SNS型オンラインペット霊園 「memoriR」が正式リリース

tips

2022年10月11日、株式会社WallBankは、「memoriR(メモリアール)」の正式版を2022年10月7日にリリースしたことを発表しました。

「memoriR」は、SNS型のオンラインペット霊園です。

インターネット上にペットのお墓を建て、デジタル式の献花を捧げ弔うことができます。

ペットの思い出画像などを登録することでお墓を建てることができます。

また、デジタル献花(e献花)やメッセージ機能を通じ、ペットを失うという同じ痛みを持つ利用者同士で交流することができます。

無料プランで利用できる基本機能は、「お墓の設置(審査制)」「デジタル献花」「メッセージの送受信」「命日の通知」です。

月額165円(税込)のプランに加入することで、お墓に表示させる画像の自動切替や各通知の制御機能を利用できるようになります。

お墓にはさまざまな役割がありますが、その役割のひとつに、残された人がお墓を前にし、大切な存在のことを思い出したり、弔うことによって気持ちを慰めたりできることが挙げられます。

近年は故人の意向により、海への散骨といった自然葬を選択する人が増えていますが、お墓がないことにより、何を目印にして死を悼めばいいのかわからないと困惑する人もいるそうです。

インターネットの普及により、少数ではありますが、お墓をネット上に建てられるサービスが登場しており、冥福を祈るための新たな形が示されています。

お墓は故人の冥福を祈るための記念碑としての物理的な意味合いと、残された人と故人の精神的なつながりを保つための精神的な意味合いがありますが、ネット上のお墓であってもこれらの役割を果たすことができると考えられます。

ペットの供養については、ペット霊園に依頼する方法や、自治体に依頼する方法、所有する敷地内に埋める方法などがあります。

一方でペット霊園については、明確な法規制がないことから、悪質な事業を展開する業者が多いことが問題となっています。また、埋葬したあとにその事業者が倒産してしまうという危険性もあります。

そのためペットの弔いに関しては、「memoriR」のようなネット上の霊園がさまざまな課題を解決できる可能性があります。

株式会社WallBankのコメント

このニュースを受けまして、株式会社WallBank 代表取締役 橋本ー幸氏よりコメントが届きました。

・今回の新サービスの売りは何ですか?

① インターネット上に大切な家族のお墓を持つことができ、いつでもどこでもお墓参りができるようになること
② ペットロスの緩和
③ デジタル献花によって「亡くなってしまった家族との繋がり」を大切にする人から敬意や共感を得られ、ゆるく繋がることができること

・今後の展望を教えてください。

まだリサーチが必要な状況ですが、人間版のサービス提供も視野に入れています。通常のお墓を「建てること」「維持すること」が大きな負担になる人が増加しつつあり、自然葬のニーズが高まっています。

これまでにない多死社会が加速する状況下で、自然葬を選択した人だけではなく、お墓があっても遠くてお墓参りに行けない方々に対し、もっと身近に「故人との繋がり」を感じ、その気持ちを残していけるサービス提供ができればと考えております。

・読者へのメッセージをお願いします。

自分と人を信じて、共に頑張りましょう。

ユニークな事業を生み出すためには、自社や市場の分析が欠かせません。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、自社の強み・弱み、市場の機会・脅威を分析するフレームワークを掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ memoriR SNS オンライン お墓 デジタル ペット メモリアール 墓地 株式会社 電子霊園 霊園
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

地図・地図空間情報・位置情報の分野で事業を展開する「Geolonia」が資金調達
2022年11月15日、株式会社Geoloniaは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、DRONE FUND株式会社が運営する「DRONE FUND3 号投資事業有限責任組合(3号ファン…
レビューツールを運営する「Brushup」が資金調達
2023年10月19日、株式会社Brushupは、事業拡大に伴う運転資金として、国内大手銀行(りそな銀行、山陰合同銀行、京都銀行、日本政策金融公庫)から累計4億7,000万円の資金調達を実施したことを…
家族信託サービスを提供する「ファミトラ」が7億円調達
2024年1月16日、株式会社ファミトラは、総額約7億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ファミトラは、家族信託を利用し、認知症などを原因とする資産凍結を防止するサービスを展開しています。 最…
おもちゃのサブスクリプション・レンタル・サービス「トイサブ!」運営の「トラーナ」が1億円調達
2020年12月7日、株式会社トラーナは、総額約1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 0歳3カ月〜満6歳の乳幼児向け知育玩具・おもちゃのサブスクリプション・レンタル・サービス「トイサブ!」を…
上空シェアリングサービス「sora:share」などを手がける「トルビズオン」がデッドファイナンスによる資金調達を実施
2023年6月23日、株式会社トルビズオンは、日本政策金融公庫 福岡西支店 国民生活事業から融資による資金支援を受けたことを発表しました。 トルビズオンは、上空のシェアリングサービス「sora:sha…

大久保の視点

IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】