注目のスタートアップ

プロジェクト管理アプリ「KANNA」提供の「アルダグラム」が20億円調達

company

2022年6月1日、株式会社アルダグラムは、総額約20億円の資金調達を実施したことを発表しました。

アルダグラムは、建設業・不動産業・製造業などのノンデスクワーク業界向けプロジェクト管理アプリ「KANNA(カンナ)」を提供しています。

移動・事務作業などの業務を効率化し、施工といった生産性の高い時間を最大化することを目的としています。

クラウドでの写真・図面管理などやチャット機能により、遠隔での業務も支援しています。

無料で利用できること、スマートフォンでの使いやすさを特徴としています。

今後、ヨーロッパ・アフリカ・東南アジアなど海外への事業展開を準備しています。

また引受先の1社である株式会社MonotaROとは業務提携も行います。MonotaROは、事業者向け工場用間接資材の販売サイト「モノタロウ」を運営しています。

建設業、製造業は、経験などに頼る部分が大きく、さらに現場作業が多いため、DXが進んでいない業界としていわれています。

専門性が高いため経験のあるベテランが多い、新規就業者が少ない、年配就業者の離職が少ないという特徴から高齢化が進んでいます。

これらの業界が持続的に発展していくためには若い就業者を獲得する必要があり、そのためにはDXの推進により働きやすい環境を整え、効率化によって時間を創出し技術の継承を行っていくことが重要だと考えられています。

また、前述の通り高齢化が進んでいるためITスキルが低い人材が多く、シンプルで使いやすいシステムが求められています。

アルダグラムはノンデスクワーク業界においてプロジェクト管理アプリ「KANNA」を提供することで上記の課題を解決することを目指しています。

また、株式会社MonotaROとの業務提携により、「KANNA」をMonotaROの顧客へと提供していくことを発表しており、今後のさらなるシェア拡大に注目が必要です。

デジタル時代において企業の利益を最大化させるためには、テクノロジーを活用することが重要です。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。また、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期のシステム整備のメリットや注意点なども伺っていますので、こちらもご参考ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ KANNA カンナ クラウド プロジェクト管理 ものづくり 不動産 建設 建設業 施工 株式会社 現場 製造 製造業 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

オーダーメイド介護サービス「イチロウ」提供の「LINK」が1億円調達
2021年11月11日、株式会社LINKは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 オーダーメイド介護サービス「イチロウ」を提供しています。 公的介護保険では支援が受けられない在宅介護ニー…
月々の生活費からCO2排出量を計算する「家計炭素簿_α版」 無料提供が開始
2022年5月12日、株式会社テックシンカーは、「家計炭素簿_α版」をリリースしたことを発表しました。 「家計炭素簿_α版」は、月々の生活費を入力することで、月間の支出額とCO2排出量、年間の支出額と…
高高度ガス気球や旅行用気密キャビンを設計・開発する「岩谷技研」が資金調達
2021年10月20日、株式会社岩谷技研は、資金調達を実施したことを発表しました。 これにより、累計調達額は5億3,000万円となりました。 岩谷技研は、高高度ガス気球や、旅行用気密キャビンを設計・開…
イベント・マーケティング・システム運営の「EventHub」が2.3億円調達
2020年2月6日、株式会社EventHubは、総額2億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 イベント・マーケティング・システム「EventHub」を開発・運営しています。 イベント…
成長企業向け法人カード提供の「UPSIDER」が38億円調達
2021年10月12日、株式会社UPSIDERは、総額約38億円の資金調達を実施したことを発表しました。 成長企業向けの法人カードサービス「UPSIDER」を提供しています。 成長投資に見合う利用限度…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ