注目のスタートアップ

子ども向けオンライン英会話スクールやオンラインダンススクールを運営する「ハグカム」が資金調達

company

2022年6月1日、株式会社ハグカムは、資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、株式会社旺文社ベンチャーズと、SOLIZE株式会社です。

子ども向けオンライン英会話スクール「GLOBAL CROWN(グローバルクラウン)」と、子ども向けオンラインダンススクール「カラダンス!」を運営しています。

「GLOBAL CROWN」は、3歳~12歳を対象とした、日英バイリンガル講師によるマンツーマンのオンライン英会話スクールです。

アプリ教材やゲーミフィケーションで楽しみながら英語4技能を伸ばすことができます。

また、3人~5人のグループレッスン「GLOBAL CROWN for Group」も提供しています。

「カラダンス!」は、エイベックス・マネジメント株式会社と提携して構築したオリジナルカリキュラムを用いたオンラインダンススクールです。

レッスンは1回20分、マンツーマンで行い、子どものレベルやその日の様子に合わせてコミュニケーションを取りながら最適なレッスンを提供します。

ハグカムは、子どもが自然と楽しみながら夢中になって学習を継続できる独自の学習メソッド「夢中メソッド」を構築しており、「GLOBAL CROWN」・「カラダンス!」共にこの「夢中メソッド」を取り入れています。

今回の資金は、様々なジャンルのスクール展開に充当します。

旺文社ベンチャーズからは2018年にも出資を受けており、コンテンツ・プラットフォームの活用で提携しています。今回さらなる提携を進めていきます。

SOLIZEは、3D CADエンジニアリングサービスの提供など、ものづくり領域で顧客の製品開発の支援を行っています。

2021年からXR技術を活用した教育学習サービス「SADOKU」を展開しています。バーチャル空間で学習コンテンツを提供するプラットフォームです。

ハグカムとSOLIZEは、ARを活用した英会話学習向けアプリケーションのプロトタイプを共同で開発しています。また、VR技術を活用した新たなオンライン教育の提供や、SOLIZEのアクティブラーニングのノウハウを取り入れたカリキュラムの共同開発なども検討しています。

現状、公教育には教師ごとのスキルの差による教育のばらつきや、習熟度別学習の実施が困難であることなどによる教育格差が課題となっています。

質の高い教育を受けたい場合は塾などを利用することになりますが、塾についても個別指導を受ける場合は高額な費用がかかります。そのため、金銭面が理由で子どもに質の高い教育を受けさせることができないという家庭が存在しています。

そこで注目されているのがオンラインを活用した教育サービスです。

オンラインであるため場所代といったコストがかからないので、その分を料金に還元し比較的安価にサービスを提供することが可能となっています。また全国から講師を集めることが可能であるため、質の高い講師を揃えることもできます。

また、新型コロナウイルス感染症の流行により、全国の学校でオンライン授業が行われることになりました。これにより多くの家庭でオンライン教育のメリットとデメリットの認知が進んだと考えられます。

今後日本では、公教育でICTを積極的に活用するGIGAスクール構想がさらに進んだり、Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学・ものづくり)、Art(芸術・リベラルアーツ)、Mathematics(数学)の5つの領域を重要視するSTEAM教育など新たな教育法が取り入れられていくこととなります。

テクノロジーを活用した教育コンテンツは新たな時代において非常に重要な役割を果たすと考えられ、スタートアップだけでなく、大手企業も共同して取り組んでいる領域となっています。

成功できる起業家になるためには、やはり勉強が欠かせません。「冊子版創業手帳」では、成功している起業家のインタビューを多数掲載しています。先人の思考やアイデアを知ることは、新たなビジネスの創造に役立つことでしょう。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ GLOBAL CROWN オンライン カラダンス! グローバルクラウン ゲーミフィケーション スクール ダンス ハグカム レッスン 夢中メソッド 子ども 子供 教材 教育 株式会社 習い事 英会話 英語 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

製造業のDXを支援する「東京ファクトリー」が1億円調達
2021年1月25日、株式会社東京ファクトリーは、約1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、ANRIです。 また、製造業の生産現場向けSaaS「Proceedクラウド(プロシードクラ…
トータル・ボディケア・ブランド「アイム ラフロリア」展開の「Mellia」が資金調達
2019年8月29日、Mellia株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 デリケート・ゾーン・ケアから始まるトータル・ボディケア・ブランド「アイム ラフロリア」を展開しています。 現在は、…
定額制サービス・プラットフォーム「always」運営の「イジゲン」が2.5億円調達
イジゲン株式会社は、総額約2億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 定額サービスを通じて、お店とユーザーをマッチングする、ショッピング・モール型のサービス「always(オールウェイ…
「S5パートナーズ」が介護マッチング・サービス運営「スケッター」運営の「プラスロボ」に出資
S5パートナーズ有限責任事業組合は、株式会社プラスロボに出資参画したことを発表しました。 プラスロボは、すきま時間を活用して介護施設で働きたい介護士以外の人材と、人手を必要とする介護施設をマッチングす…
子どもの挑戦・習慣化を家族で応援するアプリ「Welldone!」提供の「スリー」が資金調達
2022年4月4日、株式会社スリーは、資金調達を実施したことを発表しました。 スリーは、子どもの挑戦・習慣化を家族ワンチームで応援するアプリ「Welldone!(ウェルダン)」を運営しています。 日々…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ