注目のスタートアップ

Aqua Power Energy株式会社 森 俊哉 | 塩水で発電する、環境と被災者に優しい「水発電機」で注目の企業


塩水で発電する、環境と被災者に優しい「水発電機」で注目なのは、森俊哉さんが2008年に創業したAqua Power Energy株式会社です。

日本は外国に比べて自然災害が発生しやすい国土であり、自然災害件数は変動を伴いながらも増加傾向にあります。また、気候変動による豪雨災害も目立っているほか、大きな被害をもたらすと予測される南海トラフ地震の発生も予見されており、災害対策は喫緊の課題となっています。

災害が起こった場合、電気・ガス・水道などの生活インフラが使えなくなる可能性があり、それらが普及するまでには時間を要します。

スマートフォンや生活家電などは生活に欠かせないものとなっており、電気が使えなくなると大変困ることが予想されます。また、台風などで停電を経験した方も多いと思いますが、電気が使えない生活は予想以上に気力や体力を消耗してしまいます。

停電などの非常時の際に発電機があったら、とても心強い存在となるのではないでしょうか。

市場に多く出回っている発電機は、発電するための燃料として軽油やガソリンを使うため、避難所や家の中などの室内での使用が難しくなります。

しかし、Aqua Power Energy株式会社の水発電機は燃料として塩水を使っているため、室内での使用が可能です。停電時に塩水という身近なもので発電し、被災者に安心・安全な電力を提供することが出来ます。

災害対策の一つとして、環境や被災者に優しい「水発電機」が今注目されています。

Aqua Power Energy株式会社の森 俊哉さんに、事業の特徴や今後の事業展開についてお話をお聞きしました。

・このプロダクトの特徴は何ですか?

世界初の室内で安全に使える発電機です。 
無音で無公害塩水で発電する水発電機です。(特許番号第7028493号)

塩水とマグネシウムのプレートが、水の酸素に触れることで化学反応が起き、電気が発生します。塩水については、海水はもちろん、塩を混ぜれば雨・泥水・尿・しょうゆなどでも発電ができます。

・どういう方にこのサービスを使ってほしいですか?

災害による停電のリスクがある、すべての人に使っていただきたいです。

・このサービスの解決する社会課題はなんですか?

地震や洪水による建物浸水など、災害時の停電を何日間でも回避できます。

・創業期に大変だったことは何でしょう?またどうやって乗り越えましたか?

開発資金です。  
代理店様を募集し、販売権利金を100万円頂戴することにより無借金経営をしています。

・どういう会社、サービスに今後していきたいですか?

メタバースの3Dバーチャルリアリティにて災害時を疑似体験していただき、非常用電源の必要性を実感していただく計画です。

・今の課題はなんですか?

VRチャットにて3DのVRを構築できるエンジニアを募集しています。

・読者にメッセージをお願いします。

災害時の疑似体験をメタバースで社会貢献をしていきますので 、VRチャットにて3DのVRを構築できるエンジニアを募集しています。

回答者プロフィール 森 俊哉(もり としや) 大阪生まれ。
16歳の頃から作曲家兼ジャズギタリストとして活躍し、チャゲアンド飛鳥、世界的なジャズピアニストのハービーハンコック、ギタリストのラリーカールトン、リーリトナーとの共演も果たす。
28歳にして起業家に転身し、浄水器販売会社、携帯電話販売会社、IT事業会社、地デジ工事会社、地盤改良工事会社等、時代の先端をいくビジネスを次々と成功に導く。
常識や固定概念にとらわれず、人々の生活や心を豊かにするために、世の中に新しい価値を創出し続けている。
会社名 Aqua Power Energy株式会社
代表者名 森 俊哉
創業年 2008年8月
住所 東京都港区海岸1-2-3
汐留芝離宮ビルディング21階
社員数 5人
資本金 1200万円
サービス名 水発電機【 AQUENEOUS 】アクエネオス
事業内容 水発電機及びポータブル電源、ソーラーパネルの製造販売
読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AquaPowerEnergy株式会社 NFT VR メタバース 森俊哉 水発電機 非常用電源
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

多店舗ビジネス向け没入型VR教育システム提供の「ジョリーグッド」が5.5億円調達
株式会社ジョリーグッドは、総額約5億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 多店舗ビジネス向けのVR教育システム「GuruVR Retailer(グルブイアール・リテーラー)」を開発・…
ライブ配信関連事業展開の「ライバー」が2億円調達
2020年2月20日、株式会社ライバーは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 自社プラットフォームを持たず、クリエイターの企画・運営や、多数プラットフォームや関連企業との連携によりライ…
VR臨床教育プラットフォーム「オペクラウドVR」など提供の「ジョリーグッド」が10億円調達
2021年1月21日、株式会社ジョリークラウドは、総額10億円の資金調達を実施したことを発表しました。 以下のサービスを提供しています。 ・VR臨床教育プラットフォーム「オペクラウドVR」 ・発達障害…
ファッションとメタバースをつなぐ「クリアーション」が1.7億円調達
2022年3月1日、クリアーション株式会社は、総額150万ドル(約1.7億円)の資金調達を実施したことを発表しました。 また、米国法人Kreation Verse Inc.の設立も併せて発表しました。…
ブロックチェーンゲームを開発・運営する「doublejump.tokyo」が30億円調達
2022年4月27日、doublejump.tokyo株式会社は、総額30億円の資金調達を実施したことを発表しました。 doublejump.tokyoは、ブロックチェーン技術領域でのゲームの企画・開…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ