注目のスタートアップ

Z世代向け結婚準備アプリ「ウェディングニュース」を運営する「オリジナルライフ」が4.8億円調達

company

2024年1月29日、オリジナルライフ株式会社は、総額約4億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

オリジナルライフは、Z世代向け結婚準備アプリ「ウェディングニュース」を運営しています。

プロポーズ前、入籍、新生活、結婚式、ハネムーンまで、新婚生活をトータルでナビゲートしています。

約1万組にのぼるカップルの結婚式レポートや先輩花嫁が作成する独自コンテンツを48の段取りに沿い、最適なタイミングで配信することを特徴としています。

アプリ・Webサービスを軸に結婚式場マッチングサービスを展開するほか、結婚式場向けの顧客管理SaaS「ラクーダウェディング」を提供しています。

2024年度は、指輪領域での本格的なサービス展開を開始します。

今回の資金調達により、既存ビジネス(結婚式場マッチング)の全国展開、既存顧客に向けた複数領域のサービス提供などを進めます。


若年層人口の減少により結婚件数の減少が続いています。ピークだった1972年の婚姻件数は約110万組だったのですが、2018年には過去最低を更新し、約58.6万組にまで減少しました。

結婚式場の運営を主たる事業とするブライダル業界としては、結婚件数の減少は収益の低下に直結する大きな課題です。

また、コロナ禍では結婚式を挙げるカップルが減少した一方で、フォトウェディングが注目を集めるなど、新たな領域への取り組みなども重要視されています。

ほかにも、結婚式やその他ブライダル産業はこれまで不透明な段取りや契約などでやってきた部分がありましたが、昨今はSNSの普及によってこういった部分も広く共有されるようになってきており、ブライダル産業では適切なおもてなしや透明性の確保などが重要な要素となってきています。

こうした中、オリジナルライフは、結婚準備アプリ「ウェディングニュース」の運営を通じ、結婚・結婚式の素晴らしさを伝えると同時に、結婚式場の集客やブライダル産業の業務効率化などに貢献しています。

ビジネスの大きな成長のためには戦略的な資金調達や、シナジーの見込める企業との提携が必要です。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるための方法など、資金調達のノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BtoB SaaS Z世代 アプリ ウェディング ウェディングニュース オリジナルライフ カップル ブライダル マッチング マッチングサービス 冠婚葬祭 株式会社 準備 結婚 結婚式 資金調達 顧客管理
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

フードデリバリー「menu」 「auスマートパスプレミアム」会員の配達料を無料に
2022年6月1日、menu株式会社は、「auスマートパスプレミアム」の会員向けに、「menu」利用時の配達料が無料になるサービスを開始したことを発表しました。 menuは、フードデリバリーサービス「…
冷凍宅配幼児食「mogumo」を展開する「Oxxx」が1.3億円調達
2023年6月28日、株式会社Oxxxは、総額約1億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Oxxxは、冷凍宅配幼児食「mogumo」や、EC運営代行事業を手がけています。 「mogu…
VCの「Angel Box」がベトナムの医師と患者向け医療アプリ「MEQUY」を開発する「Lea Bio」に出資
2022年5月13日、株式会社Angel Boxは、Lea Bio株式会社に出資したことを発表しました。 Lea Bioは、ベトナムの医師と患者向け医療アプリ「MEQUY」を開発しています。 来院する…
リモートワーカーのための求人・情報メディア「テレラボ」展開の「Drafty」が4,500万円調達
2021年9月27日、株式会社Draftyは、総額4,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 リモートワーカーのための求人・情報メディア「テレラボ」を運営しています。 リモート枠特化の求人…
空間データプラットフォーム「Spacely」を提供する「スペースリー」に「大和ハウスベンチャーズ」が出資
2024年5月2日、大和ハウスグループの大和ハウスベンチャーズ株式会社は、大和ハウスグループ共創共生1号投資事業有限責任組合(シナジーファンド)からの出資1号案件として株式会社スペースリーを選定したこ…

大久保の視点

IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】