2月17日(土) 13:00~17:30
奈良市ならまちセンター 市民ホール(奈良市東寺林町38番地)
Googleマップはこちら

個別相談、経営相談は奈良県よろず支援拠点で、随時受付中です。
こちらの番号までお問い合わせください→Tel:0742-81-3840

エントリー方法

【①Webでのエントリー】

WEBエントリーフォームから、必要事項を入力の上、登録をしてください。

【②メールでのエントリー】

エントリー用紙(Wordデータ)をダウンロードして、必要項目記入の上、メールに添付して、運営事務局あてにお送りください。

専用メールアドレスはこちら

【③FAXでのエントリー】

エントリー用紙(PDFデータ)をダウンロードして、必要項目記入の上、FAXにて、運営事務局あてにお送りください。

専用FAX送付先(運営事務局宛て):0742-85-2005

【④郵送でのエントリー】

上記エントリーシートをダウンロードするか、チラシの裏面にあるエントリーシートに必要事項を記入の上、下記まで郵送してください。

ビジコン奈良2018運営事務局
〒630-8225
奈良県奈良市西御門町2 西御門服部ビル

イベントの詳細はこちらから

本イベントの詳細はビジコンNARA公式ホームページをご確認ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ イベント
関連タグ IoT ビジコン 事業化 地方創生

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

イベントの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ボタンひとつでタクシーを配車できるデバイス「タクシーダッシュボタン」と「電脳交通」の配車システムが連携
2021年4月27日、株式会社電脳交通は、モバイル・コマース・ソリューション株式会社が提供する「タクシーダッシュボタン」とシステム連携を開始したことを発表しました。 電脳交通は、クラウド型タクシー配車…
IoTリハビリ支援サービス展開の「Moff」が総額7.6億円調達
2020年1月14日、株式会社Moffは、総額7億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 高齢者のリハビリ支援サービス「モフトレ」や、IoTリハビリ支援・見える化サービス「モフ測」など…
IoT農業を推進する「グリーンリバーホールディングス」が1億円調達!
グリーンリバーホールディングス株式会社は、総額1億500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社FFGベンチャービジネスパートナーズおよび協力企業3社・グリーンリバーホールディ…
ヘルスケア・医療向けIoTセンサー開発の「クォンタムオペレーション」が資金調達
2020年2月6日、株式会社クォンタムオペレーションは、資金調達を実施したことを発表しました。 ヘルスケア・医療分野におけるIoTデバイス「バイタルバンド」を開発しています。 アナログ・データのデジタ…
無人コンパクト・ホテル「mizuka」運営の「Hosty」が6億円調達
2020年1月31日、株式会社Hostyは、総額約6億円の資金調達を実施したことを発表しました。 無人コンパクト・ホテル「mizuka(ミズカ)」を運営しています。 ホテルの予約から、チェックイン、ゲ…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ