注目のスタートアップ

香り・ニオイの可視化するセンサーを展開する「アロマビット」が「トヨタ紡織」から資金調達

company

2022年5月16日、株式会社アロマビットは、資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、トヨタ紡織株式会社です。

アロマビットは、小型のニオイ識別センサーと、このセンサーにより得られたニオイのデータを活用したソリューションを展開しています。

アロマビットのニオイ識別センサーは、従来のガスセンサーとは異なり、原理的にどんなニオイでもパターン認識することができます。

お酒の銘柄の嗅ぎ分けや、口臭・体臭の測定による病気の発見など、様々な分野に応用することができます。

QRコードのような独自のラベルを発行し、スマートフォンで読み取ることで、情報化したニオイをWebで表示する仕組みである「aroma code」の提供や、各研究機関との共同研究などを展開しています。

トヨタ紡織は、モビリティの内部空間に新たな価値を生み出すインテリアスペースクリエイターになることを目指しています。

今回の資金調達により、アロマビットはトヨタ紡織と連携し、移動空間において新たな価値を生み出すことを目指します。

匂いを最初に処理するのは嗅球という場所で、感情・記憶に強く関与している脳の領域である扁桃と海馬につながっています。嗅覚以外の感覚の情報は脳のこの領域を通っていないため、嗅覚は、もっとも感情・記憶と関係している感覚だといわれています。

プルーストの有名な小説『失われた時を求めて』は、語り手がマドレーヌを紅茶に浸して食べ、そのときの香りによって幼少時代の記憶が鮮やかに蘇ってくる、というシーンではじまります。

このシーンは非常に有名で、香りによって関連する記憶を思い出されることがプルースト効果と呼ばれるようになったほどです。

嗅覚は人間にとって重要な感覚であり、記憶に残りやすい感覚でもあります。そのため、店舗やホテルなどでは特定のアロマを調合してもらい、ブランディングとして活用するということもよく行われています。

一方で、嗅覚は他の感覚(視覚・聴覚・味覚・触覚)よりもデジタル化が遅れている領域です。それは、そもそも嗅覚に関する研究があまり進んでいなかったこと、匂いのもととなる分子は約40万種類あるといわれており、その組み合わせによって特定の匂いとなるため、その組み合わせが膨大であることなどが理由です。

しかし、近年はAIが普及したため、香り・匂いのデータをAIによって解析できるようになり、大きく研究が進展しています。

最先端の技術の開発には資金調達が必要不可欠です。「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受ける方法など、創業期の資金調達のノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ aroma code アロマ アロマビット センサー トヨタ紡織 ニオイ 匂い 可視化 嗅覚 株式会社 研究 資金調達 香り
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「AnyMind Group」がインフルエンサー向けD2Cインキュベーション事業「AnyMind D2C for Influencers」を開始
2020年6月9日、AnyMind Group株式会社は、「AnyMind D2C for Influencers」の提供を開始したことを発表しました。 「AnyMind D2C for Influe…
小規模事業者の後継者課題を解決する「ニホン継業バンク」運営の「ココホレジャパン」が資金調達
2021年3月25日、ココホレジャパン株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、インパクト投資を推進する一般財団法人社会変革推進財団などです。 ココホレジャパンは、小規模事業者の後…
パブリック・ブロックチェーン「Plasm Network」の開発をリードする「Stake Technologies」が資金調達
2021年3月2日、Stake Technologies Pte Ltdは、資金調達を実施したことを発表しました。 この資金調達は、世界的な暗号資産取引所であるOKExが組成した約100億円ファンドで…
上空シェアリング・サービス運営の「トルビズオン」が2,500万円調達
株式会社トルビズオンは、総額2,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 上空シェアリング・サービス「sora:share(ソラシェア)」を運営しています。 土地所有者とドローン・ユーザーを…
CtoCのプログラミング学習プラットフォーム運営の「テックピット」が3,000万円調達
2019年9月26日、株式会社テックピットは、総額3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 CtoCのプログラミング学習プラットフォーム「Techpit」を運営しています。 スキルのある…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ