注目のスタートアップ

スマートアパレル「e-skin」を用いたヘルスケアサービスを展開する「Xenoma」が「CYBERDYNE」と資本業務提携

company

2022年8月10日、株式会社Xenomaは、CYBERDYNE株式会社と資本業務提携契約を締結したことを発表しました。

Xenomaは、スマートアパレル「e-skin」を用いたヘルスケアサービスを展開しています。

「e-skin」は、全身をセンシングできるセンサーを搭載した衣服です。伸縮性があり洗えることを特徴としています。

「e-skin」を活用した高精度なモーションキャプチャが可能な計測システム「e-skin MEVA」や、長時間心電検査サービス「e-skin ECG」などを展開しています。

CYBERDYNEは、身体機能を改善・補助・拡張・再生する装着型サイボーグ「HAL(Hybrid Assistive Limb)」の開発・提供と、「HAL」を活用した「サイバニクス治療」を展開しています。

「サイバニクス治療」は、脊髄損傷・脳卒中・神経筋難病疾患の患者を対象とした、「HAL」を用いた機能改善・機能再生医療です。

今回の提携により、製品開発と事業拡大において協業を進めていきます。

人間の運動は、脳による指示が筋肉に伝わり、筋肉が収縮することで起こります。

この伝達は微弱な電気信号によって行われており、この身体内で起こるやり取りを、脳波や筋電位などのセンシングなどテクノロジーによって支援することが研究されています。

たとえば、楽器の演奏・スポーツの動作を筋肉への刺激で再現するトレーニングや、自身の運動をもとに運動機能の回復を目指すリハビリテーションなどへの活用が想定されています。

CYBERDYNEの「HAL」は、皮膚に貼ったセンサーによって装着者の生体電位信号を検知し、意思に従った動作を支援するパワードスーツです。

「HAL医療用下肢タイプ」は神経・筋疾患の難病治療に有効であるとして、2016年9月から保険適用されています。

こういった機械・ロボットを活用したリハビリテーションは、正確な動作をくり返し行えること、センシング技術によって適切なタイミングで適切な動作を支援できることなどのメリットがあります。

ところで、こうしたロボットでのセンシングでは、主に皮膚に直接貼り付けるタイプの電極が使用されています。

この皮膚に直接貼り付ける電極は衛生面での課題があり、医療現場では使い捨てのものが使用されています。

そのため高精度でありながら衛生的でくり返し利用できるセンシング技術が求められています。

Xenomaの「e-skin」はこの課題を解決できる可能性があり、今回の提携により、両社は製品開発と事業拡大を進めていくとしています。

株式会社Xenomaのコメント

このニュースを受けまして、株式会社Xenomaよりコメントが届きました。

・今回の資本業務提携の目的は何ですか?

サイバーダイン社とは事業的にも技術的にも親和性が高く、事業を加速させることができると考えています。

・今後の展望を教えてください。

Xenomaはコーポレートビジョンとして“e-skin makes everyone’s life HAPPIER and HEALTHIER.”を掲げ、ヘルスケアデータに基づいて疾病の予兆をいち早く検出する予防医療の実現に向けて取り組んでいます。

今年5月にホルター心電検査「e-skin ECG」を開始しましたが、このサービスは予防医療に資する事業の代表例になると考えています。

・読者へのメッセージをお願いします。

「スマートアパレル」というワードも当社設立の7年前に比べて一般的に使われるようになり、まだまだではありますが、少しずつその存在が社会に浸透してきたと感じています。皆様の日常生活を健康で豊かにするプロダクトやサービスを提供するべく今後ますます努力してまいりますので、是非応援いただければ幸いです。

シナジーのある企業との提携・連携は、自社の事業を大きく成長させられる可能性があります。「冊子版創業手帳」では、人脈を広げる方法や、商工会議所の活用方法など、提携先を見つけるためのノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ CYBERDYNE e-skin Xenoma サイバニクス サイバネティックス センサー センシング ヘルスケア リハビリ リハビリテーション 医療 資本業務提携
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

医師向けコミュニティサービス「MedPeer」などを展開する「メドピア」が「EPSホールディングス」と資本業務提携
2022年8月9日、メドピア株式会社は、EPSホールディングス株式会社と業務提携契約を締結し、EPSホールディングスに対する第三者割当による新株式発行を行うことを決議したことを発表しました。 メドピア…
外科医療手術支援AIシステム「人体の地図(Precision Mapping)」開発の「アナウト」が資金調達
2020年12月15日、アナウト株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、Beyond Next Ventures株式会社です。 外科医療手術支援AIシステム「人体の地図(Prec…
「南日本運輸倉庫」とロジスティクス業界にトータルソリューションを提供する「ファーストオーダー」が資本業務提携
2022年7月7日、南日本運輸倉庫株式会社は、ファーストオーダー株式会社と、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 ファースト・オーダーは、ロジスティクス業界にトータルソリューションを提供して…
「凸版印刷」とP.A.I.(パーソナル人工知能)開発の「オルツ」がデジタル・クローン事業で協業
2021年2月17日、凸版印刷株式会社は、株式会社オルツは、2021年1月に資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 オルツは、私=1人称で語ることができるP.A.I.(パーソナル人工知能)の開…
AI問診や病名予測アプリ開発の「Ubie」が資金調達
平成30年5月7日、Ubie株式会社は、J-KISS型新株予約権により資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、関電ベンチャーマネジメントです。金額は非公表ですが、登記情報から3億円を調達した…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ