注目のスタートアップ

ARスポーツ「HADO」を展開する「meleap」が5.1億円調達

company

2022年11月7日、株式会社meleapは、総額5億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

世界39か国で、ARスポーツ「HADO(ハドー)」を展開しています。

「HADO」は、ヘッドマウントディスプレイと腕にセンサーを装着してプレイするARスポーツです。

3対3のチームスポーツで、手から放たれるエナジーボールを相手にぶつけることで得点でき、その得点で勝敗を競います。

ボールを防ぐシールドを作り出せるほか、プレイヤーはそれぞれ、ボールのスピード、大きさ、数、シールドの枚数・強さを制限内でカスタマイズすることができます。

公認チーム・参加資格を得たチームが競い合う公式大会も運営しており、大会のGRADEごとに得られるHRP(HADO RANK POINT)でランキングを決定し、HPで掲載しています。

ランクによって参加できる大会のGRADEが異なるほか、上位チームはグランドスラムのシード権を得られます。

2022年11月現在、世界39か国・109か所で直営・常設フランチャイズ施設を展開しています。

2022年には、グローバル旗艦店として、収容人数230人のステージエリアを持つ「HADO ARENA お台場」をオープンしています。

さらに、アイドルを始めとしたタレントが「HADO」で戦う「HADOウォーズ」も展開しています。

独自のアプリ「Wow Live」を通じ、視聴者がプレイヤーを応援することで競技の技が強化されるという視聴者参加型システムを運営しています。

今回の資金は、さらなる世界展開の拡大、タレントリーグのマーケティング、人材採用の強化などに充当します。

AR(Augmented Reality:拡張現実)とは、現実空間にデジタルデータ/コンテンツを重ね合わせて表示することで、現実空間を拡張する技術です。

現実世界とデジタル世界を重ね合わせて表示するには、スマートフォンのカメラや、専用のメガネ型デバイスであるARグラス(ARメガネ)、ヘッドマウントディスプレイなどが利用されます。

ARを活用した有名なゲームに、Niantic社と株式会社ポケモンが共同開発したスマートフォン向け位置情報ゲームアプリ『Pokémon GO(ポケモンGO)』があります。

『ポケモンGO』は、スマートフォンのカメラを通じて現実空間にポケモン(デジタルコンテンツ)を重ね合わせて表示することができます。

ARは、デジタル空間やデジタル表現と現実空間を融合させた体験を提供できることから、ゲーム、ライブなどのエンターテインメントで活用されています。

また産業界では、ものづくりの現場における情報表示などでも活用されています。

meleapの「HADO」は、このARを活用した新たなスポーツです。

ボールを打ち出して攻撃を当てるというシンプルなルールでありながら、カスタマイズによってプレイヤーごとにアタッカーやデフェンダーなどの役割を割り振るなどの戦略要素があることや、身体を動かしてボールを避けるといった身体的な要素があり、やるスポーツとしても、見るスポーツとしても魅力的なものとなっています。

近年は競技性のあるビデオゲームを用いたeスポーツが世界的に広がりを見せていますが、ARスポーツは、デジタルを利用しつつもより身体性のあるスポーツとして、さまざまな層へと広がっていくことが予感されます。

海外展開など事業の大きな成長には戦略的な資金調達が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウや、融資を受けるためのノウハウなどを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AR ARスポーツ eスポーツ HADO HADOウォーズ meleap Wow Live XR エンターテインメント スポーツ テクノスポーツ ハドー 拡張現実 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

オーダー・メイド商品の製作・販売プラットフォーム「名入れ製作所」運営の「レスタス」が10億円調達
2020年6月25日、株式会社レスタスは、総額約10億円の資金調達を実施したことを発表しました。 オーダーメイド商品の製作・販売プラットフォーム「名入れ製作所」を運営しています。 テクノロジーを活用す…
不動産投資家向け資産運用アプリや不動産管理会社向けDXサービスなどを手がける「WealthPark」が25.1億円調達
2024年5月14日、WealthPark株式会社は、総額25億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 WealthParkは、不動産投資家向け資産運用アプリ「WealthPark」や…
がんの根治を目的とした天然型マイクロRNAの核酸医薬を開発する「PURMX Therapeutics」が8.5億円調達
2022年5月31日、株式会社PURMX Therapeuticsは、総額約8億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 PURMX Therapeuticsは、難治性疾患の治療のため、…
中野晴啓氏による新たな資産運用会社「なかのアセットマネジメント」が6億円調達
なかのアセットマネジメント株式会社は、6億円の資本調達を実施することを発表しました。 引受先は、スパークス・グループ株式会社と、第一生命ホールディングス株式会社です。 また、これまで個人投資家等から約…
まちの情報アプリ「Streets」とコンテンツ編集支援サービス「apnea」を開発・運営する「ストリーツ」が5,000万円調達
2023年11月27日、ストリーツ株式会社は、総額約5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 深津貴之氏、株式会社テレビ大分、株式会社テレビ愛媛、山陰中央テレビジョン放送株式会社と業務提…

大久保の視点

5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
ニコニコ超会議・学生ピッチ甲子園ビジネス部門優勝&1000万円獲得はウェルヘルス土井久生馬さん
2024年4月27日(土)~2024年4月28日(日)に幕張メッセでニコニコ超会議実行委員会で『ニコニコ超会議2024』が開催された。 『ニコニコ超会議20…
(2024/4/28)
「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】