注目のスタートアップ

1on1クラウド「Kakeai」提供の「KAKEAI」が11億円調達

company

2022年7月13日、株式会社KAKEAIは、総額11億円の資金調達を実施したことを発表しました。

KAKEAIは、1on1クラウド「Kakeai」を提供しています。

部下を主体とした継続的なミーティングである1on1を支援するサービスです。

部下によるトピックの用意と上司に期待する対応を選ぶことで、部下の負担を減らしつつ、部下主体の1on1を実現します。

上司には事前にトピックと期待されている対応と、対応のためのヒントを提示することで、1on1の質・効率を向上させます。

また、カレンダー連携、ビデオ通話、メモの一元管理など、1on1を管理するための機能も備えています。

1on1とは、上司(マネージャー)と部下が1対1で行う、定期的な面談・ミーティングのことです。

1on1は、問題解決や気づきによる部下の成長をサポートすることや、部下のモチベーションの維持、ストレス軽減、信頼関係の形成などさまざまな目的のために実施されます。

世界の一流企業が1on1を採用し大きな成果が得られたことから、国内でも積極的に採用する企業が増加しています。

また、新型コロナウイルス感染症の流行によってテレワークが急激に普及しました。テレワーク下ではオフィスとは違って気軽にコミュニケーションがとれないことが課題となっているため、コミュニケーション不足を解消するために1on1に取り組む企業も増えています。

一方で、1on1は部下から本音を引き出すことが重要であるため、上司に相手の話を聞くためのスキルが必要となります。また、部下としても上司に本音を話すことは心理的な抵抗があります。

このように理想的な1on1を実施するためにはいくつかの課題があるため、1on1を支援するツールが求められています。

株式会社KAKEAIのコメント

このニュースを受けまして、株式会社KAKEAIよりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

提供価値を磨くためのプロダクト開発、および、ご利用企業を増やし、より多くの皆様へ価値をお届けするためのマーケティング活動強化。

・今後の展望を教えてください。

企業規模、業種、職種によらず1on1を実施する全ての企業にご利用いただき、属人的なマネジメントが招く、個人・組織・社会にとっての非生産的な状況をなくす。

・読者へのメッセージをお願いします。

働き方の変化とともに、企業と従業員の関係は大きく変わりました。

そして、その「結節点」として、現場の上司部下コミュニケーションや1on1の重要性がより一層高まっています。

新しい働き方を支えるインフラとなるべくより精進します。

デジタル時代において企業を成長させるためには、最新のツールを活用することが重要です。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ 1on1 KAKEAI コミュニケーション ミーティング 上司 株式会社 資金調達 部下
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

経済コンテンツメディア運営の「PIVOT」が5億円調達
2022年7月6日、PIVOT株式会社は、5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 PIVOTは、経済コンテンツメディア「PIVOT」を運営しています。 ビジネスパーソンが気になっている最新のテ…
VRアート制作ツール「Snow Canvas」を開発する「Zenesis」が1,800万円調達
2022年4月28日、株式会社Zenesisは、総額1,800万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Zenesisは、VRアート制作ツール「Snow Canvas」、VRアートをNFTマーケッ…
スポーツ専門職人材が所属するスポーツ領域特化型プロダクション「Ascenders Partners」などを展開する「Ascenders」が資金調達
2024年5月30日、Ascenders株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 Ascendersは、スポーツの世界での活躍をめざす専門職と現場をつなぐ登録制プラットフォーム「Ascend…
食産業向けロボットサービスを手掛ける「コネクテッドロボティクス」とフードサービス機器メーカーの「ホシザキ」が資本業務提携
2022年10月7日、ホシザキ株式会社は、コネクテッドロボティクス株式会社と、資本業務提携することに合意したことを発表しました。 ホシザキは、フードサービス機器の研究開発・製造・販売・保守サービスを展…
EVシェアリングサービスやEV蓄電池を活用したエネルギーマネジメント事業展開の「REXEV」が6.3億円調達
2021年10月13日、株式会社REXEVは、総額約6億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 小田原・箱根を中心としたe-モビリティ特化型シェアリングサービス「eemo(イーモ)」や…

大久保の視点

5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
ニコニコ超会議・学生ピッチ甲子園ビジネス部門優勝&1000万円獲得はウェルヘルス土井久生馬さん
2024年4月27日(土)~2024年4月28日(日)に幕張メッセでニコニコ超会議実行委員会で『ニコニコ超会議2024』が開催された。 『ニコニコ超会議20…
(2024/4/28)
「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】