注目のスタートアップ

アート作品の共同保有プラットフォーム運営の「ANDART」が2.8億円調達

company

2021年9月13日、株式会社ANDARTは、総額2億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

アート作品の共同保有プラットフォーム「ANDART(アンドアート)」とアート作品のオンラインストア「YOUANDART」を運営しています。

高額な有名作品や大型の作品でも1万円から購入/売買ができるプラットフォームです。

作品のオーナー権を購入するという仕組みとなっており、オーナー権を保有する人は優待を受けることができます。

2021年9月現在、優待には作品の鑑賞機会の提供があります。優待は今後充実していくことを予定しています。

今回の資金は、事業加速と組織拡大に向けた経営体制の強化のための人材採用に充当されます。

海外ではアート作品は資産として認められており、社会的ステータスとしても流動的資産としても保有する人が多く、大きなマーケットを形成しています。

日本では作品を保有するという文化を築けなかったことなどの理由により、国内市場はまだ小さな市場のままとなっています。

しかし若手実業家がアート作品を購入することがメディアで取り上げられるようになってから、日本において投機としてのアートが注目されはじめました。

またブロックチェーン技術が注目されていることもあり、ブロックチェーンを活用したアートの流通・保有プラットフォームを手がけるベンチャーも登場しています。

アート市場を拡大させていくためには、国内のアートの流通プラットフォームを構築することが重要だと考えられています。

分割保有は保有のハードルを下げるため、アート市場の入り口として機能すると考えられます。

プラットフォーム事業では参画してくれる企業・サービスの数と、プラットフォームの認知度が重要です。そのため営業とマーケティングに力を入れる必要があります。「冊子版創業手帳」では、営業を効率化してくれるツールの導入・活用ノウハウや、創業期でも低コストで始められるWebマーケティングのノウハウについて解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ ANDART アート アンドアート オーナー権 プラットフォーム 作品 共同保有 株式会社 資産 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

救急医療データプラットフォーム「NEXT Stage ER」提供の「TXP Medical」が15億円調達
2022年4月5日、TXP Medical株式会社は、総額約15億円の資金調達を実施したことを発表しました。 TXP Medicalは、救急医療データプラットフォーム「NEXT Stage ER」を提…
D2CブランドやD2Cソリューション事業を展開する「Brandit」がブランドプロデュース事業を展開する「DiGG」と資本業務提携
2022年6月1日、株式会社Branditは、株式会社DiGGと、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 また、DiGGの代表取締役である江藤倫寿氏を、Branditの執行役員CMO(最高マー…
総合金融サービスを提供するIFAの「Japan Asset Management」がパソナグループの「プロフェリエ」と業務提携
2022年6月27日、株式会社Japan Asset Managementは、パソナグループの株式会社プロフェリエと、業務提携契約を締結したことを発表しました。 Japan Asset Managem…
海外留学サービス「スマ留」提供の「リアブロード」が1億円調達
2020年12月11日、株式会社リアブロードは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 海外留学サービス「スマ留」を提供しています。 語学学校の空き場所や空き時間を利用することで、従来の留…
レベニューベースドファイナンスプラットフォーム「Yoii Fuel」を運営する「Yoii」が4.8億円調達
2022年9月7日、株式会社Yoiiは、総額約4億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Yoiiは、レベニューベースドファイナンス(RBF)プラットフォーム「Yoii Fuel(ヨイ…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ