注目のスタートアップ

太陽光発電開発事業などを展開する「エコスタイル」が「みずほリース」と資本業務提携

company

2023年3月1日、株式会社エコスタイルは、みずほリース株式会社と、資本業務提携に関する契約を締結したことを発表しました。

エコスタイルは、太陽光発電所用地の収集・開発から、EPC(設計・調達・建設)、O&M(運営・保守)、電力供給をワンストップで提供しています。

総合リース業を展開するみずほリースとは、2022年5月17日と2022年9月20日に公表した「自己託送方式による低圧・分散型太陽光発電設備を通じた再生可能エネルギー調達」、「自己託送方式による低圧・分散型太陽光発電設備の稼働開始について」などの取り組みで協業を行ってきました。

今回の提携により一層連携を強化し、協働して再生可能エネルギー由来の電力需要家のニーズを捉え、発電所の開発・発電設備の施工を行い、電力需要家に対し自己託送やコーポレートPPAを活用したスキームを提供します。


国連によってSDGs(持続可能な開発目標)が採択され、世界的にクリーンなエネルギーである再生可能エネルギーの普及に向けた取り組みが推進されています。

企業では、脱炭素化の取り組み(カーボンニュートラル)や、事業で使用する電力を100%再生可能エネルギーにするRE100といった取り組みが進んでいます。

企業において再生可能エネルギーを導入し環境価値として証明するにはいくつか方法があります。

もっともわかりやすいのは、自社の敷地内に太陽光発電設備を設置し、それを自家消費するという形です。

一方でこの方法は敷地が足りず、充分な量の電力を賄えない、設備設置の投資が必要となるといった課題があります。

そこで活用できるのが、オフサイトコーポレートPPAです。

オフサイトコーポレートPPAとは、再エネ電力の所有者であるデベロッパーなどと企業(電力を必要とする者、需要家)が、事前に合意した価格と期間において売買契約を結び、企業が保有する土地以外の場所(オフサイト)で発電された再エネ電力を企業に供給する方式のことです。

さらにオフサイトコーポレートPPAには、フィジカルPPAとバーチャルPPAがあります。

フィジカルPPAは、電力と非化石価値をセットで需要家に供給するものであり、バーチャルPPAは、電力は市場または小売電気事業者に供給し、非化石価値を需要家に供給するというものです。

フィジカルPPAのほうがシンプルな仕組みですが、発電所と需要地点が同一の電力エリアにないといけない、電力契約の変更が必要となるといった制限があります。

バーチャルPPAでは、環境価値を購入することで、既存の電力契約のまま再エネ比率をアップさせることが可能となるため、柔軟性のある運用が可能となります。

このように企業が求める再生可能エネルギーは多岐にわたるため、太陽光発電開発事業は、企業のニーズに応じた最適な形を提案することが求められています。

環境、社会、ガバナンスに配慮する企業に積極的に投資するESG投資が世界的に盛んとなってきています。こうした再エネ電力の契約などは、今後重要な取り組みとなっていくことが予測されます。「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受ける方法など、資金調達のノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ PPA エコスタイル オフサイトPPA コーポレートPPA みずほリース 再生可能エネルギー 太陽光発電 太陽光発電所 株式会社 資本業務提携
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

屋内空間専用の産業小型ドローン「IBIS」開発・提供の「Liberaware」が2.6億円調達
2020年4月27日、株式会社Liberawareは、総額約2億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 屋内空間専用の産業小型ドローン「IBIS(アイビス)」を開発・提供しています。 …
「ZENKIGEN」がマネージャーとメンバーの関係性を定量化する1on1改善サポートAI「revii」をリリース
2021年11月17日、株式会社ZENKIGENは、「revii(リービー)」の提供を開始することを発表しました。 「revii」は、動画解析AIにより、マネージャーとメンバーの関係性を定量化し1on…
現代アートのサブスクリプション・サービス運営の「Casie」が1億円調達
2020年4月15日、株式会社Casieは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 現代アートのサブスクリプション・サービス「Casie(かしえ)」を運営しています。 国内外のアーティスト…
個人のお金に関する情報をオープンにする「OpenMoney」運営の「JUKKI」が6,000万円調達
2022年2月9日、株式会社JUKKIは、総額約6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 個人のお金に関する情報をオープンにするサービス「OpenMoney」を運営しています。 登録する…
子ども向け金融教育サービス「manimo」開発の「MEME」と「GMOあおぞらネット銀行」が業務提携
2022年2月8日、株式会社MEMEは、GMOあおぞらネット銀行株式会社と業務提携契約を締結したことを発表しました。 MEMEは、子ども向け金融教育サービス「manimo(マニモ)」を開発しています。…

大久保の視点

Coral Capitalが虎ノ門ヒルズで「Startup Aquarium 2024」を開催。VCが大規模キャリアイベント
ベンチャーキャピタルのCoral Capitalが主催する「Startup Aquarium 2024」が2024年3月2日(土)に虎ノ門ヒルズで開催されま…
(2024/3/2)
優勝はブラジルから参加のBVC中山充さん!2/26 起業家プレゼン&交流大会「ライトニングトーク東京」
2024年2月26日、創業手帳主催のショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オンリーワンのサービスやストーリーを…
(2024/2/26)
2/5 JSSA日本スタートアップ支援協会ピッチ大会:最優秀賞はがんリスク検査のセルクラウド中島 謙一郎さん
一般社団法人日本スタートアップ支援協会が主催する「The JSSA TOKYO Pitch Award & Meetup Vol.33」が2024…
(2024/2/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】