注目のスタートアップ

スマートアパレル「e-skin」を用いたヘルスケアサービスを展開する「Xenoma」が「CYBERDYNE」と資本業務提携

company

2022年8月10日、株式会社Xenomaは、CYBERDYNE株式会社と資本業務提携契約を締結したことを発表しました。

Xenomaは、スマートアパレル「e-skin」を用いたヘルスケアサービスを展開しています。

「e-skin」は、全身をセンシングできるセンサーを搭載した衣服です。伸縮性があり洗えることを特徴としています。

「e-skin」を活用した高精度なモーションキャプチャが可能な計測システム「e-skin MEVA」や、長時間心電検査サービス「e-skin ECG」などを展開しています。

CYBERDYNEは、身体機能を改善・補助・拡張・再生する装着型サイボーグ「HAL(Hybrid Assistive Limb)」の開発・提供と、「HAL」を活用した「サイバニクス治療」を展開しています。

「サイバニクス治療」は、脊髄損傷・脳卒中・神経筋難病疾患の患者を対象とした、「HAL」を用いた機能改善・機能再生医療です。

今回の提携により、製品開発と事業拡大において協業を進めていきます。

人間の運動は、脳による指示が筋肉に伝わり、筋肉が収縮することで起こります。

この伝達は微弱な電気信号によって行われており、この身体内で起こるやり取りを、脳波や筋電位などのセンシングなどテクノロジーによって支援することが研究されています。

たとえば、楽器の演奏・スポーツの動作を筋肉への刺激で再現するトレーニングや、自身の運動をもとに運動機能の回復を目指すリハビリテーションなどへの活用が想定されています。

CYBERDYNEの「HAL」は、皮膚に貼ったセンサーによって装着者の生体電位信号を検知し、意思に従った動作を支援するパワードスーツです。

「HAL医療用下肢タイプ」は神経・筋疾患の難病治療に有効であるとして、2016年9月から保険適用されています。

こういった機械・ロボットを活用したリハビリテーションは、正確な動作をくり返し行えること、センシング技術によって適切なタイミングで適切な動作を支援できることなどのメリットがあります。

ところで、こうしたロボットでのセンシングでは、主に皮膚に直接貼り付けるタイプの電極が使用されています。

この皮膚に直接貼り付ける電極は衛生面での課題があり、医療現場では使い捨てのものが使用されています。

そのため高精度でありながら衛生的でくり返し利用できるセンシング技術が求められています。

Xenomaの「e-skin」はこの課題を解決できる可能性があり、今回の提携により、両社は製品開発と事業拡大を進めていくとしています。

株式会社Xenomaのコメント

このニュースを受けまして、株式会社Xenomaよりコメントが届きました。

・今回の資本業務提携の目的は何ですか?

サイバーダイン社とは事業的にも技術的にも親和性が高く、事業を加速させることができると考えています。

・今後の展望を教えてください。

Xenomaはコーポレートビジョンとして“e-skin makes everyone’s life HAPPIER and HEALTHIER.”を掲げ、ヘルスケアデータに基づいて疾病の予兆をいち早く検出する予防医療の実現に向けて取り組んでいます。

今年5月にホルター心電検査「e-skin ECG」を開始しましたが、このサービスは予防医療に資する事業の代表例になると考えています。

・読者へのメッセージをお願いします。

「スマートアパレル」というワードも当社設立の7年前に比べて一般的に使われるようになり、まだまだではありますが、少しずつその存在が社会に浸透してきたと感じています。皆様の日常生活を健康で豊かにするプロダクトやサービスを提供するべく今後ますます努力してまいりますので、是非応援いただければ幸いです。

シナジーのある企業との提携・連携は、自社の事業を大きく成長させられる可能性があります。「冊子版創業手帳」では、人脈を広げる方法や、商工会議所の活用方法など、提携先を見つけるためのノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ CYBERDYNE e-skin Xenoma サイバニクス サイバネティックス センサー センシング ヘルスケア リハビリ リハビリテーション 医療 資本業務提携
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

腸内細菌叢検査「マイキンソー」を展開する「サイキンソー」がキリンのCVCファンドから資金調達
2023年12月19日、株式会社サイキンソーは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、キリンホールディングス株式会社が独立系ベンチャーキャピタル大手のグローバル・ブレイン株式会社と共同で設…
不動産テックの「GATESグループ」と画像認識プラットフォーム「AIZE」などを展開する「トリプルアイズ」が資本業務提携
2022年12月2日、株式会社トリプルアイズは、GATES GROUP株式会社と、その子会社であるGATES株式会社と、3社間で資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 トリプルアイズは、画像認…
デジタルiPS技術により神経難病の早期診断支援・病態予測を目指す「タイムプレ」が7,000万円調達
2023年2月1日、タイムプレ株式会社は、7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 タイムプレは、デジタル技術と患者iPS細胞を融合させた「デジタルiPS技術」により、神経難病の早期診断…
エンタメユニット「すとぷり」などをプロデュースする「STPR」とライブ配信サービス「ツイキャス」を運営する「モイ」が資本業務提携
2023年6月14日、株式会社STPRは、モイ株式会社と、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 モイは、ライブ配信サービス「ツイキャス」や、ゲーム実況ライブアプリ「ツイキャスゲームズ」、ファ…
足のモーションセンサーを開発・販売する「ORPHE」が「ロート製薬」から資金調達
2023年3月31日、株式会社ORPHEは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、ロート製薬株式会社です。 また、株式会社アシックス、医療法人社団青泉会下北沢病院を含めた4者にて、歩容デー…

大久保の視点

優勝はブラジルから参加のBVC中山充さん!2/26 起業家プレゼン&交流大会「ライトニングトーク東京」
2024年2月26日、創業手帳主催のショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オンリーワンのサービスやストーリーを…
(2024/2/26)
2/5 JSSA日本スタートアップ支援協会ピッチ大会:最優秀賞はがんリスク検査のセルクラウド中島 謙一郎さん
一般社団法人日本スタートアップ支援協会が主催する「The JSSA TOKYO Pitch Award & Meetup Vol.33」が2024…
(2024/2/5)
第4回 FRAX TOKYOが1/18~1/20に開催:創業手帳の大久保幸世も登壇・フランチャイズビジネスの総合展が活況
「第4回 FRAX TOKYO」が2024年1月18日(木)から20日(土)にかけて開催されました。 このビジネスイベントは、日本最大の見本市主催会社・RX…
(2024/1/20)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】