ロボットの高度自律型遠隔制御システム(HATS)開発の「キビテク」が6,840万円調達

2020年9月18日、株式会社キビテクは、総額6,840万円の資金調達を実施したことを発表しました。

ロボットの高度自律型遠隔制御システム(HATS)の開発と、ロボット用制御ソフトウェアの受託開発を行っています。

「高度自律型遠隔制御システム(Highly Autonomous Teleoperation System,HATS)」は、遠隔オペレーターによる簡単な操作で、要点のみをロボットに指示することで、ひとりが担当できるロボット台数を格段に多い状態で運行できるようにするシステムです。

これにより、イレギュラーな状況に陥って停止してしまった自律ロボットの復旧などの対応を効率的に行えるようになります。

今回の資金は、来年度の本格サービスインに向けた、各種現場の知識に基づいた遠隔アシスト機能実現のためのソフトウェア開発とオペレーションセンター体制の構築の加速に充当されます。

日本の多くの産業では人手不足が深刻となってきています。その課題のため、AIやロボット技術は注目されており、開発が推進されています。

革新的なロボットの開発には、革新的な要素技術の開発が必要となります。現在、センシング技術や、アクチュエーション技術、ロボット・インテグレーション技術が要素技術として研究され、多くの革新的な技術が発表されています。

医療や農業など、様々な社会課題が喫緊の問題として迫ってきていますが、AIなどの最新技術の台頭や、スマートフォンなどの普及により、アイデア次第で社会課題をスマートに解決できる状況となっています。「冊子版創業手帳」では、社会課題をビジネスで解決することを目指している起業家のインタビューを掲載しています。先人の思考や手法を知ることは、新たなビジネスの創造に役立つでしょう。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI HATS Highly Autonomous Teleoperation System キビテク システム ロボット 株式会社 自律 資金調達 遠隔 開発 高度自律型遠隔制御システム

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ