注目のスタートアップ

従来の石油由来製品を代替する芳香族系バイオプラスチック原料の製造技術を開発する「グリーンケミカル」が1.7億円調達

company

2024年2月2日、株式会社グリーンケミカルは、総額1億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

グリーンケミカルは、非可食バイオマス資源を原料に、従来の石油由来製品を代替する芳香族系バイオプラスチック原料の製造技術を開発しています。

東京工業大学と東北大学との共同研究によって開発中の触媒と生産技術により、非可食バイオマス資源である糖から有用な芳香族系化合物であるHMF(5-ヒドロキシメチルフルフラール)を高純度で製造することを目指しています。

HMFを中間体として、PET(ポリエチレンテレフタレート)のバイオマス代替品であるPEF(ポリエチレンフラノエート)の原料FDCA(フランジカルボン酸)を製造することが可能です。

今後、HMFとFDCAのスケールアップ製造や、HMFから変換できる高付加価値製品の製造技術開発に取り組みます。

今回の資金は、事業開発・研究開発加速のための新規人材採用に充当します。


プラスチックは、安価、腐食しない、軽い、複雑な形状を作れるといった複数のメリットのため、現代社会において不可欠な素材として普及しています。

一方で、プラスチックは石油由来の原料を使用しており、将来的には資源の枯渇が懸念されます。

また、近年では、マイクロプラスチック問題やリサイクルの課題、そして製造から廃棄に至るまでのプロセスにおける環境負荷が指摘され、より持続可能で環境に優しい社会を構築するためには、プラスチック利用の転換が必要であると指摘されています。

こうした中で注目されているのが、植物などの再生可能なバイオ資源を原料とするバイオプラスチックです。

バイオプラスチックは、原料が再生可能であるため枯渇のリスクがない、生分解性を有したバイオプラスチックの場合は海洋汚染などの問題を解決できるといったメリットがあります。

一方で、製造コストが高い、原料によっては輸入に頼る場合があるといった課題を抱えており、普及にはまだハードルがあります。

グリーンケミカルの技術は、非可食バイオマス資源である糖からHMFを高純度で製造できる技術です。

非可食バイオマス資源である糖(パルプ糖、籾殻糖、バガス糖など)は未利用資源として世界各地に豊富に存在することから、糖からバイオプラスチックを製造することで、より多くの国において、未利用資源を有効活用しながらも、脱プラスチック・カーボンニュートラルを実現することが可能です。

事業のさらなる成長のためには戦略的な資金調達や、シナジーの見込める企業との提携が重要です。シリーズ発行累計200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ FDCA HMF PEF カーボンニュートラル グリーンケミカル バイオプラスチック バイオマス資源 代替 原料 技術 未利用資源 株式会社 石油 製品 製造 触媒 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

お魚のサブスクリプションサービス「フィッシュル」を運営する「ベンナーズ」が8,000万円調達
2023年1月4日、株式会社ベンナーズは、総額8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ベンナーズは、お魚のサブスクリプションサービス「フィッシュル(Fishlle!)」を運営しています…
危機・不審行動検知ソリューションを展開する「アースアイズ」が「初田製作所」と資本業務提携
2022年11月17日、アースアイズ株式会社は、株式会社初田製作所と、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 アースアイズは、防犯や事故防止を目的としたAI搭載カメラシステムの開発・販売や、危…
動画配信プラットフォームサービスを提供する「PLAY」が「WOWOW」と資本業務提携
2023年3月31日、株式会社PLAYは、株式会社WOWOWと資本業務提携、株式会社TBSホールディングス、およびテレビ東京ホールディングスと資本提携を行ったことを発表しました。 PLAYは、OTT配…
フードデリバリーの一括検索アプリ「done!」を運営する「いえメシ」が資金調達
2023年2月24日、株式会社いえメシは、資金調達を実施したことを発表しました。 いえメシは、フードデリバリーの一括検索アプリ「done!(ダン)」を開発・提供しています。 フードデリバリーサービスや…
民泊支援の「matsuri technologies」が資金調達
2021年2月26日、matsuri technologies株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 以下の事業などを展開しています。 ・民泊向けPMS「m2m Systems」 ・無人チ…

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】