注目のスタートアップ

科学的介護ソフト「Rehab Cloud」を提供する「Rehab for JAPAN」が10億円調達

company

2024年2月16日、株式会社Rehab for JAPANは、総額10億円の資金調達を実施したことを発表しました。

Rehab for JAPANは、科学的介護ソフト「Rehab Cloud(リハブクラウド)」や、オンライン介護リハビリサービス「Rehab Studio(リハブスタジオ)」を提供しています。

「Rehab Cloud」は、介護現場の事務作業を低減すると同時に、利用者ごとに最適な目標・運動プログラムを自動提案する機能によりリハビリテーション業務における質や付加価値の向上を実現するサービスです。

2024年4月から、介護請求ソフト「Rehab Cloud レセプト」の提供開始を予定しています。これにより多様な業務の一元管理が可能な介護ソフトへの進化を図ります。

今回の資金は、「Rehab Cloud」のさらなる販売促進、事業拡大に伴う組織拡充、採用強化に充当する予定です。


科学的介護とは、科学的裏付け(エビデンス)にもとづく介護のことです。

厚生労働省は、2021年度の介護保険法改正にあわせ、新たに「科学的介護情報システム(LIFE)」というシステムを構築しました。

このLIFEは、介護サービス利用者の状態や、ケアの計画・内容を入力することでデータベースに蓄積されます。介護事業者はこの蓄積されたデータを活用することで、エビデンスにもとづいた質の高い介護を実施することができます。

Rehab for JAPANが提供する「Rehab Cloud」は、こうした科学的介護の実施をサポートし、同時にデジタル化によって業務効率化を実現するクラウドサービスです。

要介護者は今後も増加することが予測されるため、介護現場では事務作業などの負担軽減や、リハビリ業務の効率化、介護の質向上などがより一層重要となってきます。

「Rehab Cloud」は、こうした介護現場を総合的にサポートするサービスとしてさらなる成長が期待されます。

人手不足が深刻になってきている中、業務効率化は多くの企業で喫緊の課題となっています。創業期はなにもない状態からはじまるため、最新のシステムを導入するのにうってつけです。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備について詳しく解説しています。

また、事業の成長のためには資金調達も重要です。「資金調達手帳」では、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BtoB Rehab Cloud Rehab for JAPAN Rehab Studio デイサービス リハビリ リハビリテーション 介護 提案 支援 株式会社 業務効率化 機能訓練 機能訓練業務 現場 科学的介護 自動 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

不動産仲介業者向けDXツール「速いもんシリーズ」を提供する「iimon」が4億円調達
2022年7月28日、株式会社iimonは、4億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社ファブリカコミュニケーションズです。また、ファブリカコミュニケーションズとは業務提携契約を…
自然保全活動に対する資金循環を生み出す森林評価プラットフォームを構築する「sustainacraft」が9,000万円調達
2022年3月8日、株式会社sustainacraftは、9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、インクルージョン・ジャパン株式会社の「ICJ2号ファンド」です。 東南アジア…
ジェネレーティブAIによりリード化合物の探索・最適化プロセスを加速させる創薬AIプラットフォーム「DATAGRID DrugFinder」(β版)が3/1から提供開始
2023年2月17日、株式会社データグリッドは、「DATAGRID DrugFinder」を開発し、2023年3月1日から提供を開始することを発表しました。 「DATAGRID DrugFinder」…
契約書レビューAIクラウド「LeCHECK」提供の「リセ」が5.5億円調達
2021年11月24日、株式会社リセは、総額5億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 契約書レビューAIクラウド「LeCHECK(リチェック)」を開発・提供しています。 「LeCHE…
応援型アートプラットフォーム「IMAJIN(仮)」を開発する「Porro」が資金調達
2022年7月1日、株式会社Porroは、資金調達を実施したことを発表しました。 Porroは、応援型アートプラットフォーム「IMAJIN(仮)」を開発しています。 月額メンバーシップを通じ、熱心なフ…

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】