注目のスタートアップ

「Sales Navi」が1.7億円調達 AIコーチにより営業指導をサポートする営業標準化システム「Sales Navi」を正式リリース

company

2023年3月15日、株式会社Sales Naviは、1億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

また、営業標準化システム「Sales Navi」を正式リリースしたことも併せて発表しました。

「Sales Navi」は、AIコーチが対話形式でセールスインサイトを営業パーソンに投げかけ気づきを促すことで、営業活動を標準化し、成果へとナビゲートするサービスです。

各業界の現役トップセールスが日々の活動で実践しているノウハウ・習慣・心構えなどを言語化・体系化し、AIコーチにプログラミングしています。

今回の資金は、営業体制の強化、開発体制の強化に充当します。


コロナ禍により営業においてもオンライン化が進み、営業を支援する各種デジタルツールが多数登場しています。

中でもAIは、これまで難しかった、会話の可視化・定量化(数値化)を実現するため、会話によるコミュニケーションを主とする営業において大きな力を発揮します。

たとえば、実際の顧客との会話を可視化・定量化し、それをもとにより良い業務の実現や、人材育成につなげることができます。

また、これまでの足で稼ぐ営業は、営業パーソンそれぞれのスキルに頼る割合が高く、ノウハウが属人化し、営業が組織として成長できないということが課題となっていました。

デジタルツールを活用する営業では、こうした従来型の営業が抱える課題を解決することも目的としており、たとえば組織のトップセールスの会話のノウハウを可視化し、それを組織として浸透させていくといったサービスも登場しています。

株式会社Sales Naviのコメント

このニュースを受けまして、株式会社Sales Naviよりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

当社は、営業標準化システム『Sales Navi』を通じて個々の営業パーソンに適した「営業の道しるべ」を提供することにより、誰もが成果をあげることができる社会の実現を目指し、事業を展開しています。

この度投資いただいた資金は、弊社の既存のお客様をはじめとして、これから『Sales Navi』をご検討いただくお客様の窓口になる営業体制強化、ならびに、『Sales Navi』をご導入いただく全てのお客様に最適なセールスイネーブルメント体験を提供するための開発体制強化に投資してまいります。

・今後の展望を教えてください。

「Sales Navi が営業職にとってのインフラになること」が大きな目標です。

営業には今まで体系化された教科書がなく、先輩や上司のやり方を見て学ぶ世界でした。

意外にも、Sales Navi のようなインフラは有るようでありませんでした。

Sales Navi はいずれ、営業職にとって無くてはならないツールになると思っています。

Sales Navi が営業の道しるべを創り続けます。

・読者へのメッセージをお願いします。

世の中に営業活動を「管理」するためのツールはたくさんありますが、営業現場からは「営業活動の正解を知りたい」「最適な営業指導を行いたい」という要望が寄せられています。私たちのサービスは「営業管理」に留まらず、「営業指導」までサポートできる今までにないサービスです。

Sales Navi は関西、そして日本を代表する企業になることを目指しています。

これから『Sales Navi』が営業の道しるべを創り、誰もが成果をあげることのできる社会の実現に貢献してまいります。

ご興味をお持ちの方がいらっしゃいましたら、是非下記 URL より詳細をご覧いただければ幸いです。

https://www.salesnavi.co.jp/

営業は企業の売上を向上させるために必要な業務です。しかし、リソースの足りない創業期は満足できる営業ができないかもしれません。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、少しでも営業の成功率を上げるため、営業ツールの導入や、販路開拓の方法などのノウハウを提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI Sales Navi コーチ コーチング サポート セールス セールスイネーブルメント 商談 営業 対話 指導 株式会社 標準化 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

内視鏡の画像診断支援AIを開発する「AIメディカルサービス」が80億円調達
2022年4月26日、株式会社AIメディカルサービスは、総額80億円の資金調達を実施したことを発表しました。 がん関連病変の内視鏡検査で、専門医の診断を支援するAIシステムを開発しています。 2022…
創業時の資金調達をシミュレーション・トレーニングで学ぶ「『バンカーゲーム』~スタートアップの資金調達体験ゲーム~」が12/9に開催
創業手帳株式会社は、「『バンカーゲーム』~スタートアップの資金調達体験ゲーム~」を2020年12月9日に開催することを発表しました。 「『バンカーゲーム』~スタートアップの資金調達体験ゲーム~」は、創…
「DRONE FUND」がエアモビリティを活用したマラリア対策事業やラストマイル配送などに取り組む「SORA Technology」に出資
2023年3月15日、DRONE FUNDは、3号ファンドを通じてSORA Technology株式会社に出資を実行したことを発表しました。 SORA Technologyは、ドローンを中心としたエア…
データプラットフォーム「AirLake」などを提供する「DATAFLUCT」が「全日本食品」と資本業務提携
2023年6月7日、株式会社DATAFLUCTは、全日本食品株式会社と資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 DATAFLUCTは、企業のデータ基盤構築やデータ利活用を推進するデータプラットフ…
「NGA」が8,800万円調達 次世代AI採用アプリ「HelloBoss」β版をリリース
2022年8月18日、株式会社NGAは、総額8,800万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、本田圭佑氏が率いる個人ファンド「KSK Angel Fund LLC」などです。 また、資…

大久保の視点

Coral Capitalが虎ノ門ヒルズで「Startup Aquarium 2024」を開催。VCが大規模キャリアイベント
ベンチャーキャピタルのCoral Capitalが主催する「Startup Aquarium 2024」が2024年3月2日(土)に虎ノ門ヒルズで開催されま…
(2024/3/2)
優勝はブラジルから参加のBVC中山充さん!2/26 起業家プレゼン&交流大会「ライトニングトーク東京」
2024年2月26日、創業手帳主催のショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オンリーワンのサービスやストーリーを…
(2024/2/26)
2/5 JSSA日本スタートアップ支援協会ピッチ大会:最優秀賞はがんリスク検査のセルクラウド中島 謙一郎さん
一般社団法人日本スタートアップ支援協会が主催する「The JSSA TOKYO Pitch Award & Meetup Vol.33」が2024…
(2024/2/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】