注目のスタートアップ

都市型立体ロボット倉庫システムを提供する「Cuebus」が資金調達

company

2022年9月12日、Cuebus株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。

Cuebusは、リニアモーターを活用した都市型立体ロボット倉庫システム「CUEBUS(キューバス)」を提供しています。

リニアモーターが組み込まれたタイルを床・ユニットに敷き詰め、その上を荷物を載せた磁石とキャスターがついた板が動くことで、荷物の整列・取り出しを自動化する倉庫システムです。

タイルは床だけでなく、3次元の格子型のユニットを、2階建て・3階建てと拡張していくことで立体的に構築することも可能であり、スペースを最大限有効に活用できます。

今回の資金は、運営体制の強化、ハードウェア・ソフトウェア・アプリケーションの開発推進に充当します。

人手不足にある製造業や物流倉庫では生産性の向上や省人化のため、テクノロジーの活用が進んでいます。

とくに荷物のピッキングなどを自動化する自律ロボットは大きな効率化につながるため、さまざまな倉庫で実用化に向けた取り組みが進んでいます。

倉庫内を自動化するロボットには、AMR(自律走行搬送ロボット)、AGV(無人搬送車)、GTP(棚搬送型ロボット)などの種類があります。

いずれも倉庫内の床を走行し、指定の場所や棚への搬送や、棚からのピッキングを担います。

倉庫内の床を走行するという特徴があるため、これらの搬送ロボットを走行させるための通路を設計する必要があります。

また、人間が同時に倉庫内を移動するのであれば、ロボットは事故防止のために、人間を認識し、自律的に停止したり避けたりするという機能が必要となります。

さらに、ロボットが走行する床が必要であるため、棚と棚の間には通路が必要となり、それなりの規模の倉庫が必要となります。

「CUEBUS」は、これらの倉庫ロボットと考え方が異なり、床自体が縦横無尽に動く仕組みを構築することで、荷物を移動させるというコンセプトです。

工場・倉庫などで動く床といえばベルトコンベアーが想像されますが、「CUEBUS」はこれをリニアモーターで実現しています。

敷き詰められたリニアモーターのタイルの上を、荷物を載せた板がパズルのように動くことで、置いた荷物を奥に、奥にあった荷物を手前に動かすことができます。

さらにこのタイルは格子状のユニットを組み合わせることで2階・3階と立体的に拡張できます。

既存の倉庫ロボットと違って通路が不要になるため、狭いスペースでも倉庫の自動化を実現できます。

タイルを敷き詰めるというシンプルな構造であるため、システムの構築もスピーディであるという特徴を持っています。

革新的なプロダクトの開発には戦略的な資金調達が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Cuebus キューバス リニアモーター ロボット ロボット倉庫 倉庫 株式会社 物流 立体 自動化 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

長距離量子暗号通信の研究開発を行う「LQUOM」が光学単結晶・光学デバイス技術を保有する「オキサイド」と資本業務提携
2022年5月18日、LQUOM株式会社は、株式会社オキサイドと、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 LQUOMは、長距離量子暗号通信の研究開発を行っています。 オキサイドは、光学単結晶・…
観測ロケットや超小型人工衛星打上げロケットを開発・製造する「インターステラテクノロジズ」が18.7億円調達
2022年4月11日、インターステラテクノロジズ株式会社は、総額18億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 インターステラテクノロジズは、観測ロケット「MOMO」と、超小型人工衛星打…
バーチャル・イベント/バーチャル・ポップアップ・ストア開設サービス「Vrooom」がリリース
2020年12月18日、株式会社UNIVRSは、「Vrooom(ブルーム)」の提供を開始したことを発表しました。 「Vrooom」は、バーチャル・イベントやバーチャル・ポップアップ・ストアを開設できる…
シェア買いアプリ「カウシェ」運営の「X Asia」が1.8億円調達
2020年11月30日、株式会社X Asiaは、総額約1億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 シェア買いアプリ「カウシェ」を運営しています。 商品を選び、割引価格での購入を決定した…
「日立ハイテク」と「しまね信用金庫」が業務提携
2020年10月14日、株式会社日立ハイテクは、しまね信用金庫と、ビジネスマッチング契約を締結したことを発表しました。 ビジネスマッチング契約とは、金融機関が自金庫の取引先企業をビジネスパートナーとし…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ