注目のスタートアップ

オンラインで弔電・香典を送ることができるプラットフォーム「itowa」を提供する「Swell」が資金調達

company

2024年2月20日、株式会社Swellは、総額9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

Swellは、お悔やみプラットフォーム「itowa(いとわ)」と、お祝いやお悔やみの場面における花のオーダーサービス「はなテック」を提供しています。

「itowa」は、「itowa」で作成された訃報ページから、オンラインで弔電・香典・供物・供花を手配することができるプラットフォームです。

喪主・葬儀社の参加者リスト管理、返礼品手配といった葬儀に関する負担を軽減することができます。

葬儀社の導入費用は無料で、香典・供物・供花の販売額に応じた手数料を徴収するモデルを採用しています。

今回の資金は、機能開発の強化、サポート人材の採用に充当します。


日本では高齢化の進行により年間死亡者数が増加傾向にあります。

死亡者数の増加によって葬儀関連市場は安定成長が見込まれています。

一方で、家族葬などの小規模な葬儀へのシフト、デジタル化・オンライン化への対応など大きな環境の変化にも直面しています。

こうした中で、喪主・葬儀社と参列者の双方の負担を軽減するサービスや仕組みが注目されています。

コロナ禍では遠隔で弔意を示すことができるオンラインサービスがいくつか登場しました。

これまでも遠方の関係者が弔意を示す方法として弔電や供花がありましたが、これらの手配は意外と手間がかかります。また、喪主に事前に連絡をしたりしなくてはならないという精神的な負担があるほか、喪主側もこうした連絡にその都度対応しなくてはならないという問題を抱えています。

「itowa」は、訃報ページの作成と弔電・供花などを手配できる機能により、喪主・葬儀社の手間軽減と、関係者がより弔意を示しやすい環境を実現しています。

事業の拡大のためには戦略的な資金調達が重要です。シリーズ発行累計200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BtoB itowa Swell いとわ オンライン お悔やみ プラットフォーム 冠婚葬祭 喪主 弔電 株式会社 葬儀 葬儀社 訃報 資金調達 香典
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

データとCRMを活用したキッチンカー事業を展開する「muuve」が4,000万円調達
2021年10月12日、muuve株式会社は、4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社サムライインキュベートが運営する「Samurai Incubate Fund 6…
遊びの予約サイト「アソビュー!」などを運営する「アソビュー」が「静岡銀行」と資本業務提携
2022年5月30日、アソビュー株式会社は、静岡銀行と、業務提携契約を締結したことを発表しました。 アソビューは、遊びの予約プラットフォーム「アソビュー!」、観光・レジャー・文化施設向けSaaS、DX…
「i Labo」が日本政策金融公庫から資本性ローンの資金調達を実施 既存ディーゼルエンジンの水素エンジン化を推進
2022年7月26日、i Labo株式会社は、日本政策金融公庫から資本性ローンの資金調達を実施したことを発表しました。 i Labo株式会社は、環境省から受託を受け、既存の軽油で走行するディーゼルエン…
クラウド人事労務ソフト提供の「SmartHR」が156億円調達
2021年6月8日、株式会社SmartHRは、総額約156億円の資金調達を実施したことを発表しました。 クラウド人事労務ソフト「SmartHR」を提供しています。 雇用契約や、入社手続き、年末調整など…
LINEを活用した妊活コンシェルジュサービス「famione」を提供する「ファミワン」が資金調達
2022年6月1日、株式会社ファミワンは、資金調達を実施したことを発表しました。 ファミワンは、LINEを活用した妊活コンシェルジュサービス「famione(ファミワン)」を提供しています。 不妊症看…

大久保の視点

「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
明治大学ビジコンで優勝&100万円獲得は宇宙ビジネスの蓮見大聖さん明治大学4年「AMATERAS SPACE」
2024年3月13日(木)に明治大学・御茶ノ水キャンパスで第2回明治ビジネスチャレンジ(明治ビジチャレ)が明治大学経営学部主催で行われました。 明治大学の各…
(2024/3/13)
Coral Capitalが虎ノ門ヒルズで「Startup Aquarium 2024」を開催。VCが大規模キャリアイベント
ベンチャーキャピタルのCoral Capitalが主催する「Startup Aquarium 2024」が2024年3月2日(土)に虎ノ門ヒルズで開催されま…
(2024/3/2)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】