注目のスタートアップ

モバイル胎児モニターを核とした周産期遠隔医療プラットフォームを展開する「メロディ・インターナショナル」が1.1億円調達

company

2023年11月29日、メロディ・インターナショナル株式会社は、総額1億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

メロディ・インターナショナルは、モバイル胎児モニターを核とした周産期遠隔医療プラットフォームを展開しています。

モバイル胎児モニター「分娩監視装置iCTG」と、遠隔医療プラットフォーム「Melody i」により、胎児の健康状態を医師・妊婦が遠隔で知ることができる仕組みを提供しています。

「分娩監視装置iCTG」は、胎児の心拍と妊婦のお腹の張りを病院や自宅などで測ることができるワイヤレス分娩監視装置です。妊婦のお腹にセンサーを当てることで計測が可能です。データはインターネット経由でクラウドサーバーにアップされ、どこでもいつでもリアルタイムに閲覧でき、長期間アーカイブされます。

「Melody i」は、計測した結果を自動的にクラウドサーバー経由で医師に送信する、医療従事者と妊婦をつなぐコミュニケーションプラットフォームです。また、医師・妊婦だけでなく、クリニックから周産期センターへのデータ連携や、母体搬送中のデータのリアルタイム共有なども可能にします。


周産期医療は、産科医不足による産科閉鎖、混合病棟化、ハイリスク妊産婦・ハイリスク新生児への対応など、複数の課題に直面しています。

周産期医療の体制整備は、少子化対策の観点からも重要であり、安心して出産にのぞめる環境の実現に向けた取り組みが進められています。

産科医不足は、産科・産婦人科を専攻する医師の減少、新生児医療専攻の医師の少なさ、医師の都市部への集中など複数の要因があります。

日本の周産期医療は高度で質の高いものですが、産科医不足などによって地方では医療格差が生じています。

こうした医師不足や医療格差を解決するものとして遠隔医療が注目されています。

これまで遠隔医療はその利便性が注目されていたものの、なかなか現場への導入にはつながりませんでした。

しかしコロナ禍によって遠隔医療の重要性が広く周知され、遠隔医療の導入が進みつつあります。

こうした中、メロディ・インターナショナルは、モバイル胎児モニター「分娩監視装置iCTG」と遠隔医療プラットフォーム「Melody i」により、周産期遠隔医療の実現・普及に貢献しています。

遠隔医療は国内だけでなく海外の国々の課題解決にも資するものであり、今後のさらなる成長が期待されます。

企業・事業の成長には戦略的な資金調達やシナジーのある企業との提携が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BtoB Melody i コミュニケーション センサー データ プラットフォーム モニター モバイル ワイヤレス 健康状態 分娩監視装置iCTG 医師 医療従事者 妊婦 株式会社 病院 監視 胎児 装置 資金調達 遠隔 遠隔医療
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

AIを活用した長時間心電図解析ソフトウェア「SmartRobin AI」を提供する「カルディオインテリジェンス」が2億円調達
2022年11月22日、株式会社カルディオインテリジェンスは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 直近では、2022年8月15日に総額4億3,000万円の資金調達を発表しています。 カ…
軽貨物と荷主のマッチング・プラットフォームなど運営の「CBcloud」が12.4億調達
2019年8月8日、株式会社CBcloudは、総額約12億3,900万円の資金調達を実施したことを発表しました。 軽貨物と荷主を即時につなぐマッチングプラットフォーム「PickGo」や、AIやブロック…
「bazzar」がモノが即時に現金に変わるアプリ「MonoMoney(モノマネ)」をリリース
2020年7月27日、株式会社bazzarは、「MonoMoney(モノマネ)」をリリースしたことを発表しました。 「MonoMoney」は、モノが即時に現金に変わるアプリです。 売りたいモノをスマー…
感覚過敏の啓蒙活動や企画開発・研究の「感覚過敏研究所」展開などの「クリスタルロード」が1,700万円調達
2021年7月15日、株式会社クリスタルロードは、総額1,700万円の資金調達を実施したことを発表しました。 2018年12月に、加藤路瑛氏が12歳で創業したスタートアップです。 感覚過敏の課題解決の…
コラボレーション・ツール提供の「ヌーラボ」が資金調達
2020年3月3日、株式会社ヌーラボは、資金調達を実施したことを発表しました。 プロジェクト管理ツール「Backlog(バックログ)」や、ビジュアル・コラボレーション・ツール「Cacoo(カクー)」、…

大久保の視点

Coral Capitalが虎ノ門ヒルズで「Startup Aquarium 2024」を開催。VCが大規模キャリアイベント
ベンチャーキャピタルのCoral Capitalが主催する「Startup Aquarium 2024」が2024年3月2日(土)に虎ノ門ヒルズで開催されま…
(2024/3/2)
優勝はブラジルから参加のBVC中山充さん!2/26 起業家プレゼン&交流大会「ライトニングトーク東京」
2024年2月26日、創業手帳主催のショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オンリーワンのサービスやストーリーを…
(2024/2/26)
2/5 JSSA日本スタートアップ支援協会ピッチ大会:最優秀賞はがんリスク検査のセルクラウド中島 謙一郎さん
一般社団法人日本スタートアップ支援協会が主催する「The JSSA TOKYO Pitch Award & Meetup Vol.33」が2024…
(2024/2/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】