注目のスタートアップ

風を3次元に可視化する小型・高性能ドップラーライダーシステムを保有する「メトロウェザー」が7億円調達

company

2022年4月11日、メトロウェザー株式会社は、総額約7億円の資金調達を実施したことを発表しました。

メトロウェザーは、風を3次元に可視化する小型・高性能ドップラーライダー「Wind Guardian」を保有しており、風況(風の吹き方)を立体的に把握・可視化することで、風の課題を解決することを目指しています。

具体的には、ドップラーライダーの活用により、ドローンの運航に必要不可欠となるリアルタイムでの高精細風況情報の提供を目指しています。

また、独自の気象予測シミュレーションを組み合わせ、都市防災・風力発電・航空・海運・鉄道領域などへの参入も考えています。

今回の資金は、海外展開も視野に入れた組織体制の構築、さらなる事業展開の加速に充当されます。

ドップラーライダーとは、赤外線レーザーにより、微粒子(エアロゾル)の散乱光を受信し、ドップラー効果に寄る周波数の偏移を観測することで、対象の移動速度・向きを計測する技術/システムのことです。

メトロウェザーは、京都大学において約30年にわたる大型レーダーの研究で培われた技術により、小型・高性能・低価格化を実現したドップラーライダー「Wind Guardian」を開発しました。

最大で半径15kmの範囲を計測することができ、さらにドップラーライダーから離れた地点にある風況を同時に測ることも可能となっています。これにより、都市の風況をリアルタイムに可視化し、ドローンなどの無人エアモビリティのレベル4の運航(有人地帯での目視外飛行)を実現することを目指しています。

ドローンが飛行する地上付近の空は風の乱れが多いため、安全で正確な運航が困難な状況にあります。リアルタイムで風況が可視化されることにより、ドローンは安全な場所を選んで運航することが可能になるのです。

プロダクトの開発には多くの資金が必要となります。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、融資だけではなく、ベンチャー・キャピタルから出資を受ける方法や、クラウドファンディングを成功させる方法など、資金調達に関するノウハウを紹介しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Wind Guardian シミュレーション ドップラーライダー ドローン メトロウェザー リアルタイム 可視化 株式会社 資金調達 風況
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

音声配信プラットフォーム運営の「Radiotalk」が3億円調達
2020年10月19日、Radiotalk株式会社は、総額約3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 1タップで始められる音声配信プラットフォーム「Radiotalk」を運営しています。 配信者…
家庭用プラズマ美顔器「Un」の「傳心堂」が6,300万円調達
2021年9月1日、株式会社傳心堂は、総額6,3000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 先端技術を活用した美容機器の開発を行うビューティーテックベンチャーです。 プラズマ美顔器「Un(アン…
感覚過敏の啓蒙活動や企画開発・研究の「感覚過敏研究所」展開などの「クリスタルロード」が1,700万円調達
2021年7月15日、株式会社クリスタルロードは、総額1,700万円の資金調達を実施したことを発表しました。 2018年12月に、加藤路瑛氏が12歳で創業したスタートアップです。 感覚過敏の課題解決の…
尿によるがんの早期発見技術を開発する「Craif」が資金調達
2021年11月2日、Craif株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 尿を利用したがんの早期発見技術の確立のための研究開発を行う名古屋大学発ベンチャー企業です。 酸化亜鉛ナノ構造体とマイ…
エッジAIのアルゴリズムを提供する「エイシング」が3億円調達
2019年11月20日、株式会社エイシングは、総額約3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 エッジAIにおいて、導入機器側でのリアルタイムな自律学習・予測を可能にするAIアルゴリズム「ディープ…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ