注目のスタートアップ

移住マッチングプラットフォーム「たびすむ」を運営する「BeA」が1億7,480億円調達

company

2022年11月1日、株式会社BeAは、総額1億7,480億円の資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、ふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」を運営する株式会社トラストバンクと、株式会社コンコードエグゼグティブグループ代表取締役社長の渡辺秀和氏です。

BeAは、移住マッチングプラットフォーム「たびすむ」や、中国最大の旅行SNS「馬蜂窩(Mafengwo)」と中国のSNS「Weibo」を組み合わせたインバウンド誘客事業、自社観光情報メディア「夢旅…」を活用した国内観光誘客事業などを展開しています。

「たびすむ」は、2022年10月時点で全国1,600を超える自治体が情報を掲載する移住マッチングプラットフォームです。

性格・移住診断によって相性のいい自治体をおすすめするほか、移住に関する記事の発信、移住相談などを行っています。

今回の「ふるさとチョイス」との連携により、「たびすむ」は、ふるさと納税から、観光、移住までの情報を一貫して掲載するプラットフォームとなります。これにより、関係人口・交流人口・移住人口のすべてにリーチできます。

今回の資金は、「たびすむ」の追加開発(自治体情報ページなどのリニューアル、コミュニティ機能などの追加、自治体DXを支援する新規機能の開発など)や、人材採用の強化、PRの強化に充当します。

認定NPO法人ふるさと回帰支援センターの首都圏在住者を対象とした移住に関する調査(2021年10月7日発表)によると、1都3県に在住の20~74歳の男女のうち、地方移住を希望している人が309万人(推計)いることがわかりました。

さらに、移住検討とコロナ禍の影響については、影響があると答えた人は3割で、7割の人がコロナ禍と関係なく移住を希望していることがわかっています。

地方への移住を希望する人が増加している理由としては、働き方の多様化によって首都圏に住む(首都圏で仕事する)必要がなくなった人が増加したことや、首都圏では予算的な問題で戸建てを持てないこと、子育てに関する支援・環境を整備する地方自治体が増えていることなどが挙げられます。

一方で移住はこれまでの生活スタイルなどが大幅に変化するイベントでもあります。

そのため実際に移住してからでないと移住後の生活がわからないというような一か八かの移住ではなく、事前にしっかりと情報を入手し、移住後の生活のイメージを固めたり、移住後の自治体・地域の支援などを受けられるようにすることが重要です。

移住に関するポータルサイトやサービスは、こうした移住を希望する人と、移住者を受け入れる自治体のサポートを行っています。

「たびすむ」は、全国にある全1,724の自治体のうち1,600以上が情報を掲載する、業界最大級の移住マッチングプラットフォームです。

今回の「ふるさとチョイス」との連携により、地方に興味を持つ人をさらに取り込むことが可能になるため、今後のサービス展開に注目が必要です。

社会課題を解決するビジネスは、自治体や他企業と連携して進めていくことが重要となります。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、人脈を作るためのノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BeA たびすむ トラストバンク プラットフォーム ふるさとチョイス ふるさと納税 マッチング 地方創生 地方自治体 株式会社 移住 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「アールキューブ」による結婚式などを贈れるギフト・サービス「Anyのふたりへ贈る結婚式」が正式リリース
2020年7月16日、株式会社くふうカンパニーは、グループ会社の株式会社アールキューブが、「Anyのふたりへ贈る結婚式」を正式リリースしたことを発表しました。 「Anyのふたりへ贈る結婚式」は、家族、…
社会インパクト可視化システムと社会インパクト投資プラットフォームを開発する「インパクトサークル」が8,000万円調達
2022年3月16日、インパクトサークル株式会社は、総額約8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 社会インパクト可視化型マイクロファイナンスと、社会インパクト投資プラットフォームを開発…
システム伴走型顧客獲得プラットフォーム「mycsess」運営の「YZ」が1億円調達
2022年6月6日、株式会社YZは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 YZは、システム伴走型顧客獲得プラットフォーム「mycsess(ミクセス)」を運営しています。 従業員20名以下…
タンパク質の網羅的解析技術「AIプロテオミクス」の実用化・社会実装を推進する「aiwell」が資金調達
2022年7月29日、aiwell株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社レバレッジと、株式会社メタセクォイア・デザインです。 aiwellは、国立東京工業大学発のベンチ…
検索型FAQ「Helpfeel」開発・提供の「Nota」が5億円調達
2021年3月2日、Nota株式会社は、総額5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 検索型FAQ SaaS「Helpfeel(ヘルプフィール)」を開発・提供しています。 「Helpfeel」は…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ