注目のスタートアップ

AI校正・誤字脱字チェックサービス「Shodo」を運営する「ゼンプロダクツ」が資金調達

company

2022年11月1日、株式会社ゼンプロダクツは、資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、「埼玉りそな創業応援ファンド(エクイティ)」です。

ゼンプロダクツは、AI校正・誤字脱字チェックサービス「Shodo(ショドー)」を運営しています。

日本語の文章のAIによる校正や誤字脱字のチェックを提供するクラウドサービスです。

タイポ・変換ミス・誤字脱字のチェックだけでなく、ブラウザ上から利用できるクラウドのテキストエディターを利用し、チーム内で記事を相互レビューすることも可能です。

今回の資金は、AIを活用した新機能の開発、マーケティング・カスタマーサクセスの強化などに充当します。

企業では、ある程度のまとまった量の文章を書くことがよくあります。

社内での閲覧だけを目的とした文章ならば、ちょっとした誤字脱字・誤用・表記ゆれなどは許容されるでしょう。

しかし、広報用の資料や、Webサイトの文章、社外へのメール、顧客対応など対外的に出す文章でこうしたミスがあると企業の信用が失われてしまうこともあります。さらには、誤解を招くような文章になってしまった場合、企業に損失を与えてしまうケースもあります。

こうしたミスは、社内で二重三重のチェックを行うことである程度防ぐことはできます。しかし、多くの人材は文章のプロではないため、知識不足や思い込みなどによりミスをそのまま通してしまうこともあります。

また日本語の校正は、漢字の間違い、助詞の誤り、仮名遣いの誤り、ら抜き・さ入れ表現、タイポ(誤変換・誤字脱字)、二重敬語、表記ゆれなど確認する項目が多岐にわたり、業務にかなりの時間を費やすことになります。

近年は、AI技術の発展により自然言語を高い精度で解析・分析できるようになり、文章の校正をAIによって自動化するサービスが登場しています。

AIによって校正が自動化されることで、これまで校正にかかっていた時間を短縮できるだけでなく、これまで知識不足などにより修正できなかったミスを修正できるようになり、日本語文章の質の向上も実現できます。

AIは業務効率化にとって欠かせない技術となってきました。創業期はなにもない状態からはじまるため、最新のシステムを導入するのにうってつけです。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI Shodo クラウド ショドー ゼンプロダクツ タイポ 文章 日本語 校正 株式会社 表記ゆれ 誤字脱字 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「Monozukuri Ventures」が超小型IoT/ウェアラブルモジュールを開発する「16Lab」に出資
2022年6月27日、株式会社Monozukuri Venturesは、株式会社16Labに出資したことを発表しました。 16Labは、指輪サイズに収まるような小型IoT/ウェアラブルモジュールを開発…
ハウスクリーニングや修理・手入れのプロとユーザーをつなぐプラットフォーム運営の「ユアマイスター」が23億円調達
2022年1月6日、ユアマイスター株式会社は、総額約23億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ハウスクリーニングや修理・手入れのプロフェッショナルとユーザーをマッチングするECプラットフォーム…
暗号資産取引所「bitbank」運営の「ビットバンク」が75億円調達
2021年9月2日、ビットバンク株式会社は、総額約75億円の資金調達を実施したことを発表しました。 暗号資産取引所「bitbank」を運営しています。 引受先の株式会社ミクシィとは資本業務提携契約を締…
「弥生」が会計事務所の記帳代行業務を効率化する 「記帳代行支援サービス」を開始
2020年9月28日、弥生株式会社は、「記帳代行支援サービス」を開始したことを発表しました。 「記帳代行支援サービス」は、会計事務所が顧問先(事業者)の代わりに会計帳簿作成を行う業務を支援するサービス…
都内で次世代型シェアリングIoT農園を展開する「プランティオ」が1.3億円調達
2022年3月22日、プランティオ株式会社は、総額1億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ベランダ、ビルの屋上、マンションの屋内などあらゆる場所での野菜栽培を可能にする次世代型アグ…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ