注目のスタートアップ

農家向け脱炭素施策の収益化やカーボンクレジットの流通サポートを手がける「フェイガー」が3.4億円調達

company

2023年12月6日、株式会社フェイガーは、総額3億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

フェイガーは、農家向け脱炭素施策の収益化と、カーボンクレジットの流通サポートを手がけています。

主に水田の中干し期間延長(水マネジメントによって水田から排出されるメタンを抑制する手法)を通じ、農家と共同で脱炭素農業を推進し、その成果をクレジット化し収益を農家に還元しています。

また、脱炭素に取り組む生産者の「顔が見れるクレジット」として企業に提供し、PRなども含めた価値提供を行っています。

今回の資金は、国内チームの拡大、海外展開チームの強化に充当します。

今後、東南アジアを中心とした海外展開の加速、品質・収穫量の維持・拡大、高品質なカーボンクレジットの生成・販売のための構築などを推進していきます。


SDGs(持続可能な開発目標)の推進により、さまざまな領域で環境負荷の低い取り組みへの転換が求められています。

世界の農林業由来のGHG(温室効果ガス)排出量は、約120億トン(CO2換算)であり、これは全人為起源のGHG排出量の約4分の1の量にのぼります。

現代農業のプロセスの多くは機械化されており、化石燃料を多く使用しているほか、ビニールハウスでも燃料を消費しています。

また、水田は二酸化炭素(CO2)よりも高い温室効果を有するメタンガスを排出することで知られており、水田の多い日本では水田のGHG排出削減が重要な取り組みとなっています。

水田においては稲の生長期間中に水田の水を抜いて土壌に酸素を供給する中干し(土用干し)というプロセスがメタンガス排出の抑制に有効であることがわかっています。また、中干しは稲の根腐れの防止、過剰な分蘖(ぶんげつ)の抑制など、稲の健全な生長のためにも重要なプロセスです。

こうした中で、メタンガス排出の抑制と、収量・品質向上のバランスを取りながら、どちらの効果も最大化させるような中干し手法・期間の確立は、水田の脱炭素経営のために重要な取り組みといえます。

フェイガーは、主に水田の中干し期間延長を通じ、農家の脱炭素経営の推進と、施策のカーボンクレジット化を通じた収益化を手がけ、農家の新たな経営をサポートしています。

企業の成長には戦略的な資金調達や、シナジーの見込める企業との提携が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウや、融資を受けるためのノウハウなど詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BtoB GHG カーボンクレジット フェイガー メタン抑制 メタン排出削減 中干し期間延長 株式会社 水田 温室効果ガス 生産者 脱炭素 資金調達 農家
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

生産・物流・販売まで一気通貫で取り組む農産物輸出事業などを展開する「日本農業」が11億円調達
2022年6月29日、株式会社日本農業は、総額約11億円の資金調達を実施したことを発表しました。 日本農業は、農産物輸出・品種知財輸出・輸出コンサルティングといった輸出事業、自社園地の運営・生産指導・…
ROASベースの広告効果の可視化を実現する「ROASタグ」がリリース
2022年7月29日、株式会社KIYONOは、「ROASタグ」をリリースしたことを発表しました。 「ROASタグ」は、Webサイトにタグを設置することで、ROASベースの広告効果の可視化を実現するサー…
法定点検の報告書作成SaaS「点検エキスパート」を展開する「WAVE1」が「ショーケース」と資本業務提携
2023年2月10日、株式会社WAVE1は、株式会社ショーケースと資本業務提携し、防災DXを推進するバーティカルSaaSを共同開発することを発表しました。 WAVE1は、マンションやオフィスビルなどの…
パワーポイント(スライド)を最短30秒でWebサイトに変換するSaaS「Slideflow」がリリース
株式会社デジタルレシピは、「Slideflow(スライドフロー)」の法人提供を2022年3月18日から開始したことを発表しました。 「Slideflow」は、パワーポイント(PowerPoint)もし…
「テラドローン」と「エアモビリティ」が「空飛ぶクルマ」の社会実装に向けて業務提携
2021年1月8日、テラドローン株式会社は、エアモビリティ株式会社と、「空飛ぶクルマ」の社会実装の早期実現に向けて業務提携することを発表しました。 テラドローンは、空撮、測量、点検、データ分析、運行管…

大久保の視点

Coral Capitalが虎ノ門ヒルズで「Startup Aquarium 2024」を開催。VCが大規模キャリアイベント
ベンチャーキャピタルのCoral Capitalが主催する「Startup Aquarium 2024」が2024年3月2日(土)に虎ノ門ヒルズで開催されま…
(2024/3/2)
優勝はブラジルから参加のBVC中山充さん!2/26 起業家プレゼン&交流大会「ライトニングトーク東京」
2024年2月26日、創業手帳主催のショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オンリーワンのサービスやストーリーを…
(2024/2/26)
2/5 JSSA日本スタートアップ支援協会ピッチ大会:最優秀賞はがんリスク検査のセルクラウド中島 謙一郎さん
一般社団法人日本スタートアップ支援協会が主催する「The JSSA TOKYO Pitch Award & Meetup Vol.33」が2024…
(2024/2/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】