注目のスタートアップ

ARスポーツ「HADO」を展開する「meleap」が5.1億円調達

company

2022年11月7日、株式会社meleapは、総額5億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

世界39か国で、ARスポーツ「HADO(ハドー)」を展開しています。

「HADO」は、ヘッドマウントディスプレイと腕にセンサーを装着してプレイするARスポーツです。

3対3のチームスポーツで、手から放たれるエナジーボールを相手にぶつけることで得点でき、その得点で勝敗を競います。

ボールを防ぐシールドを作り出せるほか、プレイヤーはそれぞれ、ボールのスピード、大きさ、数、シールドの枚数・強さを制限内でカスタマイズすることができます。

公認チーム・参加資格を得たチームが競い合う公式大会も運営しており、大会のGRADEごとに得られるHRP(HADO RANK POINT)でランキングを決定し、HPで掲載しています。

ランクによって参加できる大会のGRADEが異なるほか、上位チームはグランドスラムのシード権を得られます。

2022年11月現在、世界39か国・109か所で直営・常設フランチャイズ施設を展開しています。

2022年には、グローバル旗艦店として、収容人数230人のステージエリアを持つ「HADO ARENA お台場」をオープンしています。

さらに、アイドルを始めとしたタレントが「HADO」で戦う「HADOウォーズ」も展開しています。

独自のアプリ「Wow Live」を通じ、視聴者がプレイヤーを応援することで競技の技が強化されるという視聴者参加型システムを運営しています。

今回の資金は、さらなる世界展開の拡大、タレントリーグのマーケティング、人材採用の強化などに充当します。

AR(Augmented Reality:拡張現実)とは、現実空間にデジタルデータ/コンテンツを重ね合わせて表示することで、現実空間を拡張する技術です。

現実世界とデジタル世界を重ね合わせて表示するには、スマートフォンのカメラや、専用のメガネ型デバイスであるARグラス(ARメガネ)、ヘッドマウントディスプレイなどが利用されます。

ARを活用した有名なゲームに、Niantic社と株式会社ポケモンが共同開発したスマートフォン向け位置情報ゲームアプリ『Pokémon GO(ポケモンGO)』があります。

『ポケモンGO』は、スマートフォンのカメラを通じて現実空間にポケモン(デジタルコンテンツ)を重ね合わせて表示することができます。

ARは、デジタル空間やデジタル表現と現実空間を融合させた体験を提供できることから、ゲーム、ライブなどのエンターテインメントで活用されています。

また産業界では、ものづくりの現場における情報表示などでも活用されています。

meleapの「HADO」は、このARを活用した新たなスポーツです。

ボールを打ち出して攻撃を当てるというシンプルなルールでありながら、カスタマイズによってプレイヤーごとにアタッカーやデフェンダーなどの役割を割り振るなどの戦略要素があることや、身体を動かしてボールを避けるといった身体的な要素があり、やるスポーツとしても、見るスポーツとしても魅力的なものとなっています。

近年は競技性のあるビデオゲームを用いたeスポーツが世界的に広がりを見せていますが、ARスポーツは、デジタルを利用しつつもより身体性のあるスポーツとして、さまざまな層へと広がっていくことが予感されます。

海外展開など事業の大きな成長には戦略的な資金調達が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウや、融資を受けるためのノウハウなどを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AR ARスポーツ eスポーツ HADO HADOウォーズ meleap Wow Live XR エンターテインメント スポーツ テクノスポーツ ハドー 拡張現実 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

CO2排出量可視化・削減クラウドサービス「アスゼロ」提供の「アスエネ」が総合商社の「兼松」と業務提携
2022年6月22日、アスエネ株式会社は、兼松株式会社と、業務提携契約を締結したことを発表しました。 アスエネは、温室効果ガス排出量管理クラウドサービス「アスゼロ」、再エネ100%&地産地消クリーン電…
LINEアプリ開発サービス展開の「on」が資金調達 コンテンツプロバイダー事業展開の「DoersTokyo」と業務提携
2021年12月14日、on株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 また、DoersTokyo株式会社と業務提携契約を締結したこともあわせて発表しました。 onは、LINEアプリ受託開発事…
ものづくり特化のオンライン・ショップ「CRAFT STORE」運営の「ニューワールド」が資金調達
2020年5月7日、ニューワールド株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、クラウドファンディング・プラットフォーム「Makuake(マクアケ)」を運営する株式会社マクアケと、山口…
手術支援ロボットを開発する「F.MED」が資金調達
2022年10月18日、F.MED株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、大分銀行の関連会社である大分ベンチャーキャピタル株式会社が運営する「大分VCサクセスファンド6号投資事業…
「Jitera」が3.2億円調達 開発自動化プラットフォーム「Jitera」β版とテクニカルサポートプランを提供開始
2022年11月30日、株式会社Jiteraは、総額約3億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、「Jitera」のβ版と、テクニカルサポートプランの提供を開始したことも併せて発…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ