注目のスタートアップ

非オピオイド鎮痛薬などの研究開発を行う「BTB創薬研究センター」が資金調達

company

2024年6月24日、株式会社BTB創薬研究センターは、資金調達を実施したことを発表しました。

BTB創薬研究センターは、2020年6月に、京都大学の萩原正敏教授の創薬プログラムをもとに設立された企業です。

First-in-Classの非オピオイド鎮痛薬ENDOPINの研究・開発や、希少疾患の治療・がん免疫療法を適応としたRNAの異常スプライシングを標的とした低分子化合物の開発を行っています。

今回の資金調達により、非オピオイド鎮痛薬ENDOPINの臨床開発を推進します。


外科手術後には、切開部位の組織損傷により「術後急性疼痛」と呼ばれる痛みが生じやすく、これを緩和するために局所麻酔薬やオピオイド(麻薬性鎮痛薬)が投与されることがあります。

強い痛みがある場合、患者のQOL向上や合併症の防止のために強力なオピオイドが投与されます。しかし、オピオイドには依存症、離脱症状、過剰摂取による死亡などのリスクがあるため、慎重な投与が求められています。

とくに米国ではこの問題が深刻です。2017年の調査によれば、米国では1日あたり平均130人がオピオイド依存症で死亡しており、医療機関によるオピオイドの過剰処方と、それに伴う依存・乱用が社会問題となってきました。

BTB創薬研究センターが研究開発を行う新たな疼痛治療薬は、モルヒネ以上の強力な鎮痛効果を持ちながら、依存性や行動変容などの副作用がないため、画期的な鎮痛薬として期待されています。

研究開発型のビジネスでは資金調達が非常に重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BTB創薬研究センター ENDOPIN エンドピン 京都大学 創薬 株式会社 研究開発 資金調達 鎮痛薬 非オピオイド鎮痛薬
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

Wi-Fi電波を利用したホームセキュリティシステム「Hex Home」を展開する「ai6」が「スズケン」と資本業務提携
2022年11月11日、ai6株式会社は、株式会社スズケンと業務提携を行い、さらにスズケンヘルステックコラボレーション投資事業有限責任組合を通じての出資受け入れを行なう資本業務提携を締結したことを発表…
製造業向けナレッジマネジメントプラットフォーム「blooplinter」の開発などを行う「LIGHTz」と「豊田通商」が資本業務提携
2023年7月26日、株式会社LIGHTzは、豊田通商株式会社と、資本業務提携を締結したことを発表しました。 LIGHTzは、中小製造業向けDXツール「ものづくりコネクト」(旧:Pincy Park)…
英語学習アプリ「レシピー」運営の「ポリグロッツ」が1億円調達
2022年4月7日、株式会社ポリグロッツは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ポリグロッツは、英語学習アプリ「レシピー」を運営しています。 AIにより作成した英語学習者に最適な学習カ…
恋愛・結婚のパーソナルトレーニング「parcy’s」を運営する「イグアス」が8,000万円調達
2022年8月25日、株式会社イグアスは、総額8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 イグアスは、「彼と1年以内に結婚する!」をコンセプトとした、恋愛結婚のパーソナルトレーニング「pa…
光の力により構築物の錆・塗膜・有害物質を除去する「CoolLaser」を手がける「トヨコー」が資金調達
2024年4月30日、株式会社トヨコーは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社脱炭素化支援機構、りそなキャピタル8号投資事業組合です。 各社からの出資総額は2.5億円であり、今回…

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】