注目のスタートアップ

落とし物クラウドを提供する「find」が7,500万円調達

company

2023年5月19日、株式会社findは、総額7,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。

findは、落とし物クラウド「find(ファインド)」を開発・提供しています。

落とし物にまつわる課題を解決するデータプラットフォームです。

落とし物をした人は、いつ・どこで・何をという情報を入力することで、自身の落とし物が施設に届いているかどうかを確認でき、受け取りの連絡をすることができます。

鉄道や商業施設は「find」を導入することで、落とし物に関する業務効率化を実現することができます。

あらゆる場所・施設の落とし物データが集まるプラットフォームとして、情報だけでなく、配送・保険・二次流通など、落とし物に関するあらゆる課題を解決するサービスを目指します。

2023年2月から京王電鉄への実証実験を通して初期サービスのブラッシュアップを行い、2023年5月から正式に導入されています。

今回の資金は、他社への本格展開に向けた、サービス開発やオペレーションの構築などに充当します。


警視庁が公表している「遺失物取扱状況(令和4年中)」によれば、2022年における財布類の取得届点数は30万6,474点であり、遺失届点数は32万5,983点となっています。このデータから、失くした財布のほとんどが拾われ、落とし主に届けられていることが明らかになっています。

鉄道駅は多くの人が利用するため、落とし物が多い傾向にあります。しかし、ほとんどの鉄道会社は、落とし物を管理するための仕組みや業務を整備しています。また、一部の駅では、多言語対応のタブレットが窓口に備えられており、海外の利用者の落とし物も見つかるような体制が整えられています。

落とし物が返されるという日本の施設や文化は、海外の人々に高く評価されており、暮らしやすさを維持する上で重要な要素です。

一方で、落とし物に関連する業務は、施設の担当者が拾得物の場所や届け出者の情報を聞き取り、落とし物の写真を撮影し、書類を作成して所定の期間内に警察に引き継ぐという手間のかかる業務となっています。これは鉄道会社や商業施設、警察にとって大きな負担となっており、効率化の重要性がますます高まっています。

また、落とし物を見つけた人も手続きに時間がかかることから、見つけた落とし物を無視するというケースも存在します。したがって、落とし物の管理が効率化されれば、こうした課題も解決される可能性があります。

株式会社findのコメント

このニュースを受けまして、株式会社find 代表取締役 高島彬氏よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

本格市場導入に向けたプロダクトの開発、サービス運用。

・今後の展望を教えてください。

落とし物に関する皆さまの社会インフラになるべく、一歩ずつ頑張ります。

・読者へのメッセージをお願いします。

落とし物の課題を解決するユニークなスタートアップです。日本の文化をテクノロジーで底上げするサービスにしていきたいと考えています。応援いただけたら幸いです。

創業期はコストなどの面からすべての業務をシステム化することは難しいかもしれません。そのため負担の大きい業務に絞って効率化することが重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ find クラウド ファインド 商業施設 株式会社 自治体 落とし物 資金調達 遺失物 鉄道
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

体験型セレクトショップ「newme」運営の「テックアット」が中国進出支援事業を展開する「キレイコム」と資本業務提携
2022年11月27日、株式会社テックアットは、株式会社キレイコムと、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 テックアットは、“女性の好き”が集まる体験型セレクトショップ「newme(ニューミ…
IT領域に強い即戦力人材の複業マッチングサービス「SOKUDAN」を運営する「CAMELORS」が1.5億円調達
2023年9月7日、CAMELORS株式会社は、総額1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 CAMELORSは、IT領域に強い即戦力人材を最速で獲得できる複業マッチング「SOKUD…
調剤薬局・零売薬局・訪問看護などを展開する「GOOD AID」が3億円調達
2022年4月28日、GOOD AID株式会社は、総額約3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 GOOD AIDは、2022年5月現在、調剤薬局「おだいじに薬局」を26店舗と、子会社であるセル…
AIを活用した経費精算ソリューション「SAPPHIRE」を提供する「Miletos」が5.5億円調達
2023年12月4日、Miletos株式会社は、総額約5億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Miletosは、AIを活用した経費精算ソリューション「SAPPHIRE」を提供してい…
ノンデスク産業向けSaaS・プラットフォームを提供する「X Mile」が18億円調達
2024年1月17日、X Mile株式会社は、総額約18億円の資金調達を実施したことを発表しました。 X Mileは、物流業界向けの人材採用システム「クロスワーク」、運送業界に特化した業務改善・経営支…

大久保の視点

2/5 JSSA日本スタートアップ支援協会ピッチ大会:最優秀賞はがんリスク検査のセルクラウド中島 謙一郎さん
一般社団法人日本スタートアップ支援協会が主催する「The JSSA TOKYO Pitch Award & Meetup Vol.33」が2024…
(2024/2/5)
第4回 FRAX TOKYOが1/18~1/20に開催:創業手帳の大久保幸世も登壇・フランチャイズビジネスの総合展が活況
「第4回 FRAX TOKYO」が2024年1月18日(木)から20日(土)にかけて開催されました。 このビジネスイベントは、日本最大の見本市主催会社・RX…
(2024/1/20)
事業創造カンファレンス「01Booster Conference 2023」が経団連ホールで12/26に開催
株式会社ゼロワンブースター主催のカンファレンス「01Booster Conference 2023」が、2023年12月26日(火)に開催されました。 事業…
(2023/12/26)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】