【東京都】「製品改良/規格適合・認証取得支援事業」助成金

subsidy

公益財団法人東京都中小企業振興公社は、「製品改良/規格適合・認証取得支援事業」について発表しました。

国内外の新たな販路開拓を目指す都内中小企業者等の、国内外の市場ニーズに適合させるために行う自社で開発した試作品または市場投入済みの製品の改良や、規格適合・認証取得(CEマーキング、ISO、IEC規格等)に助成金を交付します。

「対象事業」
A. 製品改良プロジェクト
 ・製品等を市場ニーズに合わせるための改良を目的とするプロジェクト
B. 規格適合・認証取得プロジェクト
 ・国内外の規格への適合性評価・認証取得を目的とするプロジェクト

助成金は、上限500万円・経費の1/2以内。

「申請エントリー締め切り」
2022年9月8日(木曜日)

ISO規格とは、国際標準化機構 (ISO: International Organization for Standardization)が定める国際的な規格です。

あらゆる部品・製品・サービスなどの基準を国際的に統一することを目的としています。

有名なISO規格として品質マネジメントシステムの国際規格である「ISO9001」があります。

ISO9001は組織のマネジメントに関する規格であり、この規格を取得することで、自社の組織が国際的な品質でプロダクトやサービスを製造・提供しているということを対外的に示すことができます。

ISO9001の取得では、審査費用におおよそ50万円程度、またコンサルティングやマネジメントシステムの構築などもあり、トータルで最低100万円の費用がかかってきます。

そのため、こうした規格を取得したいと考えていても、費用の問題などから二の足を踏んでいる企業も多いでしょう。

そういった企業は「製品改良/規格適合・認証取得支援事業」といった助成金を活用することで、求めている認証を取得したり、そこから品質の向上やプロダクトの改善につなげていくことができます。

創業手帳では、創業手帳自身が補助金申請を行った経験をもとに専門家と共に作成した「補助金ガイド」を無料でお届けてしています。補助金・助成金申請の流れや注意点を把握することができるため、申請を考えている方はぜひご活用ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 公募
関連タグ 中小企業 事業 助成金 市場ニーズ 支援 改良 東京都 製品 認証 販路開拓
詳細はこちら

<東京都>自社製品の改良・規格適合・認証取得に助成金【最大500万円】

補助金ガイド
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

公募の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

定款の認証の手数料が改定 一律5万円が資本金額により3~5万円に
日本公証人連合会は、「会社の定款手数料の改定」について発表しました。 これまで株式会社・特定目的会社の定款の認証の手数料は、一律5万円でした。 今回の改定により、2022年1月1日から以下の手数料にな…
金融庁が今秋から地方中小企業に大企業で働く管理職・専門職を紹介する人材マッチング事業を開始
金融庁は今秋から「地域企業経営人材マッチング促進事業」を本格的に開始します。 地域経済活性化⽀援機構(REVIC)に、大企業の人材リストを整備し、地方金融機関等による人材マッチングを行う事業です。 地…
決裁者マッチング支援SaaS「ONLY STORY」運営の「オンリーストーリー」が13億円調達
2021年4月14日、株式会社オンリーストーリーは、総額約13億円の資金調達を実施したことを発表しました。 登録している決裁者と直接マッチングできるSaaS「ONLY STORY」を運営しています。 …
ダイナミックプライシングサービスなどを提供する「メトロエンジン」が10億円調達
2022年5月11日、メトロエンジン株式会社は、総額10億円の資金調達を実施したことを発表しました。 メトロエンジンは、ホテル・宿泊施設向けのレベニューマネジメントを支援するツール「メトロエンジン レ…
動画解析を活用した手術支援AI開発の「iMed Technologies」が1.7億円調達
2020年10月1日、株式会社iMed Technologiesは、総額1億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 脳梗塞・くも膜下出血に対する脳血管内手術の安全な手術を実現するため、…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ