注目のスタートアップ

「バズグラフ」が3,000万円調達 音声ファイルの文字起こし・要約サービス「聞取タンテキ」を無償公開

company

2022年9月6日、株式会社バズグラフは、総額3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

また、「聞取タンテキ」を無償公開したことも併せて発表しています。

バズグラフは、文章要約Webサービス「文章要約AI タンテキ」を提供しています。

「文章要約AI タンテキ」は、独自の自然言語処理AI「HAKASE」を搭載した文章要約サービスです。

ニュース記事などの文章を、圧縮・文字数指定・行数指定など条件を指定して要約することができます。

機能の一部を試せるWebサービスとして、三行要約「三文タンテキ」、140字要約「呟きタンテキ」、キーワード検索+要約「検索タンテキ」などを提供しています。

今回発表した「聞取タンテキ」は、音声ファイルをアップロードすることで、文字起こしから要約までを自動で行うWebサービスです。

今回の資金は、「タンテキ」のさらなる新しいサービスの開発、要約エンジンの精度向上などに充当します。

ニュース記事、プレスリリース、レポートなど、重要な情報の多くは文章(テキスト)で提供されています。

ビジネスではこうした情報を収集・整理・活用することが重要ですが、テキスト情報には自身が必要としていない部分が含まれていることがほとんどです。

自分だけが理解できればいいのであれば問題のない場面は多いかもしれませんが、テキスト情報を他人に共有したり公開したりする場合には、内容を端的にまとめる要約が必要となります。

これまでの文章の要約は、人間がその文章を読み込み、必要のない部分を省いて内容を圧縮し、文章を整える必要がありました。

要約作業は実施する人によって品質が異なりますし、一度は文章を読み込まないといけないため、その分の時間がかかるという課題を抱えています。

この課題を解決するのが、AIを活用した要約サービスです。

これまで要約にかかっていた時間を削減することで、より多くの情報を活用することができるようになります。

AIを活用したサービスは、従来の業務を大幅に改善してくれる可能性があります。とくに創業期はさまざまなリソースが足りていないため、こうした便利なサービスを積極的に活用することが重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI HAKASE Webサービス タンテキ バズグラフ 文字起こし 文章 文章要約 文章要約AI タンテキ 株式会社 聞取タンテキ 自然言語処理 要約 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「G-Place」が100件目の自治体公式アプリをリリース
2019年7月31日、株式会社G-Placeは、100件目となる自治体公式アプリを2019年8月1日にリリースすることを発表しました。 G-Placeは、自治体に提供するアプリ構築サービスと、全国自治…
ブロックチェーン技術を活用したファンプラットフォーム「Gaudiy Fanlink」展開の「Gaudiy」が9億円調達
2022年8月31日、株式会社Gaudiyは、総額9億円の資金調達を実施したことを発表しました。 2022年6月に発表した25億円の資金調達を合わせると、総額34億円になります。 Gaudiyは、NF…
医師向け臨床支援アプリ提供の「HOKUTO」が8.25億円調達
2022年2月8日、株式会社HOKUTOは、総額8億2,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 医師向け臨床支援アプリ「HOKUTO」を開発・提供しています。 最新の医学情報の配信、入手し…
フルカイテン株式会社 瀬川直寛|在庫を利益に変えるクラウドの事業展開で注目の企業
在庫を利益に変えるクラウドサービス(SaaS)の事業展開で注目なのが、瀬川直寛さんが2012年に創業したフルカイテン株式会社です。 小売り業を営む方々にとって、商品の仕入れ、適正な販売戦略と在庫管理、…
AIが整理してくれる情報共有ツール(社内Wiki)「Nerve」提供の「ビヘイビア」が3,500万円調達
2021年3月25日、株式会社ビヘイビアは、総額約3,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 整理不要の情報共有ツール「Nerve」を提供しています。 Wiki形式の情報共有ツールで、手軽…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ