注目のスタートアップ

エッジAIプロセッサーを開発する「ArchiTek」が「アスタリスク」と資本業務提携

company

2022年8月15日、株式会社アスタリスクは、ArchiTek株式会社の株式を取得するとともに、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。

ArchiTekは、エッジ側でのAI処理と画像・音声処理を行うエッジAIプロセッサー「AiOnIc」を開発しています。

独自のアーキテクチャ「aIPE(ArchiTek Intelligence Pixel Engine)」により、柔軟性が高くさまざまなアルゴリズムに対応できること、小型でありながら高性能・省電力であること、複数のアルゴリズムを同時に並列実行できることを特徴としています。

柔軟性が高いため、AIカメラ、ドローン、ロボット、ウェアラブルデバイス、AI家電など、さまざまな用途への応用を見込んでいます。

「AiOnIc」の販売開始は来年度中を計画しています。また、チップ販売だけでなく、「AiOnIc」を搭載したカメラモジュール、シングルボードコンピューター、関連ソフトウェアの発売も計画しています。

アスタリスクは、画像認識・バーコード・RFID・センサーなどのモノ認識の技術を活用したソリューションを展開しています。

今回の提携により、両社が保有する技術・ノウハウ・人的リソースを活用し、アスタリスクの画像認識ソリューションビジネスと、ArchiTekのAIを中心とした先端技術の社会実装を推進していきます。

エッジAIとは、サーバーではなく現場の端末側で動作するAIのことです。

IoT端末などはコスト・電源・サイズなどの理由により、高い計算性能を持つことができないのですが、この限られたリソースで動作させることを目的としているのがエッジAIです。

エッジAIは主にAIによる解析の結果をすぐに出力したい場合に利用されます。

通常のクラウドAIではインターネットを介してサーバー側で計算することになるのですが、この場合処理に一定の遅延が生じてしまいます。

たとえば、自動運転車などリアルタイムでの判断が必要なケースではサーバーで処理をしていては問題が生じます。そのため自動運転車単体でリアルタイムに情報処理するためにエッジAIが必要となります。

エッジAIはCPUやGPUなどでも動作しますが、高いパフォーマンスを発揮させるにはエッジAIに最適化した専用チップであるAIプロセッサーが必要となります。

AIプロセッサーは、性能・コストパフォーマンス・消費電力・汎用性などの特徴の違いがあるため、用途によって使い分けられています。

ArchiTekは、ハイパフォーマンス・低消費電力・低コスト・柔軟性の4つの条件を同時に満たすエッジAIプロセッサー「AiOnIc」を開発しています。

ビジネスを大きく成長させるには、戦略的な資金調達やシナジーのある企業との提携が重要です。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI AiOnIc aIPE AIチップ ArchiTek ArchiTek Intelligence Pixel Engine エッジAI エッジAIチップ エッジ向けAIチップ プロセッサー 株式会社 画像 資本業務提携 音声
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

アパレルDXの「GOOD VIBES ONLY」が5.5億円調達
2021年10月8日、株式会社GOOD VIBES ONLYは、総額約5億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 デジタルサンプルとAI需要予測を活用することにより、アパレル業界におけ…
シニア向け暮らしサポートサービス「もっとメイト」提供の「MIHARU」が6,000万円調達
2021年8月4日、株式会社MIHARUは、総額6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 シニア向け暮らしサポートサービス「もっとメイト」を提供しています。 孫世代の若いスタッフがシニア…
風況観測・シミュレーション・解析事業展開の「レラテック」が「豊田通商」と資本業務提携
2022年4月14日、レラテック株式会社は、豊田通商株式会社と、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 レラテックは、高度な風況観測・シミュレーション・解析技術を有しており、風況調査とそのコン…
宿泊施設の業務効率化サービス「TradFit」の運営元が1.1億円調達
2018年12月12日、TradFit株式会社は、総額約1億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 宿泊施設の運営・旅行者の体験を向上するサービス「TradFit」を運営しています。 …
料理家・栗原はるみ氏創業の「ゆとりの空間」がミールキット展開の「オイシックス・ラ・大地」と資本業務提携
2022年5月26日、株式会社ゆとりの空間は、オイシックス・ラ・大地株式会社と、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 ゆとりの空間は、料理家の栗原はるみ氏が創業し代表を務める企業で、企業への…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ