注目のスタートアップ

Web3スタートアップの「プレイシンク」が4.7億円調達

company

2022年11月4日、株式会社プレイシンクは、総額4億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

プレイシンクは、NFT技術を活用したさまざまなサービスを開発しています。

LDH JAPANが手掛ける総合エンターテインメントプロジェクト「BATTLE OF TOKYO」のライブ「BATTLE OF TOKYO TIME4 Jr.EXILE」における来場者への「来場証明NFT」配布、Web3情報メディア「ブロックチェーンゲームインフォ」の運営などを行っています。

また、プロサッカー選手のプレー動画をトレカとして販売するサービス「Jリーグ エールトレカ」を2022年11月から開始する予定です。

プレイシンクは、時間の経過とともに総量が減っていくことにより、NFTにもヴィンテージとしての価値を持たせる、デジタルヴィンテージ技術の実現を目指しています。

「Jリーグ エールトレカ」もこのデジタルヴィンテージ技術を活用したサービスのひとつであり、今後もデジタルヴィンテージ技術を活用したサービスを開発・提供していく予定です。

ほかには、スポーツチームの経営シミュレーションゲームを企画・開発しています。

NFT(Non-Fungible Token:非代替性トークン)とは、ブロックチェーン技術を活用することで、改竄されていないことや個人が所有していることを証明する証明書のようなデータが記録されたデジタルデータのことです。

一般的なデジタルデータは複製・改竄が容易であるため、現実世界におけるモノとしての価値を与えることは困難でした。

NFTは、ひとつひとつのデジタルデータの流通を追跡し、改竄されていないこと、個人が所有していることを証明します。これによりデジタルデータであってもモノとしての価値を与えることができ、流通数を絞ることによるプレミア価値、一点もののアートとしての提供などを可能にしました。

たとえば、電子書籍・音楽・映像・イラストなど、デジタルデータを取り扱うコンテンツ事業者は、購入されたデータの不正な流通(違法アップロードや海賊版など)を完全には防ぐことができないほか、プロテクト技術などにも多大な投資をしていますが、NFTによってこれらの課題を解決できると考えられています。

プレイシンクは、このNFTの領域で事業を展開するスタートアップであり、デジタルヴィンテージ技術の実現を目指しています。

ヴィンテージのワインは時間経過によって内容量が減るほか、腕時計やトレーディングカードなどの物理的な品物は劣化したり紛失したりすることで全体の総量が減ります。

これによって時間経過によって希少価値が向上していくのですが、NFTはデジタルデータであるため、発行時から総量が減ることがなく、時間経過による希少価値の向上はありません。

プレイシンクは、デジタルデータであるNFTにおいてもヴィンテージとしての価値を再現するため、流通・管理の仕組みを構築しています。

新たなビジネスの創出には資金が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Jリーグ エールトレカ NFT NFTゲーム Web3 ヴィンテージ デジタルヴィンテージ プレイシンク ブロックチェーン ブロックチェーンゲームインフォ 希少価値 希少性 株式会社 流通 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「Shopify Plus」を中心としたOMOの立ち上げを実現するパッケージサービス「Next Plus」が提供開始
2022年6月22日、株式会社フラクタは、国内環境に適合したShopifyアプリを提供する企業アライアンス「App Unity」(株式会社フィードフォース)と共に、パッケージサービス「Next Plu…
レシート買取アプリ「ONE」運営の「WED」が資金調達
2022年1月27日、WED株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 レシート買取アプリ「ONE」を運営しています。 アプリをインストールしたユーザーに自身の買い物によって出たレシートを撮影…
衛星データ解析システム開発の「スペースシフト」が5億円調達
2021年2月16日、株式会社スペースシフトは、総額5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 衛星データ解析システムの開発を行っています。 開発する新たな方式では、専門家でも判読が難しいSAR衛…
「J-CAM」が暗号資産レンディングサービス「BitLending」を正式リリース
2022年8月8日、株式会社J-CAMは、「BitLending」正式版をサービスリリースしたことを発表しました。 「BitLending」は、暗号資産(仮想通貨)のレンディングサービスです。 暗号資…
仕事と介護の両立支援クラウド「LCAT」運営の「リクシス」が2.6億円調達
2020年2月25日、株式会社リクシスは、総額2億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 仕事と介護の両立支援クラウド「LCAT(エルキャット)」を提供しています。 企業内従業員に対す…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ