注目のスタートアップ

AI投資サービスなどを手がける「FOLIOホールディングス」が10億円調達

company

株式会社FOLIOホールディングスは、10億円の資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、株式会社岡三証券グループおよび岡三キャピタルパートナーズ株式会社が運営する投資事業組合です。

FOLIOホールディングスは子会社の株式会社FOLIOを通じ、AIによる相場予測をもとに運用を行う「ROBO PRO」など、AI投資サービスなどを手がけています。

岡三証券グループとは、新たなファンドラップサービスの開発に着手するなど事業連携を行っています。具体的には、子会社のFOLIOと岡三証券グループの子会社である岡三証券株式会社は、FOLIOの投資一任プラットフォーム「4RAP(フォーラップ)」を活用したファンドラップサービスを2024年度上期に提供開始するための取り組みを進めています。

今回の資金調達を通じ、両社の子会社間における事業連携をさらに加速させ、それぞれの強みを活かしながら、より一層幅広い資産運用サービスを提供していきます。


お金は、生活の安定を確保し、人生の選択肢を広げる上で欠かせない要素です。また、老後において安心した生活を送るためには、十分な貯蓄が必要です。

しかし現在は、単なる預金だけでは資産の増加が難しい状況にあります。公的年金の支給額が減少する可能性も高まっており、若いうちからの資産形成の重要性が増しています。

このような状況下で、証券業界では、手数料の低さや利便性の高さなどにより、ネット証券がシェアを拡大してきています。こうしたネット証券はこれまで資産運用をしていなかった層を取り込み、着実に口座数を伸ばしています。

このようなネット証券の拡大により、証券業界では手数料の引き下げ競争がくり広げられていますが、手数料を下げると収益を上げることが難しくなるため、それ以外の施策で顧客を獲得することが重要となっています。

とくに近年は若い世代を中心に資産運用意識が向上しているため、こうした若い世代を取り込むための施策が重要です。

ファンドラップは、顧客の資産運用の考えやニーズに応じ、複数のファンドを組み合わせた資産配分を提案し、運用、管理を行うサービスです。資産運用を一任できるサービスであるため、投資初心者などにとってメリットが大きいサービスとして認識されています。

FOLIOは、AI投資サービスや、SaaS型の資産運用基盤「4RAP」の提供を通じ、証券・資産運用の領域で新たな価値を創出しています。

企業経営でも先を見据えた資金の運用・管理は重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、創業期における資金繰り表の作成術など、資金に関するノウハウを詳しく解説しています。

また、企業の成長のためには資金調達が重要です。「資金調達手帳」では、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ 4RAP AI BtoB FOLIO FOLIOホールディングス ROBO PRO ファンドラップ フォーラップ 岡三証券グループ 投資 株式会社 証券 資産運用 資金調達 長期分散投資
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

英語圏訪日外国人の集客設計・実行・送客を行う「Tokyo Creative」が「杏林大学」と共創し「オンラインインターンシップ」を実施
2020年9月17日、Tokyo Creative株式会社は、同社のCOOである中川智博氏が、杏林大学外国語学部観光交流文化学科における選択必修科目「インターンシップⅠ」のゲスト講師として「オンライン…
ヒト神経作製技術や人工シナプス形成技術を有する「Jiksak Bioengineering」が8億円調達
2022年8月29日、株式会社Jiksak Bioengineeringは、総額8億円の資金調達を実施したことを発表しました。 Jiksak Bioengineeringは、神経オルガノイド「Nerv…
IoTを使った在庫・発注管理ソリューション提供の「スマートショッピング」が3億円調達
2021年6月22日、株式会社スマートショッピングは、総額3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 IoT重量計を使った在庫管理・発注自動化ソリューション「スマートマットクラウド」と、消費者向け…
「グリラス」が食用コオロギを使った自社ブランド「C. TRIA」をリリース
2021年4月8日、株式会社グリラスは、「C. TRIA(シートリア)」をリリースしたことを発表しました。 第1弾として、食用コオロギを用いて開発した「C. TRIA Cookie(シートリア クッキ…
ロボアドバイザー提供の「お金のデザイン」が59億円調達へ
平成30年6月27日、株式会社お金のデザインは、総額59億円の資金調達を実施することを発表しました。 今回の資金調達で、創業からの累計資金調達額は104.8億円となります。 お金のデザインは、AIを活…

大久保の視点

ニコニコ超会議・学生ピッチ甲子園ビジネス部門優勝&1000万円獲得はウェルヘルス土井久生馬さん
2024年4月27日(土)~2024年4月28日(日)に幕張メッセでニコニコ超会議実行委員会で『ニコニコ超会議2024』が開催された。 『ニコニコ超会議20…
(2024/4/28)
「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
明治大学ビジコンで優勝&100万円獲得は宇宙ビジネスの蓮見大聖さん明治大学4年「AMATERAS SPACE」
2024年3月13日(木)に明治大学・御茶ノ水キャンパスで第2回明治ビジネスチャレンジ(明治ビジチャレ)が明治大学経営学部主催で行われました。 明治大学の各…
(2024/3/13)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】