注目のスタートアップ

小学生向けオンライン自習室を展開する「Herazika」が資金調達

company

2022年11月14日、株式会社Herazikaは、資金調達を実施したことを発表しました。

Herazikaは、小学生向けオンライン自習室「Herazika(ヘラズィカ)」を展開しています。

勉強を習慣化する時間帯を設定し、運営+小学生ユーザー5名と自動的にチームを編成し、互いに見守りながら各々の課題(宿題・読書など)を進めることで、集中する時間をつくり、勉強の習慣化を助けるサービスです。

オンライン自習室では、ビデオによって互いに見守りますが、顔・背景にぼかしがかかること、マイク機能はなしでメンバー同士で会話できないことを特徴としています。

年内中に大幅なリニューアルを予定しています。

人間の集中力はおよそ40分ほどで切れてくることが研究によってわかっています。また、小学生はさらに集中できる時間が短いといわれています。

学校で出された宿題は家などで取り掛かることになりますが、家にはテレビ・タブレット・ゲーム・本など気が散るものが多く存在しており、集中して勉強してくれないことを嘆く親というのは一般的な光景でもあります。

学生が集中して勉強するための場所としては、図書館・自習室などが利用されていますが、これらの空間が集中できるのは周囲にモノがないことと、周囲に同じく勉強している人が存在していることが理由であると考えられます。

とくに周囲に人間が存在していることは大きな効果があり、これは相互監視・同調圧力・ピアプレッシャーなどと呼ばれています。

マイナス要素が取り上げられがちな言葉ですが、適度なピアプレッシャーは、組織・仲間の間において、協調性や生産性の向上などをもたらします。

「Herazika」は、こうした自習室などで作用している効果をオンラインで再現したサービスです。

株式会社Herazikaのコメント

このニュースを受けまして、株式会社Herazikaよりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

プロダクトのリニューアルに必要な開発資金、またリニューアル後の販促費です。

・今後の展望を教えてください。

「もしも、この世から怠惰がなくなったら――」
この妄想を現実にするために、小学生に限らず全年代にサービスを提供していきます。
経済産業省が謳う「一億総学び」社会の到来にあたって、特に社会人向けの環境整備は急務だと感じています。

・読者へのメッセージをお願いします。

「やる気なんぞ豚にでも食わせておけ」
少し乱暴な言い方ではありますが、私がHerazikaを設計するにあたって大事にしている考え方です。

やる気というものは日々の調子や精神状態によって波があるものです。
この厄介なやる気に頼っていては、物事を習慣化することは非常に難しい。できる日もあれば、できない日もある。そして、悲しいかな、大概はできない時の方が多い。

物事を習慣化するにあたっては、コントロールの難しいやる気ではなく、サボれない仕組みに頼りましょう。

集中できる環境の整備は企業・組織における生産性の向上のためにも重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「リモートワーク手帳」では、生産性を上げるためのオフィスの作り方や、快適なリモートワーク環境を実現するツールについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Herazika オンライン自習室 ピアプレッシャー ヘラズィカ 勉強 子ども 小学生 株式会社 習慣 習慣化 自習室 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

救急医療データプラットフォーム「NEXT Stage ER」提供の「TXP Medical」が15億円調達
2022年4月5日、TXP Medical株式会社は、総額約15億円の資金調達を実施したことを発表しました。 TXP Medicalは、救急医療データプラットフォーム「NEXT Stage ER」を提…
小規模事業者の後継者課題を解決する「ニホン継業バンク」運営の「ココホレジャパン」が資金調達
2021年3月25日、ココホレジャパン株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、インパクト投資を推進する一般財団法人社会変革推進財団などです。 ココホレジャパンは、小規模事業者の後…
再エネ調達プラットフォームを運営する「エナーバンク」が2億円調達
2022年10月5日、株式会社エナーバンクは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 エナーバンクは、電力リバースオークションサービス「エネオク」、環境価値取引プラットフォーム「グリーンチ…
インハウスAI動画編集クラウド「Video BRAIN」提供の「オープンエイト」が30億円調達
2021年1月29日、株式会社オープンエイトは、総額約30億円の資金調達を実施したことを発表しました。 インハウスAI動画編集クラウド「Video BRAIN」の提供や、動画自動生成機能などのAPI提…
インテグレーションサービスやNFTシステム開発を展開する「ディマージシェア」が「クロス・マーケティンググループ」と資本業務提携
2022年8月29日、株式会社クロス・マーケティンググループはグループ内CVCである株式会社クロスベンチャーズを通じて株式会社ディマージシェアの株式を一部取得し、資本業務提携契約を締結したことを発表し…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ